2005年10月31日

映画[となりのトトロ]

映画の缶詰となりのトトロ



となりのトトロ』は、スタジオジブリと徳間書店のアニメ映画作品である。高度経済成長によって失われる前に存在した日本の自然の美しさと、子供にしか見えない世界の不思議さと怖さを想像力豊かに描き、観客の郷愁を呼び起こして国民的な人気を得た。

1988年4月16日日本公開。観客動員数は約80万人。英語版でのタイトルは''My Neighbor Totoro''。封切り時の併映は『火垂るの墓』だった。ちなみに、この作品に登場した「草壁家」が、2005年開催の「愛・地球博」において再現され、瀬戸会場(海上の森)に建設された。大分県佐伯市宇目の轟地区に「ととろの里」がある。日本で劇場初公開されてからすでに15年以上経過しているのにもかかわらず、ビデオ・DVD化されていることや、イベント等で公開されてきたことなどから、いまだほぼ全ての世代に知られ、支持されている壮大な作品ともいえよう。



スタッフ


原作・脚本・監督は宮崎駿、作画は佐藤好春、美術監督は男鹿和雄、音楽は久石譲がそれぞれ担当した。



作品概要


昭和30年代の埼玉県所沢市東部の松郷地区(宮崎駿は所沢在住)を舞台にしたファンタジー。“もののけ”とよばれる不思議な生き物「トトロ」と、田舎へ引っ越してきた草壁一家のサツキ・メイ姉妹との交流を描く。「トトロ」の名前は「所沢のお化け」に由来している。劇中では、メイが「トロル」として描いた絵を「トトロ」だと答えている。なお、トトロの絵はスタジオジブリのシンボルマークとして使われている。*また、メイは4歳にしながらも松郷から七国山(現在の西武ドーム付近※実名は八国山)まで行こうとした。(自動車でも20分くらいはかかる距離。)



コピー


このヘンな生きものは、まだ日本にいるのです。たぶん。(糸井重里作)



声の出演



  • 草壁サツキ:日高のり子


  • 草壁メイ:坂本千夏


  • トトロ:高木均


  • 中トトロ


  • 小トトロ


  • ネコバス


  • ススワタリ


  • おとうさん:糸井重里


  • おかあさん:島本須美


  • おばあちゃん:北林谷栄


  • カンタ:雨笠利幸


  • カンタの母:丸山裕子


  • 学校の先生:鷲尾真知子



    主題歌



  • 『さんぽ』(歌:井上あずみ、作曲:久石譲、作詞:中川李枝子)


  • となりのトトロ』(歌:井上あずみ、作・編曲:久石譲、作詞:宮崎駿)



    関連項目



  • 映画作品一覧


  • アニメ作品一覧


  • アニメ


  • アニメーション


  • 映画














    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[ダンサー・イン・ザ・ダーク]

    映画の缶詰ダンサー・イン・ザ・ダーク





    ダンサー・イン・ザ・ダーク』(Dancer in the Dark)は、ラース・フォン・トリアー監督、ビョーク主演の、2000年制作のデンマークの映画。ドグマ95を満たす映画。2000年の第53回カンヌ映画祭では最高賞であるパルム・ドールを受賞した。ビョークは初主演にして女優賞を獲得した。その他にもかなり多数の受賞がある。カリスマ的な人気を誇るアイスランドの女性歌手ビョークを主役に据え、手持ち主体のカメラワークやジャンプカットの多用によるスピーディーな画面展開、主人公の空想のシーンを明るい色調のミュージカル仕立てにした新奇な構成などにより評論家から高い評価を得た。音楽もビョークが担当した。特に、トム・ヨーク(レディオヘッド)とデュエットとした主題歌『I've seen it all』は大変に高く評価された。重いリズムに乗せて、崇高な祈りの様なビョークの声と儚く寂しげなヨークの声が絡む同曲は、ロックの名曲と位置付けられた。



    ストーリー


    難病を抱えた息子の治療費をためるために、空想癖のある主人公は地道にお金を蓄えていたが、彼女は弱視のために、事件に巻き込まれることになる。



    評価


    その画面の独自性や暗いアン・ハッピーエンドにより、一般的な評価は大きく賛否が分かれた。しかし、否定的な見解の多くは、いわゆるハリウッド的なハッピーエンドではないことに対する嫌悪感や人間の描き方が暗いといった多分に感情的なもの、或いは自分の映画観に沿っているかいないかだけを基準としたものであり、この映画のに対する評価は、映画に対し何を求めているか、映画をどのように観ているかの試金石と言い得るかもしれない。



