2005年11月10日

映画[ロング・グッドバイ]

映画の缶詰ロング・グッドバイ



ロング・グッドバイ ''(The LONG GOODBYE)'' は、1974年製作のアメリカ映画。原作はレイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』。内容は1970代風にアレンジされており、エリオット・グールドが演じる探偵のフィリップ・マーロウが友人の死をきっかけにある事件に巻き込まれていく。


[ スタッフ ]



  • 監督 - ロバート・アルトマン


  • 原作 - レイモンド・チャンドラー


  • 音楽 - ジョン・ウィリアムズ


  • 撮影 - ヴィルモス・ジグモンド


    [ キャスト ]



  • エリオット・グールド


  • スターリング・ヘイドン


  • アーノルド・シュワルツェネッガー








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月09日

    映画[フルメタル・ジャケット]

    映画の缶詰フルメタル・ジャケット



    フルメタル・ジャケットは1987年のアメリカ映画で、ベトナム戦争を題材にした映画である。原作はグスタフ?ハスフォードの小説。戦争における人間の狂気を描いた作品。訓練教官を演じたリー・アーメイが好演している。



    概要


    前半では、ベトナム戦争期にアメリカ海兵隊に入隊した男たちが訓練でシゴかれ、兵士となっていく。その過程は言語と辱めによる人間否定であり、集団リンチなど軍部内でのいじめが描かれる。このようにして人格崩壊ギリギリまで追い詰められていくことで、人間が兵器になることを暗示している。クライマックスは、まさしく人間崩壊のシーンである。

    後半では、訓練を終了した彼らがベトナムの戦場で戦う。若いアメリカ兵は戦場で自分たちが戦っている相手の正体を目撃することになる。



    スタッフ



  • スタンリー・キューブリック(監督)


  • アビゲール?ミード(音楽)キューブリックの娘





    キャスト



  • ハートマン軍曹…リー・アーメイ


  • ジョーカー …マシュー・モディン


  • ほほえみデブ …ヴィンセント・ドノフリオ


  • カウボーイ …アーリス・ハワード


  • アダム・ボールドウィン



    劇中で使われている音楽



  • サーフィン・バード - The Trashmen


  • 黒くぬれ - ザ・ローリング・ストーンズ



    劇中で用いられるスラング



  • PT(しごく)…Physical Traning



    補足



  • 歌を歌いながら走り込むシーンは、『ファミコンウォーズ』のCMにも使われ、日本ではそちらの方が有名である。


  • 訓練教官ハートマン軍曹が、罵詈雑言を機関銃のごとく放ちまくる。


  • 問題発言が多く、その正確な訳出のため、日本語字幕翻訳者が交代したといわれる。


  • 前半の方が評判が高い。


  • 徹底的にリアルにこだわったキューブリック監督だったがなぜか後半で使用するM-16はMGC製のモデルガンである。






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月08日

    映画[ディープ・インパクト]

    映画の缶詰ディープ・インパクト



    ディープ・インパクト#彗星衝突の危機を描いたパニック映画。 →ディープ・インパクト (映画)

    ・NASAの彗星探査機、ディープ・インパクト。またはその計画の名称。 →ディープ・インパクト (探査機)

    ディープインパクト

    ・日本中央競馬会所属の現役競走馬。→ディープインパクト (競走馬)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月07日

    映画[ラッシュアワー]

    映画の缶詰ラッシュアワー



    ラッシュ時( - じ)とは、通勤者・通学者などが多くて道路や交通|交通機関が混雑する時間帯のこと。別名「ラッシュアワー」。通称「ラッシュ」。通常は、平日の朝(7時台〜9時台)と夕方(17時台〜19時台)がラッシュ時となる。各交通機関では、ラッシュ時となる時間帯には、増便や、鉄道では日中とは違う列車種別の列車を走らせることで、それに対応している。

