2005年12月13日

映画[真夜中のカーボーイ]

映画の缶詰真夜中のカーボーイ



真夜中のカーボーイ』(まよなかのカーボーイ、''Midnight Cowboy'')は、1969年製作のアメリカ映画。1969年度のアカデミー賞ではアカデミー作品賞|作品賞、アカデミー監督賞|監督賞、脚色賞を受賞した。男性的魅力で富と名声を手に入れようと、テキサス州|テキサスから出てきた青年・ジョー(ジョン・ヴォイト)。カウボーイスタイルに身を固めた彼は、女を引っ掛けて金を要求するが、逆に金をふんだくられる。女こそ名うての娼婦だったのである。ジョーはラッツォ(ダスティン・ホフマン)というスラム街に住む男に出会い、売春の斡旋人を世話してくれるという約束で10ドルを手渡すが、斡旋人は男色を専門としていた。騙されたと知ったジョーは、ラッツォを捕まえて問い詰めるのだが、既にラッツォの手には金がない。その代わり、罪滅ぼしにラッツォは、いいカモを探してきてくれる。ジョーとラッツォの間に芽生える友情。しかし、ラッツォの身は病魔に冒されていた。二人はわずかばかりの金を手にぁ
7$F!"%U%m%j%@=#|フロリダ行きのバスに乗るのだが…。アメリカン・ニューシネマの代表的な作品の一つ。この作品によって、ジョン・ヴォイトは一躍注目されるようになった。ニルソンの唄う『うわさの男』も大ヒットした。



スタッフ



  • 監督 ジョン・シュレシンジャー


  • 製作 ジェローム・ヘルマン


  • 脚本 ウォルド・ソルト


  • 撮影 アダム・ホレンダー


  • 音楽 ジョン・バリー



    キャスト



  • ジョー(ジョン・ヴォイト)


  • ラッツォ(ダスティン・ホフマン)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック

    ダスティン・ホフマンのこと
    Excerpt: 真夜中のカーボーイという映画がありました。 ダスティン・ホフマンとジョン・ボイト
    Weblog: ぼくらの時代
    Tracked: 2006-04-14 16:41
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。