    スタッフ



  • 監督、脚本:L・トリアー


  • 製作:ペーター・オールベック・ヤンセン 


  • 音楽:ビョーク



    出演者



  • ビョーク


  • デヴィッド・モース


  • ピーター・ストーメア


  • カトリーヌ・ドヌーヴ


  • ウド・キア


  • ステラン・スカルスガルド






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月30日

    映画[のび太の恐竜]

    映画の缶詰のび太の恐竜



    のび太の恐竜』(のびたのきょうりゅう)は

    ・ 藤子・F・不二雄のSF漫画『ドラえもん』中のエピソードのひとつ。小説『野生のエルザ』をモチーフとしたものとされる。1975年、「増刊少年サンデー」に掲載された。てんとう虫コミックス10巻に収録。

    ・ 1980年に公開された「大長編ドラえもんシリーズ」の映画。本来短編作品である前述の「のび太の恐竜」に後日談を付け加え、1本の長編物語としたもの。本項にて後述する。

    ・2006年に『のび太の恐竜2006』(仮名)としてリメイクされる予定。-----のび太の恐竜(のびたのきょうりゅう)は、1980年3月15日に公開された「大長編ドラえもん」シリーズの映画第一作。監督は福富博。配給収入15億6000万円、観客動員数320万人。併映作品は『モスラ対ゴジラ』(1964年公開作品のリバイバル上映。)。1994年にはミュージカル化して上演され、その後も香港やマレーシアで上演された。2006年に『のび太の恐竜2006』(仮名)としてリメイクされる予定。なお、1980年公開時に併映の?モスラ対ゴジラ?のポスターイラストは藤子Fと同業で交流も深い松本零士が描いていた。



    舞台



  • 1億年前の白亜紀の世界



    ゲストキャラ



  • ピー助 (声優:よこざわけい子|横沢啓子)

    :のび太が孵化させて育て上げたフタバスズキリュウ。のび太に育てられたため、のび太を実の親のように慕っている。


  • 恐竜ハンター (声優:加藤精三)

    :恐竜を捕らえて売ろうとする未来世界の密猟者。


  • ドルマンスタイン (声優:島宇志夫)

    :24世紀世界の大富豪。「人間に慣れた珍しい恐竜」であるピー助を手に入れるために恐竜ハンターを雇う。



    物語のあらすじ


    のび太は首長竜の卵の化石を発掘し、それをドラえもんの道具で復元して孵化させる。のび太は孵化した首長竜の子供をピー助と名づけて育てるが、やがてピー助の本当の幸せを願い、タイムマシンで白亜紀の世界へ帰す。(ここまでが短編作品のあらすじ)しかしその後、ピー助を本来の棲息地である日本近海ではなく、アメリカに置いてしまったことが判明。ドラえもんたちはタイムマシンで再びピー助のもとへ行くが、タイムマシンが壊れてしまった。さらに未来から来た恐竜ハンターがピー助を狙う。ピー助を元の住処へ戻すべく、白亜紀を舞台にドラえもんたちの冒険が始まる。



    のび太の恐竜2006


    のび太の恐竜2006(のびたのきょうりゅう2006)は、2006年3月に公開予定の「大長編ドラえもん」シリーズの最新映画作品である。ストーリーはのび太の恐竜」とほぼ同じ。また、新レギュラー声優陣による最初の映画作品でもある。配給は東宝。原作は藤子・F・不二雄。総監督は楠葉宏三、監督は渡辺歩。



    主題歌



  • 1980年版 - 「ポケットの中に」(作詞:武田鉄矢/作曲:菊池俊輔/唄:大山のぶ代)


  • 2006年版 - 未 定



    関連項目



  • ドラえもん映画作品


  • アニメ映画



    外部リンク



  • dora-movie.com






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[ピンク・パンサー]

    映画の缶詰ピンク・パンサー



    ピンク・パンサー (''The Pink Panther'')は1964年4月11日にアメリカ合衆国|アメリカで公開された映画。

    『ピンクの豹』と言う異名を持つダイヤモンド|ピンクダイヤを巡るドタバタを描いたコメディ。当初、宝石泥棒ファントムを主人公とするお洒落な映画として制作されたが、ピーター・セラーズ演じるクルーゾー警部が主役を食うほどの演技を見せたため、後にクルーゾー警部を主役にシリーズ化された。セラーズが役の固定化を嫌ったため、一時期シリーズが途絶えたが、1974年に再開。セラーズの死後までシリーズが続くことになる。オープニングのアニメーションに登場するピンクパンサーのキャラクターが人気を博したため、1964年から1980年にかけて、映画とは独立したアニメーション作品が制作され、テレビ放映された。




    [シリーズ作品]



  • ピンクの豹(''The Pink Panther'' 1964年)


  • 暗闇でドッキリ(''A Shot In The Dark'' 1964年)


  • ピンク・パンサー2(''The Return Of The Pink Panther'' 1974年)