    道路では、センターライン|中央線の移動、バス (交通機関)|バスの専用又は優先車両通行帯の設置、右折レーンのない道路での右折禁止、人が集中する道路や鉄道駅|駅前への車両進入禁止などが行われる場合もある。国土交通省や各交通機関では、ラッシュ時を避けたオフピーク通勤を呼びかけている。それに呼応して、フレックスタイム制を敷いている会社もある。また、走っている自動車の台数

    を低減させるためにアメリカ合衆国|米やオーストラリア|豪では相乗りなどを勧めている。



    運転本数


    ラッシュ時の運転間隔は、日中の運転間隔が短く、本数も日中より多い。


    日中は2〜3時間間隔のようなローカル線でも、ラッシュ時には20〜60分間隔になる路線もある。


    工業地帯など、日中の交通需要が見込めない所は、日中全く車両の運行がないところもある(鶴見線など)。



    列車種別


    列車種別も日中とラッシュ時では変化が出る。


    ラッシュ時にしか運転されていない列車や、逆に日中にしか運転していない列車がある。


    ラッシュ時にしか運転していない列車種別には、基本的に通勤種別とホームライナーがある。


  • 列車種別#通勤種別|通勤種別:通勤特急や通勤急行等、通勤がつく列車。原型的に朝に都心へ向かい、夕方都心より帰ってくる乗客向けに、平日朝の上りと、夜間の下りに運転されるが、朝の下りや夜間の上りや土曜日・休日に運転されるものもある。


  • ホームライナー:座席定員制普通列車。原型的に平日夜間の下りのみ運転されるが、朝にも運転されるものもある。逆に日中にしか運転されていない列車種別は、主に地下鉄の優等列車がある。


    また、急行と通勤急行がある場合は、ラッシュ時は急行を運転しない代わりに通勤急行を運転することもある。








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月06日

    映画[プライベート・ライアン]

    映画の缶詰プライベート・ライアン



    プライベート・ライアン(Saving Private Ryan)は1998年に公開された映画。ドリームワークス作品。史上最大の作戦といわれたノルマンディー上陸作戦を題材にしている。冒頭から始まる20分間に及ぶオマハ海岸における戦場のリアルなシーンが話題を呼んだが、実際は長髪のドイツ兵をスキンヘッドにするなど、意図的な悪意が随所に見られる。アカデミー賞11部門にノミネートされ、アカデミー監督賞|監督賞、編集賞、アカデミー撮影賞|撮影賞、音響賞、アカデミー音響効果賞|音響編集賞の5部門で栄冠に輝いた。



    ストーリー


    ノルマンディー上陸作戦に参加したジョン・ミラー大尉は部下と共に、この戦争で3人の兄を失ったジェームズ・ライアン二等兵の救出・母国送還(家を継がせる為の)を命じられる。二等兵救出だけの為に多くの兵を引き連れて行く事に部下たちは疑いを抱き、そして数々の戦場で命を落とす。その先でついにライアンを見つける。



    キャスト



  • ジョン・ミラー大尉: トム・ハンクス


  • マイケル・ホーヴァス軍曹: トム・サイズモア


  • リチャード・ライベン二等兵: エドワード・バーンズ


  • ダニエル・ジャクソン二等兵: バリー・ペッパー


  • スタンリー・メリッシュ二等兵: アダム・ゴールドバーグ


  • エイドリアン・カパーゾ二等兵: ヴィン・ディーゼル


  • アーウィン・ウエイド衛生兵: ジョバンニ・リビシ


  • ティモシー・E・アプム伍長: ジェレミー・デイビス


  • ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵: マット・デイモン



    スタッフ



  • 監督:スティーヴン・スピルバーグ


  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ (作曲家)|ジョン・ウィリアムズ






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月05日

    映画[惑星ソラリス]

