2005年12月20日

映画[ローマの休日]

映画の缶詰ローマの休日



ローマの休日(ろーまのきゅうじつ)はアメリカ合衆国|アメリカ、ハリウッド製作のロマンチック・コメディの白黒映画。パラマウント映画提供。1953年のウイリアム・ワイラー監督作品、上演時間118分。オードリー・ヘプバーン|オードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックの主演。オードリー・ヘップバーンは、この映画で一躍大スターの仲間入りを果たした。これに出演するまではまったくの無名だった。第二次大戦後、イタリアの経済的な建て直しもあって、アメリカ映画のイタリア現地ロケが盛んに行われたが、これもそうしたもののひとつ。また、ハリウッドで赤狩り旋風が荒れ狂い、監督、俳優たちはハリウッドを離れたところで仕事するのを喜んだという背景もあるといわれる。ちなみに、この映画の脚本でアカデミー賞を獲得した脚本家イアン・マクラレン・ハンターとは実は偽名で、実際は赤狩りでハリウッドを追放されたハリウッド・テンの一人であるダルトン・トロンボ。近年、同映画のシーンを用いたCMの製作や製作50周年を記念してデジタル・ニ�
%e!<%^%9%?!@$5*$r1[$($F$J$*:,6/$$?M5$$,$"$k!#





ストーリー


お忍びでイタリアを旅行中の某国のアン王女様の一日だけの秘密のローマ体験をスクープしようと試みるもそのお供というか、お相手をさせられることになったアメリカ人の新聞記者の物語。[http://www.roman-holiday.jp/story/index.htm]



賞歴



  • 1953年 第26回アカデミー賞最優秀主演女優賞、最優秀脚本賞、最優秀衣装デザイン賞



    関連項目



  • ベスパ


  • サンダル(ヘプバーン・サンダル)



    外部リンク



  • ローマの休日(素晴らしき哉、クラシック映画!)


  • 日本語版公式サイト








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(32) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月19日

    映画[シュレック]

    映画の缶詰シュレック



    シュレック』(''Shrek'')は2001年の映画で、フルコンピュータグラフィックス|CGによるアニメーション映画である。1990年にウィリアム・ステイグによって書かれた同名の絵本を原作とする。ドリームワークス作品。新たに設けられたアカデミー長編アニメ賞の初めての受賞作品となる。2004年には続編『シュレック2』が公開され、2005年アカデミー長編アニメ賞にノミネートされた。



    声の出演



  • シュレック - マイク・マイヤーズ(日本語吹き替え:浜田雅功)


  • フィオナ姫 - キャメロン・ディアス(日本語吹き替え:藤原紀香)


  • ドンキー - エディ・マーフィ(日本語吹き替え:山寺宏一)


  • 長ぐつをはいたネコ - アントニオ・バンデラス(日本語吹き替え:竹中直人)(シュレック2の新キャラクター)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月18日

    映画[永遠に美しく…]

    映画の缶詰永遠に美しく…



    永遠に美しく…』(とわにうつくしく、''Death Becomes Her'')は1992年のアメリカ映画。ロバート・ゼメキス監督。SFXはインダストリアル・ライト&マジック|ILMのデニス・ミューレン。ブルース・ウィリス、メリル・ストリープが出演した。コメディ映画。女性の若く美しくありたいという願望を描く。



    ストーリー
    マデリーンは人気女優であったが、最近落ち目であった。そんな彼女の元に、学生時代からのライバルであるヘレンが、有名な美容整形外科医のアーネストを婚約者にしたと自慢しに来た。マデリーンは、アーネストを誘惑し、結局はマデリーンとアーネストが結ばれる。ヘレンは失意のあまり、急激に太り、7年後には病院送りになった。それからさらに7年後、マデリーンは50代という年齢から来る容姿の衰えに悩んでいた。そんな彼女の元に、若い�
    $H$-F1MM$NH~$7$$;Q$rJ]$C$?%X%l%s$+$i$N=PHG5-G0%Q!<%F%#$N>7BT>u$,FO$/!#>G$k%^%G%j!<%s$K%(%9%F$NR2p$7!"$=$N=w@-$+$i%^%G%j!<%s$O1J1s$K


    キャスト



  • ゴールディ・ホーン


  • メリル・ストリープ


  • ブルース・ウィリス


  • イザベラ・ロッセリーニ


  • シドニー・ポラック


  • トレイシー・ウルマン






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月17日

    映画[ヘルボーイ]

    映画の缶詰ヘルボーイ





    ヘルボーイ(Hellboy)は、1994年にアメリカ合衆国|アメリカのダークホース・コミックス('':en:Dark_Horse_Comics|Dark Horse Comics'')から刊行されたマイク・ミニョーラ作のアメコミのシリーズ名、およびその主人公である架空のヒーロー。第二次世界大戦末期、敗色濃厚な戦況の逆転を目論むナチス・ドイツは、怪僧ラスプーチンの提案により、強大な力をもたらすであろう魔術の儀式を執行した。だが儀式は失敗し、代わりに真っ赤で小さな悪魔の赤ん坊のような生物が現世に召還された。その生物はアメリカ合衆国軍|アメリカ軍特殊コマンド部隊に回収され、地獄から来た子供、すなわち「ヘルボーイ」と名づけられた。特殊部隊に神秘学の専門家として同行していたブルッテンホルム教授が父となり、愛情を注がれてヘルボーイは大きく育った。そして教授を責任者とする超常現象捜査局(BPRD)でトップ・エージェントとなぁ
    C$?H`$O!"8=@$$NM}$H0BG+$r


    特徴


    身長7フィート(213cm)以上、体重500ポンド(227kg)以上。真紅の全身、折り取られて切り株状になった角、先端がスペード型になった尻尾などが特徴だが、中でも最大の外見的特徴は、分析不能な石状物質で形成された右腕である。普段はだぶだぶの革コートを着用し、ホルスターには、特殊弾を使用する巨大な拳銃を収めている。人がつけた「ヘルボーイ」という名とは別に「アヌン・ウン・ラーマ」という真の名を持つ。



    能力


    非常に頑丈な肉体と怪力。射撃はかなりヘタクソである。いわゆる「魔力」はいっさい持っていない。しかし世界を終末へと導く力を秘めており、ラスプーチンも魔界の悪魔たちもその力を解放することを望んでいる。



    交友関係



  • 超常現象捜査局の同僚:水棲人エイブ(エイブラハム)・サピエン、念力発火能力を持つ超能力者リズ(エリザベス)・シャーマン、人造人間(ホムンクルス)ロジャーなど。


  • バットマン


  • スターマン(7代目)



    コミック(邦訳版)



  • ヘルボーイ チェインド・コフィン(縛られた棺)」


  • ヘルボーイ 破滅の種子」


  • ヘルボーイ 魔神覚醒」


  • ヘルボーイ 滅びの右手」


  • ヘルボーイ 妖蛆召喚」


  • 「スターマン・バットマン・ヘルボーイ」(クロスオーバー作品)



    映像化作品



  • ヘルボーイ」(2004年、アメリカ)

    :監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ、出演:ロン・パールマン、セルマ・ブレア



    関連事項











    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月16日

    映画[バッド・エデュケーション]

    映画の缶詰バッド・エデュケーション



    バッド・エデュケーション(La Mala Educaci?n)は2004年製作のスペイン映画。ドラマ。監督の半自伝的な作品と言われる。



    スタッフ



  • 監督:ペドロ・アルモドバル


  • 脚本:ペドロ・アルモドバル


  • 制作:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル



    キャスト



  • ガエル・ガルシア・ベルナル


  • フェレ・マルティネス


  • ダニエル・ヒメネス・カチョ


  • ハビエル・カマラ


  • ルイス・オマール 


  • レオノーラ・ワトリング



    外部リンク



  • 公式サイト(日本語)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月15日

    映画[大いなる眠り]

