2005年12月04日

映画[エイリアン2]

映画の缶詰エイリアン2



エイリアン2(ALIENS)は、1986年にアメリカ映画で、「エイリアン (映画シリーズ)|エイリアン」シリーズの第2作。監督はジェームズ・キャメロン。1986年のアカデミー賞ではアカデミー視覚効果賞|視覚効果賞、音響効果編集賞を受賞。



キャスト



  • エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)


  • ドウェイン・ヒックス(マイケル・ビーン)


  • レベッカ・ニュート・ジョーダン(キャリー・ヘン)


  • ビショップ(ランス・ヘンリクセン)


  • カーター・バーク(ポール・ライザー)


  • バスクエス(ジャネット・ゴールドスタイン)


  • ハドソン(ビル・パクストン)


  • ゴーマン(ウィリアム・ホープ)


  • アポーン(アル・マシューズ)


  • ドレイク(マーク・ロルストン)


  • フロスト(リッコ・ロス)


  • フェッロ(コレット・ヒラー)


  • スパンク(ダニエル・カッシュ)


  • ディートリック(シンシア・スコット)


  • クロウ(ティップ・ティッピング)


  • ウィズボスキー(トレヴァー・スティードマン)


  • ヴァン・リューエン(ポール・マクスウェル)



    概要


    化石宇宙船が発見され、ノストロモ号の惨劇発生から57年、惑星LV-426に入植していた開拓団が一斉に消息を絶った。ノストロモ号唯一の生存者リプリーは、救助に向った宇宙海兵隊のオブザーバーとしてあの惨劇の悪夢に立ち向かうべく同行する。無人化した開拓団コロニーで海兵隊が見た物は、奇妙に破壊された施設や標本として保存された寄生エイリアン、そして絶望的に追い詰められた開拓団の残した記録だった。強力な火器で重武装した海兵隊は、生存者と思われる反応を追って、惑星大気を製造する環境システムに突入するが、そこで異常繁殖した異星生物と遭遇し交戦するも、大きな損害を出してしまい、更には救助に向った惑星降下船も失ってしまう。交戦時の事故によって環境システムの暴走する中、新たに軌道上から降下船を待つために、開拓団コロニーに篭城する海兵隊は異星生物の猛攻を受け、更にはまたしても生物兵器転用を目論む「会社」側の意向により、追い詰められ、損害を増やして行く。逃亡の最中、リプリーはさらわれた少女救出に向い、その中で巨大な「エイリアン・クイーン」に遭遇する。



    寸評


    前作とは打って変わって、当時全盛を誇ったSFアクション映画の様相を呈している。重火器で武装し、訓練された海兵隊は、ノストロモ号クルーのようには簡単に殺されないが、それにもまして物量作戦を展開するエイリアン達に成す術も無く殺害されていってしまう。前作では本能のままに行動する非情な殺戮者の様に描かれたエイリアンだが、今作品では生んだ卵に銃を突き付けられ、エイリアン・クイーンが怯む等、知性的な一面を見せており、一部ではロバート・A・ハインラインの「宇宙の戦士」の影響を挙げる声もあるが、「凶暴なエイリアンv.s.獰猛な人類」の対比は、アクション映画の王道である。しかし前作で好評を博した「静と動」の対比も随所に見られ、ニュートがさらわれるシーンや、標本エイリアンが突然動くシーンは、判っていてもドキッとさせられる物がある。なお、前作では陰で暗躍する悪役として描かれていたアンドロイドだが、今回は一変して肯定的に扱われ、人間の良き友人として描かれている。これは前作が冷戦時代に最先端技術として扱われた原子力が人類を死滅させかねないという技術|テクノロジー否定論的な社会背景が�
    $"$j!"2作目である本作の時代では冷戦終結(核の恐怖の軽減)と情報処理技術の発達で新しい未来が予感されたいたという背景もあり、テクノロジー肯定論的な風潮も関係しているという解釈が映画評論筋から出ている。物語終盤の「人間も、やるね」というアンドロイドの台詞も、技術と人の良好な関係を予感させる物であろう。この「テクノロジーの否定論 / 肯定論」の変化の影響で1作目と2作目で大きくテクノロジーの扱いが転換した作品としては、他にターミネーター (映画)|ターミネーターシリーズが挙げられる。



    関連項目



  • 「エイリアン (映画シリーズ)|エイリアン」(1979年) リドリー・スコット監督


  • 「エイリアン3」(1992年) デヴィッド・フィンチャー監督


  • 「エイリアン4」(1997年) ジャン=ピエール・ジュネ監督


  • 「エイリアンVSプレデター」(2004年)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。