    映画の缶詰惑星ソラリス



    惑星ソラリス』 (わくせい・そらりす,原題ロシア語:Солярис [Soljaris],英語:Solaris) は、アンドレイ・タルコフスキーの監督による、1972年の旧ソビエト連邦|ソ連(現ロシア) の映画である。ポーランドのSF作家、スタニスワフ・レム|スタニスラフ・レムの小説『ソラリス』(早川書房版での邦題は、『ソラリスの陽のもとに』) を形の上で原作とするが、映画自体は、レムの原作とはほとんど関係のない主題を扱っている。1972年カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞作品。2002年にアメリカ合衆国|アメリカの映画監督スティーブン・ソダーバーグによりリメイクされたが、製作者側によるとこの作品はタルコフスキーの作品のリメイクではなく、あくまでも原作の小説のソダーバーグによる映画化とのことである。



    映画のストーリ�
    !<35@b






    [ タルコフスキーのソラリス ]
    ポーランドの作家スタニスワフ・レム|スタニスラフ・レムの『ソラリス』を原作としているが、レムの作品は「枠物語」として利用しているだけで、主題的には、1974年の『鏡 (映画)|鏡』のヴァリエーションとも言え、1983年の『ノスタルジア』へとテーマは引き継がれている。レムの『ソラリス』では、惑星ソラリスの表面全体を覆う「海」が、知性を持つ巨大な存在で、複雑な知的活動を営んでいる。人類はこの「ソラリスの海」を研究し何とか意志疎通を試みようと努めるが、何世紀ものときが経過しても、「海」は謎のままに留まり、人類とのコミュニケ−ションを硬く拒んでいるようにも見える。このような基本設定の上に、「ソラリスの海」上空の軌道に設置された研究用宇宙ステーションに赴任して来た科学者クリス・ケルヴィンが、驚くべき出来事に直面するというところからストーリーが始まる。しかし、タルコフスキーの『惑星ソラリス』は、レムの原作にはない、地球上での情景とエピソードから物語りが始まっている。またレムの作品にはまったく登場しない、クリス・ケルヴィンの父親ニック・ケルヴィンが大きな役割を果たす。

    以下続く



    スタッフ・キャスト







    ソラリス Soljaris 1972年
        

    製作


    テクニカル


    原作


    監督


    脚本


      


    撮影


    音楽


    美術


      


    ハリー


    クリス・ケルヴィン (心理学者)


    アンリ・バートン (宇宙飛行士)


    サルトリウス (天体生物学者)


    ギバリャン (物理学者)


    スナウト (サイバネティックス学者)


    ニック・ケルヴィン (クリスの父)


    アンナ (クリスの伯母)


      

    モスフィルム 1972年


    カラー映画,165分


    スタニスラフ・レム


    アンドレイ・タルコフスキー


    フリードリヒ・カレンシュテイン


    アンドレイ・タルコフスキー


    ワジーム・ユーソフ


    エドゥアルド・アルテミエフ


    ミハイル・ロマージン


      


    ナタリア・ボンダルチュク


    ドナータス・バニオニス


    ウラジスラフ・ドヴォルジェツキー


    アナトーリー・ソロニーツィン


    ソス・サルキシャン


    ユーリー・ヤルヴェト


    ニコライ・グリニコ


    O・キズィノワ


    :: 作中挿入音楽:

    :: テーマ曲: ヨハン・セバスティアン・バッハ コラール前奏曲|コラール・プレリュード 『イエスよ、わたしは主の名を呼ぶ』

    :: 演奏: 電子音楽実験スタジオアンサンブル



    特徴



  • かねてより水・火などの映像の美しさに定評のあるタルコフスキーによる海の描き方は、穏やかでありながら神秘的である。


  • 長回しの映像が多用されているため、ストーリーを追いづらい側面がある。タルコフスキー監督は、のちに意図的に観客を退屈させるような作風を選んだ、と述べている。


  • 映画内にはバッハのコラール前奏曲が使用されるシーンがある。同じくクラシック音楽であるリヒャルト・シュトラウスの『ツァラトゥストラはこう語った』を使用している『2001年宇宙の旅』(1968年)との比較がされることが多い作品である。両者はともに「哲学的SF映画」の金字塔とも呼ばれているが、タルコフスキーは製作前に『2001年宇宙の旅』を観たことはなく、参考にはしていないと述べている。