    映画の缶詰大いなる眠り





    大いなる眠り (The Big Sleep) は、レイモンド・チャンドラーが1939年に発表したロサンゼルスが舞台のハードボイルド小説。彼の最初の長編である。私立探偵フィリップ・マーロウの視点からの一人称で描かれる。きわめて錯綜した筋立てで、内容の矛盾も多いとされるが、ハードボイルド小説史上の古典として高く評価されている。1946年にワーナー・ブラザーズで映画化された。監督ハワード・ホークス、主演はハンフリー・ボガートとローレン・バコール。日本では『三つ数えろ』の邦題で公開され、ヒットした。

    脚本にはノーベル賞作家のウィリアム・フォークナーや、女流SF作家としても知られるリイ・ブラケットが携わっている。1978年には舞台をイギリスに移した設定で、マイケル・ウィナー監督、ロバート・ミッチャム主演でリメイクされている。






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月14日

    映画[第三の男]

    映画の缶詰第三の男



    第三の男(だいさんのおとこ,''The Third Man'')は1949年のイギリス映画。監督はキャロル・リード。作家であるグレアム・グリーンの小説を原作とした映画で、グリーン自ら脚本を書いた。1950年のアカデミー賞ではアカデミー撮影賞|撮影賞(白黒部門)を受賞し、アカデミー監督賞|監督賞と編集賞にノミネートされた。テーマ音楽に民俗楽器のツィターを採用し、この音楽も広く知られる。この曲は「ヱビスビール」のCMソングとしておなじみの曲で、ヱビスビールの出荷のために開設された恵比寿駅で発車メロディとして使われている。ただ、ヱビスビールとは関係のない阪急電鉄|阪急梅田駅でも終電の前に流れている。



    キャスト



  • オーソン・ウェルズ


  • ジョセフ・コットン


  • アリダ・ヴァリ


  • トレヴァー・ハワード


  • バーナード・リー






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月13日

    映画[真夜中のカーボーイ]

    映画の缶詰真夜中のカーボーイ



    真夜中のカーボーイ』(まよなかのカーボーイ、''Midnight Cowboy'')は、1969年製作のアメリカ映画。1969年度のアカデミー賞ではアカデミー作品賞|作品賞、アカデミー監督賞|監督賞、脚色賞を受賞した。男性的魅力で富と名声を手に入れようと、テキサス州|テキサスから出てきた青年・ジョー(ジョン・ヴォイト)。カウボーイスタイルに身を固めた彼は、女を引っ掛けて金を要求するが、逆に金をふんだくられる。女こそ名うての娼婦だったのである。ジョーはラッツォ(ダスティン・ホフマン)というスラム街に住む男に出会い、売春の斡旋人を世話してくれるという約束で10ドルを手渡すが、斡旋人は男色を専門としていた。騙されたと知ったジョーは、ラッツォを捕まえて問い詰めるのだが、既にラッツォの手には金がない。その代わり、罪滅ぼしにラッツォは、いいカモを探してきてくれる。ジョーとラッツォの間に芽生える友情。しかし、ラッツォの身は病魔に冒されていた。二人はわずかばかりの金を手にぁ
    7$F!"%U%m%j%@=#|フロリダ行きのバスに乗るのだが…。アメリカン・ニューシネマの代表的な作品の一つ。この作品によって、ジョン・ヴォイトは一躍注目されるようになった。ニルソンの唄う『うわさの男』も大ヒットした。



    スタッフ



  • 監督 ジョン・シュレシンジャー


  • 製作 ジェローム・ヘルマン


  • 脚本 ウォルド・ソルト


  • 撮影 アダム・ホレンダー


  • 音楽 ジョン・バリー



    キャスト



  • ジョー(ジョン・ヴォイト)


  • ラッツォ(ダスティン・ホフマン)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月12日

    映画[メトロポリス (漫画)]

    映画の缶詰メトロポリス (漫画)





    メトロポリス (漫画)




    『メトロポリス』は、手塚治虫の漫画。これを原作として2001年に公開された劇場用アニメ映画。斬新なレトロタッチなCGが話題を呼んだ。手塚治虫原作とあるがアニメ映画の世界の設定はほとんど独自のものであり、むしろ大友克洋、りんたろうによる手塚に対するオマージュとしてのオリジナル作品ともいえる。日本では興行的にあまり大成功を収めなかったが、アメリカでの評価は高く、アメリカで最も影響力のある映画評論家ロジャーエバートは、彼の人生で見たアニメ作品で最もすばらしい作品であると絶賛した。



    漫画


    1949年に発表した漫画。『ロストワールド』『来るべき世界』とともに「初期サイエンス・フィクション|SF三部作」の一つ。



    アニメ映画


    2001年5月26日劇場公開。


    製作期間は5年、総作画枚数は15万枚。声優としてやなせたかしや永井豪が友情出演している。


    [ スタッフ ]



  • 監督:りんたろう


  • 脚本:大友克洋


  • キャラクターデザイン・総作画監督:名倉靖博


  • 美術監督:平田秀一


  • CGテクニカルディレクター:前田庸生


  • 音楽:本多俊之


  • 音響監督:三間雅文


  • アニメーション制作:マッドハウス


  • 配給:東宝


  • 製作:手塚プロダクション、メトロポリス製作委員会


    [ キャスト ]



  • ティマ(漫画ではミッチイ):井元由香


  • ケンイチ:小林桂


  • ロック:岡田輝暉


  • レッド公:石田太郎


  • ヒゲオヤジ:富田耕生


    [ 主題歌 ]



  • 『THERE'LL NEVER BE GOOD-BYE』

       歌: ミナコ“ムーキー”オバタ、作詞: ミナコ“ムーキー”オバタ、作曲・編曲: 本田俊之



    関連記事



  • 2001年の映画



    外部リンク



  • メトロポリス公式サイト








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月11日

    映画[インデペンデンス・デイ]

    映画の缶詰インデペンデンス・デイ



    インデペンデンス・デイ(''Independence Day'')は1996年のアメリカ合衆国|アメリカのSF映画。ID4(アイディー・フォー)と略される。



    あらすじ


    題名の「インデペンデンス・デイ」とはアメリカ合衆国の7月4日の独立記念日のことで、作品中では7月2日にUFOが世界各国に出現し、人々が総力戦に挑む7月4日までを描く。



    見どころ


    SFXによってホワイトハウスやエンパイア・ステート・ビルなどの有名なアメリカの建造物が破壊される様子が話題になるとともに、ウィル・スミスが素手で宇宙人を倒すシーンやクライマックスシーンでのとって付けたような慰めシーンは、本作品の喜劇としての評価も高めた。



    受賞歴


    アカデミー賞ではアカデミー視覚効果賞|視覚効果賞を受賞。興行的にも大成功を収めた。



    キャスト



  • ウィル・スミス


  • ジェフ・ゴールドブラム


  • ピル・プルマン


  • メアリー・マクドネル


  • ランディ・クエイド


  • ヴィヴィカ・フォックス


  • ハリー・コニック・Jr






  • スタッフ



  • 監督:ローランド・エメリッヒ






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月10日

    映画[ライトスタッフ]

    映画の缶詰ライトスタッフ





    ライトスタッフ』( ''THE RIGHT STUFF'' )は1983年のアメリカ映画。1979年に出版されたトム・ウルフによる同名のドキュメンタリー小説を原作としている。第56回アカデミー賞において作曲賞(ドラマ)、編集賞、音響効果賞、録音賞の4部門を受賞。音速の壁を破り速度記録に挑戦しつづけるチャック・イェーガーと、宇宙飛行士の道を選択し過酷な検査を勝ち抜いて選ばれた7人、及びそれらに関わった人間たちによる物語であり、ライトスタッフ(正しい資質)を持ち行動する者たちの物語である。