  • ピンク・パンサー3(''The Pink Panther Strikes Again'' 1976年)


  • ピンク・パンサー4(''Revenge Of The Pink Panther'' 1978年)


  • ピンク・パンサーX(''Trail of the Pink Panther '' 1982年) - セラーズの死後に作られた総集編。セラーズは回想シーンに登場している。


  • ピンク・パンサー5 クルーゾーは二度死ぬ(''Curse Of The Pink Panther'' 1983年)- 『ピンク・パンサー』の名を冠してはいるが、過去のシリーズとは独立した作品。ロジャー・ムーアが整形したクルーゾー役で特別出演


  • ピンク・パンサーの息子(''Son Of The Pink Panther'' 1993年)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月29日

    映画[ショーシャンクの空に]

    映画の缶詰ショーシャンクの空に



    ショーシャンクの空に(''The Shawshank Redemption'')はスティーヴン・キング原作の「刑務所のリタ・ヘイワース」を1994年に映画化したもの。アカデミー賞7部門にノミネートされるも、同じくこの年に公開された映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」に全て持っていかれた無冠の名作である。



    あらすじ


    銀行家のアンディは、妻と妻の愛人を殺害した罪で、終身刑で投獄されてしまう。最初は誰とも打ち解けることができなかったが、しばらくして、ある目的のため調達屋のレッドと口を交わすようになる。。。。。



    スタッフ



  • 監督:フランク・ダラボン


  • 原作:スティーヴン・キング


  • 脚本:フランク・ダラボン


  • 音楽:トーマス・ニューマン



    出演



  • ティム・ロビンス


  • モーガン・フリーマン


  • ウィリアム・サドラー


  • ボブ・ガントン


  • ジェームズ・ホイットモア






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[ルパン三世 カリオスト�m$N>k]

    映画の缶詰ルパン三世 カリオストロの城





    ルパン三世 カリオストロの城


    ルパン三世 カリオストロの城』は、漫画家モンキー・パンチ原作の人気アニメ『ルパン三世』の劇場映画第二作である。宮崎駿が初めて監督を務めた劇場映画としても知られている。





    作品の概要


    本作品は、興行収入10億円の成功を収めた前作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』に続く作品として製作された。1979年の半ばから製作が開始されて、同年12月15日に封切られた。この作品は、モンキー・パンチによる漫画作品『ルパン三世』の作品世界、登場人物で、登場人物の名前をモーリス・ルブランの『怪盗アルセーヌ・リュパン|アルセーヌ・ルパン』シリーズから拝借しつつ、宮崎駿独自の作品世界に見事に換骨奪胎した作品であるといえる。そのため原作ファンの一部からは激しい批判も出た。この問題については、宮崎駿はルパン三世 (TV第1シリーズ)(通称:旧ルパン三世)後半の共同演出者で既に本作と基調が同一のエピソードを発表していたこと、ルパン三世 (TV第2シリーズ)(通称:新ルパン三世)の制作方針は宮崎が演出した旧ルパン後半の方向性だったこと(旧ルパン再放送の高視聴率が新ルパン制作の原動力だった)、現在も続く年に一回のスペシャルが放映開始されるようになったのも新ルパン再放送の高視聴率によるものだったことを忘れてはならない。「原作と異なる」と�
    $$$&2A$O$J$+$J$+NI$$$H8@$($k!#%9%H!<%j!<$N867?$O!"5\:j=Y$K$h$l$P!"85AD%k%Q%s%7%j!<%:$N0lOC!XNP$NL\$NNa>n!Y$H!"9u4dN^9a$N86:n$r9>8M@nMpJb$,K]0F$7$?!XM)NnEc!Y$,Bg85$K$J$C$F$$$k$H$$$&!#A0@kEA$H$7$FA0G/$K8x3+$5$l$?7`>lHGBh0l:n!X%k%Q%s;0@$ ルパンVS複製人間』をテレビ放送したのが裏目に出て、興業成績としては成果をあげられなかった。これは公開当時は映画館へアニメーション映画を見に行くのはアニメファンだけであったことと、その当時は『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』などサイエンス・フィクション|SFアニメ全盛時代であったため、アニメファンがヨーロッパの小国を舞台とした古典的冒険活劇を期待していなかったぁ
    3$H$K$h$k!#6=6H$,IT?6$@$C$?$b$&0l$D$NMW0x$H$7$F$O!"@kEAJ}?K$G%!
    ?!<%2%C%
    H$,DcG/Np8~$1$K$J$C$?$3$H$,9M$($i$l$k!#%R%C%H$7$?A0:n!X%k%Q%sVS複製人間』はポスターや本編にヌードが登場するなどアダルト層を意識した宣伝方針だった。東宝宣伝部は007シリーズを意識したと語っている。ところが予想に反して、観客層が子ども中心だったため、本作では最初から子ども向けの宣伝方針とする軌道修正が図られた。劇場でしか見られないアダルトな雰囲気の『ルパン三世』に惹かれて、ファンは劇場に足を運んだのにも関わらずである。ターゲット層の違いは、『ルパンVS複製人間』の伴映作がアガサ・クリスティ原作の洋画『ナイル殺人事件』だったのに対して、本作の場合は香港のコメディー映画『Mr.Boo ギャンブル大将』だったことにも表れている。当初は鈴木清順らルパン三世 (TV第2シリーズ)の脚本家チームが執筆した脚本を元に監督するよう大塚康生に依頼があったが、気乗りしない大塚はこれを『未来少年コナン』で組んだばかりの宮崎駿に話を振り、これが宮崎駿にとっては初の映画監督になった。もともと大塚はルパン三世 (TV第1シリーズ)のキャラクターデザインと作画監督であぁ
    j!"5\:j$O8eH>$N:nIJ$N1i=P$r9bH*7.$H6&$KC4Ev$7$F$$$?!#$=$N$?$a$+!"7`Cf$N%k%Q%s;0@$$,Ce$F$$$k%8%c%1%C%H$N?'$,!"TV第1シリーズと同じ緑色となっている。