  • 未来の道路として東京の首都高速道路が使われているが、「タルコフスキー日記」によれば、タルコフスキーはもともと大阪で開催されていた日本万国博覧会の会場風景を未来都市として撮影するつもりでいたものの、万博の終了までにソ連当局からの出国許可が下りず、短期間の来日の最中に苦肉の策としてひねり出したシーンのようである。



    参考資料
    * 『惑星ソラリス』 1978年6月18日 (C) 日本海映画株式会社発行


  • 『追悼タルコフスキー』 1987年8月4日/1989年3月18日第2刷 (C) 株式会社日本海・井原和夫発行








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月04日

    映画[ランボー]

    映画の缶詰ランボー



    ・フランスの詩人アルチュール・ランボー Arthur Rimbaud

    ・アメリカ映画『ランボー』RAMBO シリーズもしくはその主人公の名前:ここで記述する。----ランボー(''First Blood'')は、1982年のアメリカ映画。俳優のシルベスター・スタローンが主演した。原題は「First Blood」(最初の流血)だが、スタローンが演じるジョン・ランボーの名から邦題は「ランボー」とされた。それを受けて製作国アメリカでも続編からは題名を「ランボー」とした。



    続編



  • ランボー/怒りの脱出』ラジー賞最低作品賞、最低主演男優賞、最低脚本賞、最低主題歌賞:『Peace in Our Life』


  • ランボー3/怒りのアフガン』ゴールデンラズベリー賞最低主演男優賞





    あらすじ


    ジョン・ランボーがベトナム戦争の帰還兵として母国を放浪して戦友に会いに行くところから始まる。しかし、友人は戦争の負傷のせいで亡くなっていた。化学兵器のためにガンとなったのだった。彼には、家族も家もないわけで、やっと探し出した戦友は亡くなっていて非常に落胆する。

    とぼとぼと彼がさまよっていると、保安官が車を止め「どこに行くのか?」と聞く。ランボーは「食事をしたいから町に行く」と答える。が、乗せてつれていかれたのは町ではなく町外れ。保安官は町を得体の知れないよそ者から守ると称してランボーを不当に差別する。地方社会の排他性もあるが、見るからに流れ者のランボーは町に入れたら厄介であると思われたのだった。ランボーは、不当な差別に怒り町に戻ろうとするが、保安官にまたしても阻まれる。もみ合う内に保安官が権力を行使してランボーを捕まえ、彼は拘留されてしまう。そこで保安官助手たちに屈辱的な扱いをされるが、このことからランボーは、かつてベトナムで敵兵に捕まり拷問受け�
    $?4w$^$o$7$$5-21$,AI$j!"K=$l=P$7$F=uランボーを捕らえようとするが、ランボーは実はただのベトナム帰還兵ではなく特殊部隊隊員であって非常に危険な人物であると身をもって知ることになる。最後ランボーは、国の方針にしたがい戦争をした同胞に対して、世間はなんと冷たいのかと嘆く。「軍にいたころは100万ドルの兵器を遣わせてもらえたが、ここでは警備員としても雇ってくれない」と嘆き、元上官の説得に応じて投降する。原作はホラーもので知られるデビッド・マレルの小説「一人だけの軍隊」で、ここでは最後にランボーは死ぬ。しかし主演のスタローンが、ヒットしたら続編を作りたいと考えていたため、原作とは異なるラストにした。