    あらすじ


    1947年のアメリカ、砂漠の中の空軍基地。テストパイロットのチャック・イェーガーはロケット機ベルX-1を駆り、ついに音の壁を破る。基地にはパイロットが続々と集まり、速度記録も上がっていくが、事故は止むことがなかった。やがてソ連のスプートニク1号打上げ成功のニュースが届いて慌てる政府は、軍から宇宙飛行士候補者を募る事にした。イェーガーや仲間は拒否するが、他のパイロットらが応募し、厳しい検査をへて7人が選ばれる。アメリカ航空宇宙局|NASAへの不満、意見の対立、ユーリ・ガガーリンの成功等を乗り越えて宇宙へと飛び立った飛行士たちは、世間の注目を集めていた。イェーガーは一人、ソ連が持つ高度記録にいどむため最新鋭機F-104 (戦闘機)|NF-104を駆り上空へ飛び立つが、星々を目の前にしたところで制御不能になり墜落。負傷しながらも脱出し、同僚らの元に帰る。NASAのマーキュリー計画は最後を迎え、ゴードン・クーパーは宇宙へ一人で飛び立った最後の人間として、ロケットとともに上昇していった。



    スタッフ



  • 監督・脚本:フィリップ・カウフマン


  • 製作:アーウィン・ウィンクラー/ロバート・チャートフ


  • 撮影監督:カレフ・デシャネル


  • 音楽:ビル・コンティ


  • SFX:ゲイリー・グティエレツ



    キャスト



  • チャック・イェーガー:サム・シェパード


  • アラン・シェパード:スコット・グレン


  • ヴァージル(ガス)・グリソム:フレッド・ウォード


  • ジョン・グレン:エド・ハリス


  • デイク・スレイトン:スコット・ポーリン


  • スコット・カーペンター:チャールズ・フランク


  • ウォルター・シラー:ランス・ヘンリクセン


  • ゴードン・クーパー:デニス・クエイド


  • グリニス・イェーガー:バーバラ・ハーシー


  • ジョンソン副大統領:ドナルド・モファット


  • 採用係:ハリー・シェアラー


  • 採用係:ジェフ・ゴールドブラム



    豆知識


    上映時間は193分と長く、日本ではラスト近くのサリー・ランドによる舞いのシーンなどがカットされ、160分として上映されている。ドキュメンタリー映画ではないので事実とは異なる点はある。例えばX-1はそのシリーズを通じて飛行中での墜落事故は起きていない。またチャック・イェーガーは元々X-1のテストパイロットとして選ばれ、何度も動力飛行などを行っているので、前日に操縦を引き受けたとするのは映画の演出である。しかし落馬で肋骨を折り、リドリーの機転でやむなきに至ったのは事実である。初めて音速を越えた男、チャック・イェーガー本人も、テクニカルアドバイザーとして製作に参加しているほか出演もしている。パンチョの店内で時折写っており、採用係として訪れたハリー・シェアラーに話しかけるシーンもある。








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月09日

    映画[スターシップ・トゥルーパーズ]

    映画の缶詰スターシップ・トゥルーパーズ



    スターシップ・トゥルーパーズ』(原題 Starship Troopers)は、1997年製作の映画作品。上映時間2時間9分。かつて映像化は不可能と言われていたロバート・A・ハインラインのサイエンス・フィクション|SF小説「宇宙の戦士」をコンピュータグラフィックスを駆使して映画化した作品。未来の地球が舞台であり、民主主義崩壊後の地球連邦では軍部を中心とした「ユートピア社会」が築かれている。社会は清廉で、人種・男女の差別なく全く平等に活躍しているが、軍歴の有無のみにより差別され、兵役を経て市民権のある「市民」と兵役につかなかった「一般人」に分かれている。人類は銀河全体に殖民を始めているが、その先で遭遇した先住の昆虫型宇宙生物と紛争中。宇宙生物は地球に対し小惑星を突入させる奇襲攻撃を行い、全面戦争が始まった。高校卒業後、地球連邦軍に入隊してパイロットになるガールフレンドにあこがれて自分も入隊し機動歩兵となった主人公ジョニー・リコの戦いの日々を描く。軍国主義的な色合ぁ
    $$N$"$k86:n$r2aEY$K6/D4$7HiFy$C$?!"%]!<%k!&%P!<%[!<%Y%s|バーホーベンお得意のB級テイスト溢れる演出が特徴的なので原作ファンには評判が悪かったが、ある種の映画ファンには熱狂的に愛された。ちなみに、原作で機動歩兵が装着していたパワードスーツが本作品には登場しないのも原作ファンには評判が悪かったが、生身の兵士が鋭い爪を持った昆虫と戦うグロテスクな戦闘シーンが、ある種の映画ファンには熱狂的に支持された。2003年には続編「スターシップ・トゥルーパーズ2」が作られた。本作で特撮を担当したフィル・ティペットの初監督作品である。



    スタッフ



  • 原作: ロバート・A・ハインライン


  • 映画プロデューサー|製作: アラン・マーシャル、ジョン・デイビソン


  • 映画監督|監督: ポール・バーホーベン


  • 脚本: エド・ニューマイヤー


  • 映画カメラマン|撮影: ヨスト・バカーノ


  • 特撮監修: フィル・ティペット


  • 映画音楽|音楽: ベイジル・ポールドゥリス



    キャスト



  • ジョニー・リコ: キャスパー・バン・ディーン


  • ディジー・フロレス: ディナ・メイヤー


  • カルメン・イバネス: デニス・リチャーズ


  • エース・レビー: ジェイク・ビジー


  • ジーン・ラズチャック: マイケル・アイアンサイド



    関連項目



  • 『機動戦士ガンダム』


  • スターシップ・トゥルーパーズ2』








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月08日

    映画[アラビアのロレンス]

    映画の缶詰アラビアのロレンス



    アラビアのロレンス(Lawrence of Arabia)#トーマス・エドワード・ロレンス - 第一次世界大戦期にアラブ人を当時支配していたオスマン帝国への反乱支援の工作に従事し、この反乱のシンボルとなったイギリスの軍人、考古学者。

    アラビアのロレンス (映画) - 1962年にイギリスで制作されたデヴィッド・リーン映画監督|監督の映画。1.の役をピーター・オトゥールが演じた。








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月07日

    映画[映画]

    映画の缶詰映画



    映画(えいが)は、フィルムで撮影した動画作品の事。日本ではかつて活動写真と呼ばれた。英語では''movie''(ムービー), ''motion picture''(モーション・ピクチャー) 、''film''(フィルム), ''picture''などと言われる。





    概説


    大きく、芸術作品、娯楽作品としての劇映画と、イベントや生活風景など実際の出来事を記録するドキュメンタリー系映画(記録映画、教育映画)に大別される。映画は従来、専用施設(映画館等)の中でスクリーンに投射し、不特定多数の人々に有料公開するものであった。しかし今日、日本国内では、劇場公開しない(スクリーン投射しない)動画作品であっても、フィルムで撮影されたものであれば、映画と呼ぶことが多い。また、作品の元素材の撮影がフィルム以外の媒体(写真、ビデオ)であったり、撮影の過程自体を含んでいない(フルCG)場合であっても、完成形態がフィルムであり映画館等での上映が可能な作品であれば映画と見なされることが多くなってきている。近年目立つのは、DV|(mini)DV、DV-CAM、ハイビジョン、HD24p、digital BETACAMといった、デジタル系メディア (媒体)|媒体で撮影、編集され、その後でフィルムに変換(この作業はキネコと呼ばれる)された作品が劇場公開されるパターンである。逆に、日本では現在ほとんどなくなってしまったが、ドラマを中心に最初からテレビでの放映を目的に16mmフィルムで撮影される映画作品もある。このような作品をテレビ映画と呼び、1960年代のテレビ番組の主力としてアメリカ製の西部劇やホームドラマなどの作品が多く輸入され、特にホームドラマは日本の生活文化に影響を与えたといわれている。最初からビデオで撮影され、販売・レンタルされる場合をビデオ映画、オァ
    j%8%J%k%S%G%*!"Vシネマ(本来、これは東映オリジナルビデオ�
    $NEPO?>&
    I8$G$"$k$,!"0lHLL>>N2=$7$F$$$k!K$H8F$s$G$$$k!#6aG/$O!"%l%s%?%k%S%G%*$d!"ADSL、FTTHといったいわゆるブロードバンドインターネット接続|ブロードバンドの普及による動画の配信方法の多様化や、時代背景の変化などにより映画の種類や範囲も多様化してきている。日本国内の映画の動向については日本映画のページにて詳述する。