    そのせいかどうかはわからないが、前作『ルパンVS複製人間』のルパンのジャケットが赤だったことから、今作のルパンは「マモーによって作られたコピールパンのひとりが起こした外伝である」と意見をする人もいる。(ルパンVS複製人間でマモーは赤ルパンが?オリジナル?であることを言及している)



    スタッフ


    *原作:モンキー・パンチ


  • 監督:宮崎駿


  • 製作:藤岡豊


  • 脚本:宮崎駿 山崎晴哉


  • 音楽:大野雄二


  • プロデューサー:片山哲生


  • 作画監督:大塚康生


  • 製作担当:斎藤壽男


  • 製作進行:吉田力雄 棚内一彦 岩田幹宏


  • 製作協力:テレコム・アニメーションフィルム


  • 連載誌:週刊Weekly漫画アクション・パワァ・コミックス(双葉社刊)


  • 配給:東宝


  • 製作:東京ムービー新社



    声の出演



  • ルパン三世:山田康雄


  • 次元大介:小林清志


  • 峰不二子:増山江威子


  • 石川五ェ門:井上真樹夫


  • 銭形警部:納谷悟朗


  • クラリス(クラリス・ド・カリオストロ):島本須美


  • ラザール・ド・カリオストロ(カリオストロ伯爵):石田太郎


  • ジョドー:永井一郎


  • グスタフ:常泉忠通


  • 庭師の老人:宮内幸平


  • 大司教:梓欽造


  • 埼玉県警機動隊隊長:松岡重治


  • 食堂のウェイトレス:山岡葉子


  • 国際警察長官:平林尚三


  • 日本代表:野島昭生


  • イギリス代表:阪脩


  • ドイツ代表:寺島幹夫


  • ソ連代表:鎗田順吉



    あらすじ


    世界的な怪盗ルパン三世と相棒の次元大介は、モナコの国営カジノの大金庫から売り上げ金を盗み出すことにまんまと成功。追っ手をかわして車で逃走していた。車内で札束に埋もれた二人は浮かれていたが、ふと盗んだ札束に目を落としたルパンはあることに気づく。その札束は精巧に作られた偽札であった。それに気づいたルパンと次元は、札束を惜しげもなく道路に撒き散らす。ルパン家の家訓で、贋物に手を出してはならないのだ。偽札はその名をゴート札といい、ヨーロッパにある小国、カリオストロ公国に絡んだものであった。ルパンは次の仕事として、ゴート札の秘密を暴くことを選ぶ。二人は身元を偽って一見のどかな小国カリオストロ公国に入国するが、路上で純白のウェディングドレスを身につけた少女が悪漢に追われているのに行き会い、少女を助けようとするが失敗する。少女はカリオストロ公国大公家の継承者、クラリス・ド・カリオストロ(クラリス姫)であった。現在の公国は大公の急逝に伴い、ラザール・ド・カリオストロ伯爵を摂政としてたてており、大公位は空位となっていた。カリオストロ公国の実質的な統治者となっている伯爵はクラリスを妻として迎�
    $($k$3$H$GBg8x0L$rF@$F!"8x9q$rL>k$G$"$k%+%j%*%9%H%m>k$KJD$89~$a$i$l$F$7$^$&!#%k%Q%s$OH`=w$r5_=P$9$k$?$a!"8^%'Lg$r8F$S4s$;$k$,!"%k%Q%s$,Gl<_$N85$XAw$C$?M=9p>u$N$3$H$rJ9$-$D$1$?A,7A7YIt$b!"7Y41Bb!J$J$<$+:k6L8)7Y;!$N5!F0Bb!K$r0z$-O"$l$F$d$C$F$/$k!#$9$G$K>$;H$$$H$7$F>kFb$K@xF~$7$F$$$?ITFs;R$b4^$a$F!"%k%Q%s%U%!%_%j!<$,A40w=89g!#%+%j%*%9%H%m>k$rIqBf$K!"%/%i%j%9I1$N5_=P$H%4!<%H;%$NFf$r$a$0$C$FBg:.@o$,E83+$5$l$k!&!&!&!#