    戦争の悲劇を訴えていながら余りに好戦的であるとの批判があるが、元上官役を最初に依頼されたカーク・ダグラスも、内容を知って断ったという。



    吹き替えキャスト



  • ジョン・ランボー(シルベスター・スタローン) CV:佐々木功


  • トラウトマン大佐(リチャード・クレンナ) CV:内田稔※CX版ではランボー:銀河万丈、大佐:阪修

    ※TBS版ではランボー:羽佐間道夫、大佐:小林昭二

    ※日本テレビ版ではランボー:玄田哲章、トラウトマン大佐:小林修、ティーズル保安官:内海賢二






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[トイ・ストーリー]

    映画の缶詰トイ・ストーリー



    トイ・ストーリー(原題 Toy Story)は、ウォルト・ディズニー・カンパニー|ディズニー配給のアニメーション映画作品。1995年に公開された。劇場公開された長編映画作品としては、初のフルコンピュータグラフィックス|CG作品。世界で3億6200万ドルの興行収入を上げた。これは、当該年度の第1位である。製作はピクサー・アニメーション・スタジオ。監督ジョン・ラセター(ピクサー)。長編フルCGの作品を生み出した製作チーム統括の業績に対し、監督ラセターは、アカデミー賞ではアカデミー特別業績賞|特別業績賞を受賞した。他に、アカデミー賞候補として、脚本賞ノミネート(アンドリュー・スタントン)、オリジナル主題歌賞ノミネート(''You've Got a Friend in Me'')、作曲賞(コメディ部門)ノミネート(ランディ・ニューマン)。1999年には、続編『トイ・ストーリー2』が公開された。



    スタッフ



  • 監督:ジョン・ラセター


  • 音楽:ランディ・ニューマン



    声の出演



  • ウッディ・・・トム・ハンクス(日本語吹替:唐沢寿明)


  • バズ・ライトイヤー・・・ティム・アレン(日本語吹替:所ジョージ)


  • ハム・・・ジョン・ラッツェンバーガー(日本語吹替:大塚周夫)


  • ボー・ビープ・・・アニー・ポッツ(日本語吹替:戸田恵子)


  • レックス・・・ウォーレス・ショーン(日本語吹替:三ツ矢雄二)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月03日

    映画[世界の中心で、愛をさけぶ]

    映画の缶詰世界の中心で、愛をさけぶ





    世界の中心で、愛をさけぶ』(せかいのちゅうしんで あいをさけぶ)は、片山恭一の小説である。小学館より2001年4月に刊行された。初版8000部と発売当初はさほど話題とはならなかったが、小学館の新入社員だった営業マンの目に止まり、彼が売り込んだことからはじまり、一部書店販売員らの手書きのPOP広告と口コミにより評判となった。また、女優の柴咲コウが2002年4月に雑誌ダ・ヴィンチに投稿した書評のコメント「泣きながら一気に読みました。私もこれからこんな恋愛をしてみたいなって思いました」が書籍の帯に採用されたことにより、2003年に一気にヒットする下地を作った。2003年11月に発行部数が100万部に到達、2004年3月に171万部、2004年5月7日に251万部になり『ノルウェイの森』のもっていた日本国内の小説の最大発行部数記録を超える。2004年5月20日に306万部に到達。2004年7月3日検
    =:_316万部以上を発行している。:出版社:小学館 ( ISBN 4093860726 )小学館ではこれまで文芸書のヒット作が少なかったが、本作や同じ恋愛路線の『いま、会いにゆきます』などのベストセラーで出版社のイメージを変えた。2004年にかけて漫画化、映画化、およびテレビドラマ化されている。「セカチュー」(「せかちゅう」等と表記される場合もある)と略され、流行語にもなっている。2005年夏、あのセカチューが舞台で帰ってくる。映画版のロケ地である庵治町の皇子神社(ブランコに乗ってサクとアキが祖父の恋愛について話す場所)の金網には、恋人たちや若い女性が恋愛の願い事を祈願した南京錠がつけられている。この南京錠に関して神社の関係者は、新たな縁結びの神様として神社へ来てもらう事を歓迎している。