    シネマ


    「シネマ (Cinéma)」は、フランス語で映画の意味である。語源はギリシャ語の「Kinein(動く)」。リュミエール兄弟が開発したシネマトグラフの「シネマト」から派生した言葉と言われている。アメリカではアート系の作品を「シネマ」と呼び、娯楽作品には「ムービー」と呼ぶ傾向があるらしい。フランス映画にアート系が多く、アメリカ映画に娯楽作品が多いという印象がそうさせているのだろうか。日本のマスメディアの扱い方にもそういう傾向があるのは否めない。



    キネマ


    戦前までは、映画は「キネマ」(Kinema)とも呼ばれた。これは「シネマ」の「シネ」が「死ね」と音がかかるのを嫌って(このようなものを「忌み言葉」という)「キネマ」と呼ばれたと思われる。当時から続く雑誌(「キネマ旬報」など)にこの名前が残っているほか、古風なイメージを出したい時にも使われる。キネマも参照のこと。



    映画



  • 映画史を参照のこと。



    個人向けの映画


     現在、個人が動画を撮る方法としては、カメラ一体型VTRで記録するのが普通である。しかし、ビデオテープレコーダが普及する以前は8ミリフィルムで撮影するのが主流であった。業務用の16mmフィルムは個人では機材、フィルムともにコストがかかりすぎるため、個人向けに、小さなフィルムを使うことで個人でも利用可能にしたのである。詳しくは8ミリを参照のこと。



    関連項目
    *映画の配信媒体

    映画

    オリジナルビデオ

    テレビ映画

    ネット配信


  • 映画の著作物


  • 映画の分類

    映画のジャンル

    映画のレイティングシステム


  • 映倫


  • 映画評論


  • 映画


  • 映画用語


  • 映画会社


  • 映画学校


  • 映画プロデューサー


  • 映画監督


  • 映画俳優


  • 映画スタッフ


  • 各国の映画


  • 映画の賞


  • 映画


  • 年度別日本公開映画


  • 映画作品一覧

    実在する特定の病気を主題とした映画の一覧


  • 興行成績


  • サイレント映画


  • アニメーション

    劇場用アニメ映画*ハリウッド - アメリカにおける映画産業の中心地*レンタルビデオ*8ミリ(ビデオではなくフィルム)*予告編



    外部リンク



  • 映画生活


  • eiga.com


  • Yahoo!ムービー


  • Box Office Mojo


  • みんなのシネマレビュー


  • IMDB


  • CinemaScape −映画批毘/a>空間−]


  • allcinema


  • 映画におけるフラメンコ








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月06日

    映画[宇宙戦艦ヤマト]

    映画の缶詰宇宙戦艦ヤマト



    宇宙戦艦ヤマト』(うちゅうせんかんヤマト)は、1970年代に日本で作成された「テレビアニメーション」および、「劇場用アニメーション映画」作品。もしくは、それらに登場する架空の宇宙戦艦の名称。第1作は1974年に讀賣テレビ放送|読売テレビ・日本テレビ放送網|日本テレビで放映されたテレビアニメとして制作された。放映当初は同じ時間帯に他局で放送されていた『アルプスの少女ハイジ』のあおりを喰って視聴率が上がらず打ち切られたが、再放映を求める声によって人気が急上昇し、再編集した劇場映画によって日本中に社会現象とも言える大ブームを巻き起こした日本のアニメーション史上に輝く作品。アニメーション映画というものを社会に大きく認めさせるきっかけとなった。現在宮崎駿監督等が手掛けるアニメーション作品が広く一般的となっているのも、本作品あればこそといえる。



    宇宙戦艦ヤマトシリーズ





    [ 劇場映画 ]



  • 宇宙戦艦ヤマト』 1977年公開 注1


  • 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』 1978年公開


  • 『ヤマトよ永遠に』 1980年公開


  • 宇宙戦艦ヤマト 完結編』 1983年公開 注2* 注1初回上映された"スターシア死亡編"と1978年のテレビ放送時に一部編集し直した"スターシア生存編"の2編が存在。


  • 注2初回上映された"35mm版"と宇宙戦艦ヤマト 完結編 "完全版"(70mm版)が存在。また、一部の地方映画館で『オーディーン 光子帆船スターライト』と併映された"特別編集版"(35mm版を短縮したもの)も存在する


    [ テレビ ]



  • 宇宙戦艦ヤマト』 1974年10月6日〜1975年3月30日 読売テレビ系 全26話


  • 宇宙戦艦ヤマト2』 1978年10月14日〜1979年4月7日 読売テレビ系 全26話


  • 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』 1979年7月31日放映 フジテレビ系 (1981年に劇場公開)


  • 宇宙戦艦ヤマトIII』 1980年10月11日〜1981年4月4日 読売テレビ系 全25話 再編集版


  • 宇宙戦艦ヤマトII ヤマトよ永遠なれ!(後に『宇宙戦艦ヤマト2 総集編』に改題)』 1979年10月 日本テレビ放送網|日本テレビ系


  • 宇宙戦艦ヤマトIII 太陽系の破滅」 1983年12月 読売テレビ系



    スタッフ



  • 企画・原案・製作・総指揮:西崎義展


  • 原作・総設定・監督:松本零士


  • 構成:舛田利雄、西崎義展、山本暎一


  • 設定デザイン:松本零士


  • 音楽:宮川泰


  • 監督:山本暎一、舛田利雄、豊田有恒


  • 主題歌:

    宇宙戦艦ヤマト」 - 作詞:阿久悠、作曲:宮川泰、唄:ささきいさお

    「真赤なスカーフ」 - 作詞:阿久悠、作曲:宮川泰、唄:ささきいさお



    キャスト



  • ヤマトシリーズ登場人物一覧



    ストーリー
    時に西暦2199年、地球は宇宙の彼方の謎の星ガミラスからの侵略を受け、遊星爆弾による無差別攻撃に晒されていた。すでに海は蒸発し尽くし地上の全生命は死滅、残された人類は地上の放射能から逃れるため生存圏を地下に求め、「人類の奴隷化か死か」を要求するガミラスに必死の抵抗を続けていた。しかし圧倒的な科学力の差の前になす術もなく、放射能汚染の進行による全人類の絶滅まであと一年余りと迫る中、最後の地球防衛艦隊が冥王星付近でガミラス宇宙艦隊との交戦により壊滅し、人類生存の希望は完全に費えたかに見えた。そんな折、遠く離れた星イスカンダルから救いのメッセージが届いた。そこで人々は、イスカンダルから送られた波動エンジンの設計図を元に、沈没していた旧大戦の戦艦大和 (戦艦)|大和を極秘裏に超光速宇宙戦艦に改造、「!
    $B1'Ch@o4O%d%^%H
    」を完成させる。ヤマトは放射能除去装置コスモクリーナーDを求め、14万8千光年彼方のマゼラン星雲イスカンダル星に向けて、最後の希望を託して発進する。着々と放射能汚染が進行していく中で、人類滅亡を防ぐために、僅か1年以内に帰還しなければならないという状況の下、ガミラス帝国との壮絶な死闘を繰り広げながら「宇宙戦艦ヤマト」がイスカンダル星へと向かう様子を描く。