    本作品の魅力


    本作品は『ゼンダ城の虜』をはじめとする多くの古典的冒険活劇を下敷きにした、捕らわれの姫君を救出するオーソドックスな騎士物語であり、同時に独特の重力感を伴う躍動アクションや建築物の崩壊、車、メカ、武器、水の透明感、モブシーンなど、建物の構造を利用して垂直方向への移動とドラマの進行を重ね合わせた演出など宮崎監督の持ち味を十分に生かした作品である。本作品はアニメーション映画は子供向けという先入観念を完全に払拭し、子供から大人まで楽しめるオールラウンドな作品と言えるだろう。


    また、登場人物の性格描写も宮崎監督の解釈の下で肉付けされている。


    作中に登場するヒロインのクラリス姫は宮崎駿の作品に登場するヒロインの典型例とされる。清楚でいじらしいが、主人公による救出を待つ受動的なヒロインではなく、自ら積極的に行動する気丈さと勇気を持ち合わせる。クラリス姫を島本須美が演じており、彼女は宮崎駿の次回作風の谷のナウシカ|ナウシカでもヒロインのナウシカを演じている。劇中に登場する車や銃器類はほとんどが実在のものであり、宮崎駿や大塚康夫の趣味が生かされている。日本の作品としてはほとんど唯一といってよいほど、支配階級であるカリオストロ伯爵のヨーロッパ貴族としての生活ぶりや振る舞いが本物らしくリアルに描かれている。公開当時は「中年の心理をよくぞ描いた」等の話題も呼んだ。ラストシーンでの、クラリスへの銭形警部の一言「いや、奴はとんでもないものを盗んでいきました。・・・・それはあなたの心です。」は、ルパン三世シリーズでも名台詞として語られている。



    登場するメカ(!
    B




  • 素人が撃つと肩の骨が砕けるというソビエト連邦|旧ソ連製対戦車ライフルシモノフPTRS1941


  • ターボつきフィアット 500


  • シトロエン 2CV


  • カリオストロ伯爵の乗るオートジャイロ



    参考資料



  • 山崎晴哉『ルパン三世 カリオストロの城』(初期シナリオに基づく小説版) ISBN 4086105101


  • アニメック編集部編『カリオストロの城大事典』レポート


  • 『ルパン三世カリオストロの城』(ムック型資料集) ISBN 4575471690

    ISBN 4575460079 の再刊


  • 『劇場用アニメーション映画・ルパン三世カリオストロの城』(絵コンテ&資料集) ISBN 4198616663

    ISBN 4575492566の増補二色刷版。



    関連項目



  • アニメ作品一覧


  • アニメ製作関係者一覧






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月28日

    映画[アポロンの地獄]

    映画の缶詰アポロンの地獄



    アポロンの地獄』(アポロンのじごく)はピエル・パオロ・パゾリーニ|パゾリーニの監督・脚本による1967年製作のイタリア映画。原題 は『オイディプス王 Edipo Re』。ソポクレスによる同名の悲劇『オイディプス王』を原作としている。冒頭と終幕を除いて、オイディプス王の物語が映画化されているが、その特徴は「奇跡の丘」で提示された、厳しい自然主義である。ソポクレス作品が王となったオイディプスを時の中心とし、災禍が下ったテーバイでアポロンの神託により国から除かねばならないとされた災いの原因をもとめるオイディプスに対して、次々となされる証言や告白によって、誰も知らなかった過去の真実が次第に暴かれて行く形をとるのに対し、映画では全場面が過去から未来へ、時間に従って展開される。






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[ディア・ハンター]

    映画の缶詰ディア・ハンター



    ディア・ハンター』(''The Deer Hunter'')は、1978年のアメリカ映画。ピッツバーグ郊外のロシア系移民の平凡な町にベトナム戦争の影がやってきた。鹿狩り仲間たちは戦場に赴き、今度は人間を殺すことになる。凄惨なベトナム戦争で、あるものは戦死し、あるものは廃人となってしまう。ロバート・デニーロ、クリストファー・ウォーケンたちの演じる、アメリカベトナム兵の姿は実に悲劇である。この映画を見たジャン・スクラグズがワシントンモールにベトナム戦没者記念碑建設運動を起こしたことは有名である。中華系アメリカ人のマヤ・リンによる黒いV型の記念碑は1986年に完成した。