    あらすじ


    ある地方都市、中学校でたまたま同じクラスになった朔太郎とアキは、高校生になり、当たり前に恋に落ちていく。だがアキは重病にかかり、日ごとに衰弱していった。朔太郎は、入院中のアキが行けなかった修学旅行のオーストラリアにアキを連れて行くために走る。そして二人は出発する。

    (メディアによって細かい違いがある)



    主要登場人物



  • サク / 松本朔太郎(まつもとさくたろう) --- 主人公。アキからはサクちゃんと呼ばれる。サク自身は萩原朔太郎に由来しているという。


  • アキ / 廣瀬亜紀(ひろせあき) --- サクのことを勝手にサクちゃんと呼ぶ同窓生。


  • 大木龍之介(おおきりゅうのすけ) --- サク、アキの同窓生。恋するサクのために何かと骨を折る。


  • 松本謙太郎(まつもとけんたろう) --- 朔太郎の祖父。何かとサクを可愛がる。


  • 彼女 --- 十年後の朔太郎と共にいる。 



    タイトルについて


    タイトルの元ネタは、ハーラン・エリスンのサイエンス・フィクション|SF小説『世界の中心で愛を叫んだけもの』(''The Beast that shouted Love at The Heart of The World'' 1969年)であると考えられる。あるいは、同じくエリスン作品から引いた、庵野秀明のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」からの孫引きの可能性もある。このタイトルは、作者本人ではなく編集者がつけたもので、もともと作者は『恋するソクラテス』の題名を考えていたという。



    二次作品





    [漫画版]


    ・『世界の中心で、愛をさけぶ

    :原作:片山恭一

    :作画:一井かずみ

    :単行本:2004年4月6日 小学館より出版、フラワーコミックススペシャル

    :ISBN 4091382738




    [映画版]


    映画版では、大人になってからの主人公の物語が大きく取り上げられ、独自のストーリーを展開している。2004年5月公開。

    ・スタッフ

    :監督・脚本:行定勲

    :脚本:坂元裕二、伊藤ちひろ

    :撮影:篠田昇

    :音楽:めいなCo.

    :主題歌:平井堅『瞳をとじて』(デフスターレコーズ)

    :挿入歌:佐野元春『SOMEDAY』、渡辺美里『きみに会えて』

    :製作委員会:東宝・東京放送|TBS・博報堂DYメディアパートナーズ・小学館・スターダストピクチャーズ・毎日放送(映画版「いま、会いにゆきます」と同じ)

    ・キャスト

    :朔太郎:森山未來 / 大沢たかお

    :亜紀:長澤まさみ

    :律子:柴咲コウ / (少女時代)菅野莉央

    :重じい:山崎努

    :大木龍之介:宮藤官九郎 / (高校時代)高橋一生

    :ジョニー:津田寛治

    :DJ:渡辺美里

    :亜紀の父:杉本哲太




    :朔太郎の上司:天海祐希

    :朔太郎の母:木内みどり

    :律子(少女)の母:田中美里

    :映画監督:森田芳光

    :英語教師:ダンディ坂野

    :台風情報のTV番組:斎藤哲也、小林麻耶

    ・関連項目

    :白血病、白亜紀、ウォークマン、ウルル

    ・特記

    :高校生の朔太郎は伊藤つかさのファン。

    :亜紀のリクエストはがきに井上陽水の「いっそセレナーデ」。

    :登場する電車は松山市ロケ。

    :渡辺美里の『きみに会えて』は、西武ドームライブのTV告知用としても使用された。

    :ブランコ、港のシーンの景色に出てくる台形状の山は屋島の戦い(源平合戦)で有名な「屋島」で、ロケ地となった庵治町が対岸から眺めることが出来る。




    映画公式サイト

    DVD公式サイト

    ・派生作品

    :小説 指先の花 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』律子の物語

    :著者:益子昌一

    :出版社:小学館 (2004年05月)