    放映と影響


    同作品の第一作は、1974年10月6日から1975年3月30日まで26回にわたり読売テレビをキー局として放映された。当初は丸1年、52回の放送を予定していたが、裏番組が『アルプスの少女ハイジ』であったため、本放映時には視聴率が低迷し、予定放映話数を短縮して打ち切り|打ち切られた。しかし再放映後ブームとなり、1977年にテレビ放映版を再編集した劇場版『宇宙戦艦ヤマト』が公開され、公開初日から徹夜する人が現れるなど一躍話題になり、当時公開された『スターウォーズ』と並んでサイエンス・フィクション|SFブームの牽引役となった。また翌年1978年に公開された劇場用アニメ映画『さらば宇宙戦艦ヤマト-愛の戦士たち-』は劇場用アニメ映画としては日本映画史上記録的な大ヒットとなり、スタジオジブリが制作した『魔女の宅急便』が公開されるまでこの記録は破られることは無かった。当時、低年齢層向けぁ
    H8+$i$l$F$$$?%"%K%a$,G/NpAX$rD6$($F3Z$7$a$k$b$N$H$J$C$?$-$C$+$1$N1G2h$G$b$"$k!#%/%j%9%^%9%7!<%:%s$N!V8r6AAH6J宇宙戦艦ヤマト」の発売にあわせて、『オールナイトニッポン』で4時間のスペシャル番組が放送された。本作品はサイエンス・フィクション|SFロマン作品に分類される。

    企画・原案・製作・総指揮は西崎義展、監督は山本暎一と漫画家でもある松本零士(美術・設定デザインも担当)、チーフディレクターは石黒昇。富野喜幸(富野由悠季)、安彦良和らが絵コンテを担当。SF設定は豊田有恒。(本作品のクレジットはオフィスアカデミーであり、後の著作者人格権を巡る紛争の結果、西崎義展・松本零士の共同著作として法廷外和解)企画当初には小惑星そのものを宇宙船とした岩石宇宙船「宇宙船イカルス」や岩石宇宙船の内部に戦艦が内蔵された「アステロイドシップヤマト」なるアイデアも検討されていた(その名残りが本放映中のアステロイドリングに見られる)。また、松本零士氏のオリジナルキャラクタである宇宙海賊キャプテンハーロック|キャプテンハーロックの登場も企画されたが、視聴率低迷の影響で話数削減され、アニメーション作品には登場していない。本作品にはいわゆる原作は存在しない(著作者人格権訴訟では「企画書」を原作としている)。TV放映と同時期に、松本零士による冒険王(1974年11月号より)への「二次著作物」としての漫画版や、原案 豊田有恒 作 石津諭
    r!JDL>N 石津版)による「新たな著作物」としての小説版(1974年12月20日初版刊行)がなされている。石津版小説は、西崎義展著作の企画書作成時に没とされた豊田有恒らの案を元に石津嵐が著したものとされ、ストーリ展開的に企画書に近い部分もある。当時の出版事情から、地球滅亡編(1974年12月20日刊)、地球復活編(1975年2月3日刊)の入稿時期は、少なくとも松本零士の漫画版の入稿より早い事と思われる。



    これらより宇宙戦艦ヤマトの創作著作者は豊田有恒で、映画の著作者は西崎義展・松本零士と考える事もできる。本作品では宮川泰によるフルオーケストラによる主題歌やBGM(第1作は、正確にはビッグバンド型式である)が特徴で、主題歌は今でも甲子園などでブラスバンドが頻繁に利用している(大編成のオーケストラの採用は西崎義展の意向とされる。ヤマト以前は予算の制約からそのような例は多くなかった)。また、スキャットの川島和子・アニメソングのささきいさおは本作品でブレイクした。劇場映画化を期に交響組曲と称する音楽作品が企画され、アニメ初の同種企画の先駆けとなった。映画公開と前後してグッズ類も多数作られ、第一次アニメブームは本作品が火付け役となったといっても過言でない。


    [ 放送リスト(テレビ版) ]


    ・ SOS地球!!甦れ宇宙戦艦ヤマト

    ・ 号砲一発!!宇宙戦艦ヤマト始動!!

    ・ ヤマト発進!!29万6千光年への挑戦!!

    ・ 驚異の世界!!光を飛び越えたヤマト

    ・ 浮遊大陸脱出!!危機を呼ぶ波動砲!!

    ・ 氷原に眠る宇宙駆逐艦ゆきかぜ!!

    ・ ヤマト沈没!!運命の要塞攻略戦!!

    ・ 決死のヤマト!!反射衛星砲撃破せよ!!

    ・ 回転防禦!!アステロイド・ベルト!!

    ・ さらば太陽圏!銀河より愛をこめて!!

    ・ 決断!!ガミラス絶対防衛線突入!!

    ・ 絶体絶命!!オリオンの願い星、地獄星

    ・ 急げヤマト!!地球は病んでいる!!

    ・ 銀河の試練!!西暦2200年の発進!!

    ・ 必死の逃亡!!異次元のヤマト

    ・ ビーメラ星、地下牢の死刑囚!!

    ・ 突撃!!バラノドン特攻隊

    ・ 浮かぶ要塞島!!たった二人の決死隊!!

    ・ 宇宙の望郷!!母の涙はわが涙

    ・ バラン星に太陽が落下する日!!

    ・ ドメル艦隊!!決死の挑戦状

    ・ 決戦!!七色星団の攻防戦!!

    ・ 遂に来た!!マゼラン星雲波高し!!

    ・ 死闘!!神よガミラスのために泣け!!

    ・ イスカンダル!!滅びゆくか愛の星よ!!

    ・ 地球よ!!ヤマトは帰ってきた!!



    ヤマト


    1945年に戦没した大日本帝国海軍所属にして人類史上最大の戦艦「大和 (戦艦)|大和」を改造して作られた超弩級宇宙戦艦。同型艦は無し。西暦2199年就役。松本零士による漫画版での型式名「M-21991式宇宙戦艦」。元来は選ばれたわずかな人類と生命種を乗せ地球を脱出するための「ノアの箱舟」として建造されていた。しかしイスカンダルからのメッセージ飛来により状況は一変する。地球脱出からイスカンダルへの航海へと計画は変更され、そして主機関にイスカンダルより送られた設計図に基づき急遽製造された波動エンジンを建造途中の艦体に装備することとなった。

    これによってワープ(空間跳躍)能力を備えることになり、長距離の恒星間航行が可能になった。また波動エンジンが生み出すエネルギーによって従来の地球製宇宙船とは一線を画した戦闘能力を得ることが出来た。