    キャスト



  • ロバート・デニーロ


  • クリストファー・ウォーケン


  • ジョン・サベージ


  • メリル・ストリープ








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月27日

    映画[バグズ・ライフ]

    映画の缶詰バグズ・ライフ



    バグズ・ライフ(''A Bug's Life'')は1998年のアメリカ合衆国|アメリカのアニメーション映画。製作はウォルト・ディズニー・カンパニー|ディズニー&ピクサー。ピクサーの長編アニメーション作品としては「トイ・ストーリー」に続く第2作目である。



    スタッフ



  • 監督:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン


  • 原案:ジョン・ラセター


  • 音楽:ランディ・ニューマン



    声の出演



  • デイブ・フォーリー


  • ケビン・スペイシー


  • ジュリア・ルイス=ドレイファス


  • ヘイデン・パネッティーア



    あらすじ









    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[深夜の告白]

    映画の缶詰深夜の告白



    深夜の告白(原題 Double Indemnity )は、ビリー・ワイルダー監督のアメリカ映画(1944年パラマウント映画|パラマウント社作品。モノクロ)。日本では1953年に公開された。フィルム・ノワールの古典として現在でも高く評価される。不倫による保険金殺人を取り上げた倒叙型サスペンスの先駆であり、その後の多くの映画・テレビドラマに影響を与えた。原作であるジェームズ・ケインの小説『倍額保険』(1936)は、1928年に実際に起きた保険金殺人事件「ルース・スナイダー事件」に触発されたものといわれる。



    あらすじ


    深夜、車を蛇行させつつ保険会社のビルに乗り付けた男。彼はよろめきながら無人のオフィスにたどり着き、ディクタフォン(事務用録音機)をセットして、自らの罪の告白を始めた……ロサンジェルスの保険会社の敏腕外交員であるウォルター・ネフ(フレッド・マクマレイ)は、顧客の実業家ディートリクスンの自宅で、美貌の後妻フィリス(バーバラ・スタンウィック)に出逢った。フィリスに誘惑されたネフは彼女と不倫の関係に陥り、結果、倍額保険金目的のディートリクスン殺しに荷担してしまう。


    周到に仕組まれた殺人は、単なる鉄道事故と見られ、完全に成功したと思われた。が、ネフの同僚である保険調査員バートン・キーズ(エドワード・G・ロビンソン)はこれに疑問を抱き、フィリスの身辺調査に乗り出した。


    保険金も得られないままに追い詰められたネフとフィリスは、相互不信に陥った。そしてフィリスの恐るべき正体が、徐々に明らかとなって行く…。



    作品の成立事情


    脚本家出身のビリー・ワイルダーによる監督第3作で、彼と作家レイモンド・チャンドラーとの共同脚本である。ワイルダーは、1943年に北アフリカでの戦車戦を題材にしたサスペンス映画『熱砂の秘密』(フランショット・トーン、アン・バクスター、エリッヒ・フォン・シュトロハイムらが出演)を製作してヒットさせ、次の作品の想を練っていた。


    ジェームズ・ケインの小説『倍額保険』を読んで気に入ったワイルダーは、長くコンビを組んできた脚本家チャールズ・ブラケットに「これを映画化したい」と差し出した。が、「こんな糞な話など、扱えるものか!」とスクリューボール・コメディの優れた書き手だが、根は旧式なモラリストのブラケットは、この当時としては極めてインモラルな小説の脚本化をにべもなく拒否した。そこで映画会社と契約を結んだばかりのチャンドラーが、ワイルダーと組むことになった。しかし、初老で気難しく、映画脚本は初挑戦のチャンドラーと、まだ三十代で洒脱な性格、脚本家としては既に一流だったワイルダーは、およそ正反対のタイプで非常に折り合いが悪く、執筆は難航したという。ちなみにチャンドラーは、ジェームズ・ケインが大嫌いだった。ともあれ、この映画にはチャンドラー得意の鮮やかな修辞と、ワイルダー流の辛辣な人物造形(および、隠し味のユーモア)が随所に見られる。


    そのストーリーは、フィルム・ノワールの体現と言っても良く、破滅に直面する主人公の回想によって物語を描く、というスタイルは、フィルム・ノワールの基本手法の一つとさえなった。ワイルダー演出、ジョン・サイツ撮影による、重苦しく不安を誘う映像には、フィルム・ノワールの典型として、ドイツ表現主義の影響が如実に見られる。夜間撮影のシーンは本作の白眉である。