    :ISBN 4094080244

    :映画のシナリオを、律子の視点から描いた作品。

    ・主なロケ地

    :フィルム・コミッション:香川フィルム・コミッションえひめフィルム・コミッション。*香川県

    木田郡庵治町

    木田郡牟礼町

    香川郡香南町


  • 高松空港

    さぬき市

    丸亀市


  • 愛媛県

    松山市

    大洲市(旧:喜多郡長浜町)

    伊予郡松前町 (愛媛県)|松前町


  • オーストラリア

    アリススプリングス


    [TVドラマ]


    TBS/TBSエンタテインメントにより制作、2004年7月2日より2004年9月10日まで放送。全11回シリーズ。2004年9月17日には、その後の物語を描いたドラマ版オリジナルの特別編も放送。
    1987年の設定で朔太郎と亜紀を取り巻く周りの人物についても丁寧に描いた、ドラマ版独自のストーリー展開が注目された。


    2005年4月4日より再放送(14時〜、関東地方のみ)。

    ・スタッフ


  • 原作:片山恭一


  • 脚本:森下佳子


  • 撮影:唐沢悟


  • 演出:堤幸彦、石井康晴、平川雄一朗


  • プロデューサー:石丸彰彦


  • 主題歌:柴咲コウ『かたちあるもの』(ユニバーサルミュージック)

    ・キャスト


  • 松本朔太郎:山田孝之 (17,高校生時代)/ 緒形直人(34,大学病院研究医)


  • 廣瀬亜紀(17):綾瀬はるか - 朔太郎の恋人で同級生、入院場所:稲代総合病院401号室、戒名:千和院風草紀颯信女


  • 小林明希(34):桜井幸子 - 朔太郎の大学時代からの親友


  • 小林一樹 - 仲條友彪 - 明希の息子


  • 松本謙太郎(72):仲代達矢 - 朔太郎の祖父、松本写真館創業者


  • 松本潤一郎(47,64):高橋克実 - 朔太郎の父


  • 松本富子(43,60):大島さと子 - 朔太郎の母


  • 松本芙美子(13):夏帆 - 朔太郎の妹


  • 廣瀬真(48,65):三浦友和 - 亜紀の父、建築事務所経営、一級建築士


  • 廣瀬綾子(43,60):手塚理美 - 亜紀の母


  • 谷田部敏美(35,52):松下由樹 - クラス担任国語教師


  • 大木龍之介(17):田中幸太朗 - 朔太郎の幼なじみ


  • 中川顕良(17):柄本佑 - 朔太郎の同級生、アダ名:坊主


  • 上田智世(17):本仮屋ユイカ - 亜紀の友人、大林達明と結婚、娘は亜紀


  • 安浦正(17):田中圭 - 学級委員


  • 黒沢千尋(17):水野はるか


  • 池田久美(17):浅香友紀 - 代打のジュリエット役


  • 真島順平:鳥羽潤 - 亜紀と同じ稲代総合病院の白血病患者


  • おかやまはじめ - 智世の父親


  • 武野功雄


  • 野添義弘


  • 浅野和之 - 稲代総合病院の医師


  • 岩橋道子


  • 浅沼晋平


  • 島邑みか


  • 須賀力


  • 李鐘浩


  • 平野文


  • 森富士夫


  • 森山米次


  • 森喜行


  • 中田優子


  • 石川裕司


  • 浜幸一郎


  • 柴井伶太


  • 茂木和範


  • 尾林凛太郎


  • 本多楽


  • 里吉彩華


  • 立石涼子


  • 森山米次


  • 辻井義人


  • 渡邊ひかる


  • 岩尾万太郎


  • 安田暁


  • 森川数間


  • 金田美香


  • 川瀬良子


  • 佐藤弥生


  • 白石みき


  • 竹井美咲


  • 諸岡愛美


  • ゆりん


  • 宮本侑芽


  • 増田佳彬


  • 芸プロ


  • トライアル


  • 劇団ひまわり


  • 松崎町のみなさん

    ・各話タイトル

    :第1話 (なし)