    また別に補助エンジンを2基装備する。これは副推進器であると同時に、主機である波動エンジンの始動にも使われる一種のセルモーター、スターターでもある。イスカンダルよりもたらされたオーバーテクノロジーは、全般に地球人類の技術水準を革命的なまでに向上させたのであった。設計において戦艦大和をデザインベースとしたため、水上艦艇をそのまま宇宙に浮かべるが如き外観を有している。このため主砲を始めとする各種武装が殆ど全て船体上部に集中しているが、この形態はヤマト以後の宇宙戦艦にも踏襲されることになる。艦体はスペースチタニウム合金製。艦底に第三(航海)艦橋を持つ。また大気圏内航行時の安定保持のため、左右両舷に収納式の主翼を装備している。このデルタ翼型の巨大な大気圏内安定翼は、ヤマト以後の宇宙戦艦には採用されていない、ヤマト級宇宙戦艦だけの特徴である。その理由は明確ではないが、ヤマトが新世代の宇宙戦艦開発の嚆矢であり、まだ模索期であったこと、その後の建艦技術の向上により安定翼が小型化あるいは必要ではなくなったことなどが考えられる。次世代艦のアンドロメダ級戦艦には小型ながら可変式安定翼があぁ
    k!#$J$*$3$N
    また自前の艦内工場を備え、外部から資材を調達する必要はあるものの、船体維持管理部品や艦載機を含めた兵器弾薬に関しては高い生産能力を誇る。そして艦内には人工重力が働き、あたかも地上であるかの様に行動できる。これらは擬似的な循環型生存環境、バイオスフィア(生命圏)を人工的につくったものといえるが、完全なものではなく長期航海時には地球型惑星で生鮮食料品になる生物の採取を行っている。この人工環境に男女乗員100余名が居住している。主要武装は、艦隊決戦兵器である艦首波動砲(続編で登場した拡散型に対し、収束型と呼ばれる)、主・副三連装ショックカノン、煙突ミサイル(VLS)、パルスレーザー砲など。武器ではないが、ヤマト前部に2つ備えるロケットアンカーも、敵艦体に打ち込むなど攻撃に用いることができる。また航海途上、敵の攻撃を受けながらも艦体修理を続けられるようにするため、真田志郎発案によるユニークなアステロイドシップ計画が採用された。これは小惑星に反重力感応器を打ち込んで、ヤマトに引き寄せて装着し擬装する(アステロイドシップ)とともに、攻撃を受けた場合、感応器を操作ぁ
    7$F>.OG@172$r4OBN$N<~0O$K2sE>$5$;(アステロイドリング)、敵のミサイルやレーザー砲を跳ね返そうというものだった。特殊な防御装備としては、同じく真田発案による、光学兵器やエネルギー兵器を反射させる空間磁力メッキがある。ヤマトの特異な点は、戦艦という艦種でありながら多数の戦闘攻撃機を搭載していることであろう。そのため艦尾艦底のかなりの部分を艦載機の格納スペースに割り当てている。エレベーターを使い立体的に格納することで、スペースを有効に利用している。搭載機として、艦尾のカタパルトからコスモ・ゼロ、艦底ハッチよりブラックタイガー(後にコスモタイガーIIに機種更改)戦闘攻撃隊を発進させることができる。他にコスモハウンド、内火艇を兼ねた救命艇なども搭載する。対白色彗星帝国戦役時には波動砲の収束率向上のための改良を行っている。また、主砲にも改良が加えられ、射程距離が大幅にのびている。対暗黒星団帝国戦役時(『ヤマトよ永遠に』)、旧式化していたヤマトは大改装され、イスカンダルオリジナル設計製から地球設計製へと、主機関を換装することとなった。これにはアンドロメダ等を建造した経験、機
    ;=Q$NC_@Q$,%U%#!<%I%P%C%/$5$l$F$$$k$b$N$H$*$b$o$l$k!#GHF0%(%M%!
    k%.!
    同時に波動砲の威力も格段に向上し、また短時間のインターバルをおいての連続発射が可能となり、発射時の艦内電力供給停止措置も必要なくなった。これを「新・波動砲」と呼ぶ。ワープも波動砲も従来あった使用制限は大幅に緩和されている。

    主砲も性能向上が図られ、波動エネルギーを充填した新型主砲弾「波動カートリッジ弾」が使用できるようになったのもこれ以降だ。これら一連の近代化改装により、ヤマトは、排水量を除きアンドロメダ級など新鋭戦艦群にも比肩しうる、第一線級戦力として返り咲いている。


    [ 諸元 ]



  • 全長:263m(ヤマトよ永遠に以降265.8m。主機関換装の際に艦の全長のストレッチをおこなう)


  • 全幅38.9m


  • 基準排水量62,000t(水上)


  • 乗員114名


  • 武装

    艦首(収束型)波動砲×1門

    主砲:45口径46?三連装衝撃砲(ショックカノン)×3基

    副砲:46口径20?三連装衝撃砲(ショックカノン)×2基

        注.大和の副砲は60口径15.5?。ヤマトは大和に比べ、副砲の口径を増大させている。副砲の砲身長が大和とヤマトでは同じとして計算すると、ヤマトでは20.0?の場合、46.5口径となる。口径が20.0?ではなく、20.3?の場合、45.8口径になる。ここでは便宜的に間をとって46口径とさせていただく。異説ではヤマトの副砲も15.5?。

    その他


  • 垂直ミサイル発射管(VLS)、通称「煙突ミサイル」×8セル(再装填可)


  • 前部ミサイル(魚雷)発射管×3門×2、後部同×3門×2(再装填可)


  • 両舷側ミサイル発射管×8門×2(再装填可)


  • パルスレーザー高角砲多数


  • パルスレーザー対空機銃多数

    *波動爆雷投射機

        注.波動爆雷は波動カートリッジ弾と同様の技術の産物とおもわれる。

    :等なお度重なる修理・改装の為、時期によって武装やデザインなど細部仕様に若干違いが生じている。



    メカニック



  • ヤマトシリーズ登場艦艇一覧



    作品間の関係(アニメ)





    [ 初代ヤマト関連作品の時系列 ]





























    1テレビ:『宇宙戦艦ヤマト
    ガミラス帝国の侵略に立ち向かい、14万8千光年の彼方のイスカンダルへ放射能除去装置コスモクリーナーDを求めて、250年の眠りからよみがえったヤマトが宇宙戦艦となって旅立つ。
    (映画『宇宙戦艦ヤマト』には、映画向けの改編の結果、後の作品へのストーリー上の影響の点でいくつかの不足点が見られるため、テレビ版を基本としておく)
    2映画:『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』テレビ:『宇宙戦艦ヤマト2』
    危機を訴えるかすかな通信を受信したヤマトのクルーは、平和を謳歌する地球を後に電波の発信元・テレザート星を目指し、強大な白色彗星帝国との戦闘に突入していく。
    (映画『さらば』とその後に作られたテレビ『2』は、同じストーリーを元にしつつも結末が異なり、これ以降の作品は主要クルーのほとんどが生存しヤマトも健在で残った『2』が基本になる)
    3aテレビ特番:『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』
    故郷であるガミラス星に戻ってきたデスラー総統以下ガミラス残存艦隊は、無人のガミラス星で地下資源を採掘している暗黒星団帝国と遭遇、交戦中にガミラス星が崩壊した余波で、ガミラスと二重惑星を構成していたイスカンダル星が軌道を逸脱して暴走をはじめた。
    新兵の訓練航海中だったヤマトは、デスラー総統からの救援要請を受け再びイスカンダルへ向かい、ガミラス艦隊とともに暗黒星団帝国との戦闘に突入する。
    3b映画:『ヤマトよ永遠に』
    ある日、外宇宙から巨大な黒色の物体が飛来し、地球上に着陸するとともに、暗黒星団帝国の黒色艦隊が侵攻、地球はあっという間に制圧されてしまった。
    英雄の丘に集結したヤマト乗組員たちは、大統領専用脱出艇で地球を脱出し、真田志郎の待つ小惑星イカルス_(小惑星)|イカロスに向かった。
    そこには、パワーアップされたヤマトがあり、巨大な黒色の物体の正体が地球上の全生物の脳細胞を破壊する重核子爆弾であることを知ったヤマト乗組員たちは、その起爆を阻止するべく、暗黒星団帝国の母星デザリアム星へ旅立つ。
    4テレビ:『宇宙戦艦ヤマトIII』
    銀河を二分するガルマン・ガミラス帝国とボラー連邦の星間戦争の余波で惑星破壊プロトンミサイルが太陽に突入、太陽の核融合の異常増進により危機に陥った地球から、新たな移住惑星探査と対策調査のためにヤマトが旅立つ。
    5映画:『宇宙戦艦ヤマト 完結編』


    異次元から現れた銀河が地球を含む銀河と衝突し、銀河を二分していた星間国家が壊滅状態に。同時に、緩やかな楕円軌道を描いて地球に近づく水惑星アクエリアスが確認されるが、突如現れた軍事帝国・ディンギル帝国が水惑星アクエリアスをワープさせる等によって操り、地球の都市を水没させてその後に移住をしようと企む。ヤマト・地球艦隊は必死に抵抗するも当初はディンギル帝国軍の誇る「ハイパー放射ミサイル」に苦戦を余儀なくされる。しかし、ヤマトは「ハイパー放射ミサイル」の回避方法を見つけ出し、ついにはディンギル帝国軍の要塞「ウルク」に強攻をかけるが、水惑星アクエリアスのワープを止めることが出来ず万事窮すの状態になってしまう。それでも地球の水没を避ける為、最後の手段としてヤマトにトリチウムを満載し、波動砲のエネルギーと融合させて大爆発させ、水柱を断ち切る手段に出ることになった。


    なお、この作品は初回公開版(35mm版)の後に完全版(70mm版)も製作されている。





    関連作品





    [ 小説 ]



















































































































































































































































































