    抑制されながらも不安に満ちた伴奏音楽は、ミクロス・ローザによるもので、後のサスペンス映画音楽の範となった。



    出演俳優たち


    フィリスというキャラクターは、それまでのハリウッド映画では倫理的に許されないほどの異常な悪女であった。従来、明るい美人の役柄を得意としてきたバーバラ・スタンウィックは、自ら選んだ金髪のかつらを被り、フィリス役に挑んだ。その「冷酷な熱演」への評価は高く、アカデミー賞|アカデミー主演女優賞にもノミネートされたが、受賞は逸した。


    夫の殺害に際しても何ら動じず、むしろ笑みさえ浮かべるフィリスの非情さは、観客に強烈な印象を与え、ファム・ファタール(運命の女)と言われる危険な女性像のクラシックになっている。原作では「ウォルター・ネス」だった主人公は、ロサンジェルスに当時、偶然にも同姓同名の保険外交員が実在したことからトラブルを慮って「ネフ」に改名された。


    この、悪女の誘惑に屈し、破滅する役柄のオファーに、応じる俳優はいなかった。スターとしてのイメージダウンを怖れたのである。


    ワイルダーは、もっぱら凡庸なコメディ映画の主役専門だった二枚目フレッド・マクマレイを強引に口説き落とし、ネフ役に据えた。マクマレイにとっては初のシリアスな主演映画となり、彼の新境地を開くことになった。行動的な調査員・キーズを演じたエドワード・G・ロビンソンは、ギャング役で鳴らした大スターとして知られるが、知識人・労働者、善人・悪人の何れもこなせる万能型の性格俳優であった。短躯でダミ声の強面である彼は、本作では葉巻片手に圧倒的な早口で喋りまくり、ユーモアをも交えた演技で、この重苦しい作品の息抜き役ともなっている。



    評価


    公開時は「倫理的に許し難い映画」という保守派の批判もあったが、戦時中の不安な世相の中で、観客の嗜好に合致したこともあり、大好評を博した。


    ある種の「掟破り」ともいえ、以後『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(監督テイ・ガーネット。1945)など、当時としてはインモラルなテーマの映画をハリウッドに輩出するきっかけともなった。


    1946年にはフランスで公開され、早くから「フィルム・ノワール」の代表例として認識されることになった。


    戦後、洋の東西を問わず、「不倫が動機の保険金殺人」という題材は、多くのミステリー・映画・テレビドラマに用いられたが、その源流は『深夜の告白』にある、と言っても過言ではない。ウディ・アレンは、この作品を「史上最高の映画」と評し、賞賛している。








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月26日

    映画[銀河鉄道の夜]

    映画の缶詰銀河鉄道の夜





    銀河鉄道の夜』(ぎんがてつどうのよる)は、日本の作家・詩人である宮沢賢治の童話作品。1927年ごろから執筆が開始され、1933年の賢治の死の直前まで推敲がくりかえされた。原稿は未定稿のまま死後に発見された。


    これまで数度にわたって映画化、アニメーション化されている。





    あらすじ
    祭りの夜、ジョバンニは一人寂しく涙を流すと天空の星がぼやけていき、気がつくと銀河鉄道に乗っていた。旅は幻想的であり悲しくもあり、出会いや別れがある。終盤で、ジョバンニは、唯一の親友といえるカンパネルラと出会うのだが、夢から覚めて祭りの会場にいくと川岸は大騒ぎであった。級友のザネリを助けようと川に入って行方不明となったカンパネルラの捜索が行われていたのだった。

    (天沢退二郎らによって確定された筑摩書房版全集のテクストによるあらすじ) 





    登場人物



  • ジョバンニ(主人公)

    :男子学生。年齢不詳。家庭は貧しく、病気の母が寝込んでいるので、早朝には新聞配達、学校が終わってからは活版所でアルバイトをしている。ジョバンニには姉がいて、料理を作ったりするようだが年齢などは不詳である。ジョバンニの父はながいこと家に帰ってきていないようだ。父の職業は漁師のようだが、らっこ密猟により投獄されているとの噂がたっており、近所の子供たちはそのことをでジョバンニをいじめており、ジョバンニには友達がいない。* カンパネルラ

    :ジョバンニと同じ学校の男子学生。年齢不詳。父は、ジョバンニの父と小さい頃から親友である。そのため、ジョバンニには悪口は言わない。ジョバンニとともに銀河鉄道に乗り込み、ずっと一緒だと誓う。しかし、その後カンパネルラは突然ジョバンニの前から姿を消す。* ザネリ

    :ジョバンニと同じ学校の生徒。ジョバンニの父がらっこ密猟により投獄されているという噂を流している張本人で、ジョバンニに対して悪口をよく言う。



    映像化作品


    銀河鉄道の夜』(1985年制作。劇場用アニメ映画)