    :第2話 (なし)

    :第3話「永遠の別れ」

    :第4話「最後の日」

    :第5話「忍びよる影」

    :第6話「生への旅路」

    :第7話「明けない夜」

    :第8話「プロポーズ」

    :第9話「最期の選択」

    :第10話「たすけてください…」

    :最終話「かたちあるもの」(75分拡大版)

    :特別編「17年目の卒業」

    ・派生作品

    :世界の中心で、愛をさけぶ MEMORIES

    :出版社:角川書店 (2004年09月)

    :ISBN 4048944533

    :ドラマの公式ビジュアルブック。

    ・主なロケ地

    フィルム・コミッション:フィルム・コミッション伊豆


  • 静岡県

    賀茂郡 (静岡県)|賀茂郡松崎町

    賀茂郡西伊豆町

    賀茂郡東伊豆町

    伊豆の国市(旧:田方郡韮山町)

    伊豆市

    富士市

    下田市


  • 東京都

    新宿区

    八王子市

    武蔵野市


  • 千葉県

    市原市

    館山市

    安房郡鋸南町


  • 福島県

    石川郡 (福島県)|石川郡玉川村 (福島県)|玉川村


  • オーストラリア

    シドニー

    キングスキャニオン;関連項目


  • 貧血#造血異常|再生不良性貧血、散骨



    舞台


    2005年8月5日から2005年9月4日。世田谷パブリックシアターから全国各地で公演予定。;スタッフ

    :原作:片山恭一

    :脚本:蓬莱竜太(モダンスイマーズ)

    :演出:西川信廣(文学座演出部所属)

    :主催:TBS/ニッポン放送

    :企画・製作:TBS;キャスト

    :松本朔太郎:田中幸太朗(TBSドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』『H2 (漫画)|H2〜君といた日々』)

    :廣瀬亜紀:佐藤めぐみ(『銀のエンゼル』)

    :教師・瀬戸:とよた真帆

    :教師・近藤:升毅

    :サクの祖父:上條恒彦



    ラジオドラマ CD Book


    エフエム東京|TOKYO FMで2004年05月に放送されたラジオドラマをCD-ROMに収録し、ブックレットにシナリオ、イメージ写真を収めた構成となっている。

    ・出版

    :原作:片山恭一

    :脚本、演出:飯村聖美

    :出版:TOKYO FM出版 (2004年07月)

    :ISBN 4887451083

    ・出演

    :松本朔太郎:松田龍平

    :広瀬亜紀:宮崎あおい



    テーマソング



  • 「瞳をとじて」-平井堅


  • 「かたち あるもの」-柴咲コウ








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[7月4日に生まれて]

    映画の缶詰7月4日に生まれて



    7月4日に生まれて(原題:''Born on the Fourth of July'')は、1989年のアメリカ映画。ベトナム戦争を扱った戦争映画。オリバー・ストーン監督。トム・クルーズ主演。1989年のアカデミー賞において、監督・編集の2部門で受賞している。



    あらすじ




    キャスト



  • トム・クルーズ


  • ブライアン・ラーキン


  • ウィレム・デフォー


  • キーラ・セジウィック


  • トム・ベレンジャー


  • スティーヴン・ボールドウィン


  • リリ・テイラー


  • マイケル・ウィンコット


  • トム・サイズモア


  • ウィリアム・ボールドウィン



    主な受賞歴



  • アカデミー賞(1989年)

    アカデミー監督賞|監督賞 - オリバー・ストーン

    アカデミー編集賞|編集賞 - デビッド・ブレナー、ジョー・ハットシング


  • ゴールデン・グローブ賞(1989年)

    男優賞(ドラマ部門) - トム・クルーズ

    監督賞 - オリバー・ストーン

    脚本賞 - オリバー・ストーン、ロン・コヴィック

    作品賞






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。