    題名 著者 発行元 装丁 発行日 備考
    宇宙戦艦ヤマト 地球滅亡編 作:石津嵐

    原案:豊田有恒

    朝日ソノラマ 並装 1974年10月20日 1975年11月10日にソノラマ文庫に地球滅亡編・地球復活編を合本して再録
    宇宙戦艦ヤマト 地球復活編 1975年2月3日
    宇宙戦艦ヤマト 1 発進編 構成:西崎義展 朝日ソノラマ 並装 1977年7月20日 1978年12月30日にソノラマ文庫に再録
    ヤマト大全集1〜3として再録(出版日不詳)
    宇宙戦艦ヤマト 2 死闘編 1977年8月1日
    宇宙戦艦ヤマト 3 回天編 1977年8月10日
    さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 上 文:三浦清史 集英社ファンファン文庫   1978年8月15日 1978年8月25日にモンキー文庫からも出版
    さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 下 1978年8月30日
    さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 文:若桜木虔

    監修:西崎義展

    集英社文庫コバルトシリーズ 文庫版 1978年8月19日  
    さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 1 構成:西崎義展 朝日ソノラマ 並装 1978年9月1日 1979年3月15日にソノラマ文庫に再録
    さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 2 1978年9月15日
    宇宙戦艦ヤマト 文:若桜木虔

    監修:西崎義展

    集英社文庫コバルトシリーズ 文庫版 1978年9月20日  
    さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 文:牧美智瑠
    監修:西崎義展
    集英社 並装版 1978年10月5日  
    宇宙戦艦ヤマト 文:牧美智瑠
    監修:西崎義展
    集英社 並装版 1978年11月10日  
    宇宙戦艦ヤマト 総集編 文:三浦清史

    監修:西崎義展

    集英社モンキー文庫 B6版 1978年11月10日  
    熱血小説 宇宙戦艦ヤマト 著者:高垣眸 オフィス・アカデミー 並装版 1979年7月4日  
    宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 文:若桜木虔

    監修:西崎義展

    集英社文庫コバルトシリーズ 文庫版 1979年9月14日  
    宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 1 構成:西崎義展 朝日ソノラマ 並装版 1979年9月14日 ヤマト大全集6,7に再録
    ソノラマ文庫に1/2巻を合本して再録
    宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 2
    宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 文:三浦清史

    監修:西崎義展

    集英社モンキー文庫 B6版 1979年9月30日 ファンファン文庫からも出版の可能性有(詳細不詳)
    宇宙戦艦ヤマト2 上(ヤマト大全集4) 構成:西崎義展 朝日ソノラマ   1980年8月1日 1981年3月26日にソノラマ文庫に上下巻を合本して再録
    宇宙戦艦ヤマト2 下(ヤマト大全集5)
    ヤマトよ永遠に 文:若桜木虔

    監修:西崎義展

    集英社文庫コバルトシリーズ 文庫版 1980年8月15日  
    ヤマトよ永遠に 上 文:三浦清史

    監修:西崎義展

    集英社モンキー文庫 B6版 1980年9月1日  
    ヤマトよ永遠に 下 1980年9月10日
    ヤマトよ永遠に 上(ヤマト大全集8) 構成:西崎義展 朝日ソノラマ   1980年9月20日  
    ヤマトよ永遠に 下(ヤマト大全集9) 1980年9月25日
    宇宙戦艦ヤマトIII 1 文:若桜木虔

    監修:西崎義展

    集英社文庫コバルトシリーズ 文庫版 1981年5月15日  
    宇宙戦艦ヤマトIII 2
    宇宙戦艦ヤマトIII 文:三浦清史

    監修:西崎義展

    集英社モンキー文庫 B6版 1981年6月  
    宇宙戦艦ヤマトIII 1(ヤマト大全集10) 構成:西崎義展 朝日ソノラマ      
    宇宙戦艦ヤマトIII 2(ヤマト大全集11)
    宇宙戦艦ヤマトIII 3(ヤマト大全集12)
    宇宙戦艦ヤマト完結編 1 文:若桜木虔

    監修:西崎義展

    集英社文庫コバルトシリーズ 文庫版 1982年12月15日  
    宇宙戦艦ヤマト完結編 2 1983年3月15日
    宇宙戦艦ヤマト完結編 1 文:岬兄悟 徳間書店アニメージュ文庫 文庫版 1982年12月31日  
    宇宙戦艦ヤマト完結編 2 1983年4月15日
    宇宙戦艦ヤマト完結編 1 構成:西崎義展 朝日ソノラマ ソノラマ文庫 文庫版 1983年2月15日  
    宇宙戦艦ヤマト完結編 2 1983年3月
    宇宙戦艦ヤマト完結編 上 文:三浦清史

    監修:西崎義展

    集英社ファンファン文庫 B6版 1983年3月15日  
    宇宙戦艦ヤマト完結編 下 1983年4月10日



    [ 漫画(オリジナル) ]



  • 宇宙戦艦ヤマト(作画:松本零士)


  • 宇宙戦艦ヤマト(作画:ひおあきら)


  • 宇宙戦艦ヤマト(松本零士)


    [ OVA ]



  • YAMATO2520


    [ パチスロ ]



  • 宇宙戦艦ヤマト(サミー)



    知的財産権に関する特記



  • 著作権者

        本作品群の著作権等は1996年に東北新社に包括譲渡契約され、1998年に西崎義展及びウェストケープコーポレーションの破産管財人が契約の履行を選択、2000年に東北新社と破産管財人との間で譲渡代金の支払につき裁判上の和解が成立し、著作権者は東北新社である事が確定。* 商標権者

        本作品の商標の最初の出願は1974年3月15日にされている。出願された艦体の意匠は本放送のものとは異なるが、商標の意匠文字は本放送時のものと極めて類似している。

        西崎義展及びウェストケープコーポレーションの破産に前後して、本作品の商標権を西崎義展から西崎義展の長男に移転したため、破産管財人が否認権を行使し商標の移転登録の抹消及び譲渡契約の履行により東北新社に商標権を移転した。※『新宇宙戦艦ヤマト』及び『新・宇宙戦艦ヤマト』の商標は西崎隆二郎なる人物が1999年〜2001年に登録している。* 同一性保持権及び翻案権

        本作品の包括譲渡を受けた東北新社がバンダイ・バンダイビジュアルに制作・販売を許諾したプレイステーション用ゲームソフトにつき、西崎義展が東北新社・バンダイ・バンダイビジュアルに同ゲームソフトの制作・販売の中止及び1億円の損害賠償を求めたが請求を棄却され、控訴審にて西崎義展が宇宙戦艦ヤマトの著作者である旨を公表しても異議を唱えない事のみを条件に司法和解が成立。(但し、著作者表示以外の著作者人格権につき原則不行使とした原審の判示により、本司法和解は西崎義展の事実上の敗訴となった。)* 映画の著作者

        松本零士が西崎義展に対し映画の著作者が松本零士であることの確認を求めたが1審で棄却され、控訴審中に松本零士・西崎義展の間で法廷外和解により映画の著作者は西崎義展・松本零士の共同著作であり、代表して西崎義展が著作者人格権を有することが確認された。

        尚、前述の通り著作権者である東北新社に著作者人格権の原則不行使等を含む著作権等譲渡がされており、著作権者を除く制作当事者間での映画の著作者の確定の影響は少ない。

        また本和解条項では、『宇宙戦艦ヤマト・復活編』(仮題)及び『大銀河シリーズ 大ヤマト編』(仮題)を西崎義展・松本零士が夫々別個に作成する事を相互に確認しているが、前述の著作権等の包括譲渡契約に「将来作品」に関する内容が含まれており、履行には東北新社の許諾を要する限定的な確認と考えられる。



    外部リンク



  • 海外版との役名対照表


  • Leijiverse (レイジヴァース)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:32| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月05日

    映画[バリー・リンドン]

