2005年12月17日

映画[ヘルボーイ]

映画の缶詰ヘルボーイ





ヘルボーイ(Hellboy)は、1994年にアメリカ合衆国|アメリカのダークホース・コミックス('':en:Dark_Horse_Comics|Dark Horse Comics'')から刊行されたマイク・ミニョーラ作のアメコミのシリーズ名、およびその主人公である架空のヒーロー。第二次世界大戦末期、敗色濃厚な戦況の逆転を目論むナチス・ドイツは、怪僧ラスプーチンの提案により、強大な力をもたらすであろう魔術の儀式を執行した。だが儀式は失敗し、代わりに真っ赤で小さな悪魔の赤ん坊のような生物が現世に召還された。その生物はアメリカ合衆国軍|アメリカ軍特殊コマンド部隊に回収され、地獄から来た子供、すなわち「ヘルボーイ」と名づけられた。特殊部隊に神秘学の専門家として同行していたブルッテンホルム教授が父となり、愛情を注がれてヘルボーイは大きく育った。そして教授を責任者とする超常現象捜査局(BPRD)でトップ・エージェントとなぁ
C$?H`$O!"8=@$$NM}$H0BG+$r


特徴


身長7フィート(213cm)以上、体重500ポンド(227kg)以上。真紅の全身、折り取られて切り株状になった角、先端がスペード型になった尻尾などが特徴だが、中でも最大の外見的特徴は、分析不能な石状物質で形成された右腕である。普段はだぶだぶの革コートを着用し、ホルスターには、特殊弾を使用する巨大な拳銃を収めている。人がつけた「ヘルボーイ」という名とは別に「アヌン・ウン・ラーマ」という真の名を持つ。



能力


非常に頑丈な肉体と怪力。射撃はかなりヘタクソである。いわゆる「魔力」はいっさい持っていない。しかし世界を終末へと導く力を秘めており、ラスプーチンも魔界の悪魔たちもその力を解放することを望んでいる。



交友関係



  • 超常現象捜査局の同僚:水棲人エイブ(エイブラハム)・サピエン、念力発火能力を持つ超能力者リズ(エリザベス)・シャーマン、人造人間(ホムンクルス)ロジャーなど。


  • バットマン


  • スターマン(7代目)



    コミック(邦訳版)



  • ヘルボーイ チェインド・コフィン(縛られた棺)」


  • ヘルボーイ 破滅の種子」


  • ヘルボーイ 魔神覚醒」


  • ヘルボーイ 滅びの右手」


  • ヘルボーイ 妖蛆召喚」


  • 「スターマン・バットマン・ヘルボーイ」(クロスオーバー作品)



    映像化作品



  • ヘルボーイ」(2004年、アメリカ)

    :監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ、出演:ロン・パールマン、セルマ・ブレア



    関連事項











    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。