    映画の缶詰バリー・リンドン



    バリー・リンドン(Barry Lyndon, 1975年、アメリカ合衆国|アメリカ)は、スタンリー・キューブリック監督が、18世紀のイギリスを舞台に撮り上げた映画である。時代考証はもちろんだが、ライティング、美術、衣装に至るまで、完璧主義者であるキューブリックは見事に18世紀を再現してみせている。また、この時代のムードを忠実に再現するため、ロウソクの光だけで撮影出来るレンズをこの映画のために開発したのは有名な話である。原作は、ウィリアム・メイクピース・サッカレーの小説。アカデミー撮影賞、音楽賞、美術賞、衣裳デザイン賞を受賞した。



    ストーリー




    スタッフ



  • スタンリー・キューブリック(製作・監督・脚本)


  • バーナード・ウィリアムズ(共同製作)


  • ジョン・オルコット(撮影監督)



    キャスト



  • バリー・リンドン(ライアン・オニール)


  • レディ・リンドン(マリサ・ベレンソン)


  • シュヴァリエ・ド・バリバリ(パトリック・マギー)


  • ポツドルフ大尉(ハーディ・クリューガー)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月04日

    映画[エイリアン2]

    映画の缶詰エイリアン2



    エイリアン2(ALIENS)は、1986年にアメリカ映画で、「エイリアン (映画シリーズ)|エイリアン」シリーズの第2作。監督はジェームズ・キャメロン。1986年のアカデミー賞ではアカデミー視覚効果賞|視覚効果賞、音響効果編集賞を受賞。



    キャスト



  • エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)


  • ドウェイン・ヒックス(マイケル・ビーン)


  • レベッカ・ニュート・ジョーダン(キャリー・ヘン)


  • ビショップ(ランス・ヘンリクセン)


  • カーター・バーク(ポール・ライザー)


  • バスクエス(ジャネット・ゴールドスタイン)


  • ハドソン(ビル・パクストン)


  • ゴーマン(ウィリアム・ホープ)


  • アポーン(アル・マシューズ)


  • ドレイク(マーク・ロルストン)


  • フロスト(リッコ・ロス)


  • フェッロ(コレット・ヒラー)


  • スパンク(ダニエル・カッシュ)


  • ディートリック(シンシア・スコット)


  • クロウ(ティップ・ティッピング)


  • ウィズボスキー(トレヴァー・スティードマン)


  • ヴァン・リューエン(ポール・マクスウェル)



    概要


    化石宇宙船が発見され、ノストロモ号の惨劇発生から57年、惑星LV-426に入植していた開拓団が一斉に消息を絶った。ノストロモ号唯一の生存者リプリーは、救助に向った宇宙海兵隊のオブザーバーとしてあの惨劇の悪夢に立ち向かうべく同行する。無人化した開拓団コロニーで海兵隊が見た物は、奇妙に破壊された施設や標本として保存された寄生エイリアン、そして絶望的に追い詰められた開拓団の残した記録だった。強力な火器で重武装した海兵隊は、生存者と思われる反応を追って、惑星大気を製造する環境システムに突入するが、そこで異常繁殖した異星生物と遭遇し交戦するも、大きな損害を出してしまい、更には救助に向った惑星降下船も失ってしまう。交戦時の事故によって環境システムの暴走する中、新たに軌道上から降下船を待つために、開拓団コロニーに篭城する海兵隊は異星生物の猛攻を受け、更にはまたしても生物兵器転用を目論む「会社」側の意向により、追い詰められ、損害を増やして行く。逃亡の最中、リプリーはさらわれた少女救出に向い、その中で巨大な「エイリアン・クイーン」に遭遇する。



    寸評


    前作とは打って変わって、当時全盛を誇ったSFアクション映画の様相を呈している。重火器で武装し、訓練された海兵隊は、ノストロモ号クルーのようには簡単に殺されないが、それにもまして物量作戦を展開するエイリアン達に成す術も無く殺害されていってしまう。前作では本能のままに行動する非情な殺戮者の様に描かれたエイリアンだが、今作品では生んだ卵に銃を突き付けられ、エイリアン・クイーンが怯む等、知性的な一面を見せており、一部ではロバート・A・ハインラインの「宇宙の戦士」の影響を挙げる声もあるが、「凶暴なエイリアンv.s.獰猛な人類」の対比は、アクション映画の王道である。しかし前作で好評を博した「静と動」の対比も随所に見られ、ニュートがさらわれるシーンや、標本エイリアンが突然動くシーンは、判っていてもドキッとさせられる物がある。なお、前作では陰で暗躍する悪役として描かれていたアンドロイドだが、今回は一変して肯定的に扱われ、人間の良き友人として描かれている。これは前作が冷戦時代に最先端技術として扱われた原子力が人類を死滅させかねないという技術|テクノロジー否定論的な社会背景が�
    $"$j!"2作目である本作の時代では冷戦終結(核の恐怖の軽減)と情報処理技術の発達で新しい未来が予感されたいたという背景もあり、テクノロジー肯定論的な風潮も関係しているという解釈が映画評論筋から出ている。物語終盤の「人間も、やるね」というアンドロイドの台詞も、技術と人の良好な関係を予感させる物であろう。この「テクノロジーの否定論 / 肯定論」の変化の影響で1作目と2作目で大きくテクノロジーの扱いが転換した作品としては、他にターミネーター (映画)|ターミネーターシリーズが挙げられる。



    関連項目



  • 「エイリアン (映画シリーズ)|エイリアン」(1979年) リドリー・スコット監督


  • 「エイリアン3」(1992年) デヴィッド・フィンチャー監督


  • 「エイリアン4」(1997年) ジャン=ピエール・ジュネ監督


  • 「エイリアンVSプレデター」(2004年)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月03日

    映画[宇宙戦争 (映画)]

    映画の缶詰宇宙戦争 (映画)





    宇宙戦争 (映画)


    『宇宙戦争』(War of the worlds)は2005年製作のアメリカ映画である。

    スティーヴン・スピルバーグ監督。トム・クルーズは出演のほか製作にも参加している。音楽はジョン・ウィリアムズ。1953年に製作された同名のサイエンス・フィクション|SF映画のリメイク。原作はH・G・ウェルズ。







    キャスト



  • トム・クルーズ(吹替 - 森川智之)


  • ダコタ・ファニング(三村ゆうな)


  • ジャスティン・チャットウィン(野島健児)


  • ティム・ロビンス


  • ミランダ・オットー(本田貴子)



    関連項目



  • 宇宙戦争 (フィクション)#ウェルズの宇宙戦争|記事『宇宙戦争 (フィクション)』中のウェルズの宇宙戦争 − 左記には作品の内容に関する記述が含まれます。



    外部リンク



  • 公式サイト






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月02日

    映画[グッバイガール]

    映画の缶詰グッバイガール





    グッバイガール(''The Goodbye Girl'')は、1977年製作のアメリカ映画。貧乏役者と子連れのダンサーが結ばれるまでをコメディ・タッチで描いた映画。主演のリチャード・ドレイファスはこの作品でアカデミー主演男優賞を受賞した。



    スタッフ


    監督: ハーバート・ロス

    脚本: ニール・サイモン



    キャスト



  • リチャード・ドレイファス


  • マーシャ・メイソン








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月01日

    映画[アポロンの地獄]

    映画の缶詰アポロンの地獄



    アポロンの地獄』(アポロンのじごく)はピエル・パオロ・パゾリーニ|パゾリーニの監督・脚本による1967年製作のイタリア映画。原題 は『オイディプス王 Edipo Re』。ソポクレスによる同名の悲劇『オイディプス王』を原作としている。冒頭と終幕を除いて、オイディプス王の物語が映画化されているが、その特徴は「奇跡の丘」で提示された、厳しい自然主義である。ソポクレス作品が王となったオイディプスを時の中心とし、災禍が下ったテーバイでアポロンの神託により国から除かねばならないとされた災いの原因をもとめるオイディプスに対して、次々となされる証言や告白によって、誰も知らなかった過去の真実が次第に暴かれて行く形をとるのに対し、映画では全場面が過去から未来へ、時間に従って展開される。






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by movie-max at 03:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。