  • 監督: 杉井ギサブロー


  • 原案: ますむらひろし


  • 脚本: 別役実


  • 音楽: 細野晴臣


  • 出演: 田中真弓、坂本千夏、納谷悟朗、一城みゆ希、常田富士男ほか

    独特の淡く美しい色彩、幻想的であり儚い世界観は、評価が高い。そして、主要登場人物を人間ではなく猫として描いた奇抜な設定が目を引く。原作者・賢治の弟は、これに反発した。また、この映画を観て「原作でも登場キャラは猫なのだろう」と勘違いする人が、少なからず存在する。小谷野敦(比較文学者)も、この様な影響を及ぼした事は好ましくないとして批判している。



    関連事項



  • 銀河鉄道999(松本零士)


  • 釜石線(銀河ドリームライン釜石線)


  • いわて銀河鉄道線



    外部リンク



  • 銀河鉄道の夜 (青空文庫)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[スターシップ・トゥルーパーズ2]

    映画の缶詰スターシップ・トゥルーパーズ2



    スターシップ・トゥルーパーズ2』(''STARSHIP TROOPERS 2: HERO OF THE FEDERATION'')は2003年のアメリカ映画。日本では2004年に公開された。1997年のアメリカ映画『スターシップ・トゥルーパーズ』の続編で、宇宙戦争を描くSF映画である。。大作だった前作とは違い低予算で製作された。日本でのみ劇場公開。アメリカなどでは劇場で公開せずにDVDで発売されている。原作はロバート・A・ハインラインの「宇宙の戦士」だがつながりはない。監督は前作の特殊効果担当のフィル・ティペットで、この作品が彼の監督デビュー作となった。ストーリーは昆虫型宇宙人|エイリアンと戦闘中の歩兵中隊が避難した基地に寄生型のエイリアンが侵入したという低予算でも描ける古典的な内容。



    キャスト



  • リチャード・バージ


  • コリーン・ポーチ


  • エド・クイン


  • ドリュー・パウエル


  • エド・ローター








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月25日

    映画[薔薇の名前]

    映画の缶詰薔薇の名前





    薔薇の名前 (ばらのなまえ, ''Il nome della rosa'') はウンベルト・エーコが1980年に発表した小説。1327年、教皇ヨハネス22世_(ローマ教皇)|ヨハネス22世時代の北イタリアのカトリック修道院を舞台に起きる怪事件の謎をフランシスコ会修道士バスカヴィルのウィリアムと若きベネディクト会修道士メルクのアドソが解き明かしていく。



    概要





    [構成とあらすじ]


    物語は、もともとラテン語で書かれ、フランス語に訳されたメルクのアドソの手記を「私」が手にし、その真偽を疑いながらも内容を明らかにし、イタリア語で出版したという形式をとっている。舞台はアヴィニョン教皇庁の時代、フリードリヒ美王の特使としてバスカヴィルのウィリアム修道士が北イタリアの某所にあるベネディクト会修道院を訪れる。ウィリアムはかつて異端審問官としてそのバランスのとれた判断が高く評価されていた。物語の語り手である若き修道士メルクのアドソは、見聞を広めてほしいという父親の意向によってこのウィリアムと共に旅をしている。ウィリアムの本来の目的は同修道院で教皇の使節と対談し、皇帝と教皇の和解の方法を模索することであった。ところがその修道院において使節の到着を待たずに奇怪な事件が次々と起こる。二人は文書館に秘密が隠されていることを察知し、これを探ろうとするがさまざまな妨害が行われる。修道院内で死者が相次ぎ、老修道士がこれは黙示録の成就であると指摘すると、修道士たちは終末の予感におののく。やがて教皇側が使節が到着するが、会談は決裂。ウィリアムは事件の秘密解明に全力を注ぐことを決意す�
    $k$,;v7o$O>W7bE*$J7kKv$r7^$($k$3$H$K$J$k!&!&!&!&!#


    [物語の背景]


    物語は7日間にわたって進行し、章として聖務日課(教会の祈り)の時課が用いられている。主人公アドソとその師ウィリアムの関係は、あくまで探偵小説にあらわれる探偵とその助手(シャーロック・ホームズとジョン・H・ワトスン|ワトソン博士など)という定式のフォーマットを踏んでいる。また、ウィリアムの出身地がバスカヴィルであることから『バスカヴィル家の犬』を連想することで人物造形をホームズへのオマージュととることもできる。物語自体は殺人事件の真相を解明するというシンプルなものだが、その背景に失われたアリストテレスの『詩学』の第二部や、当時の神学論争や、フランシスコ会における清貧論争とそこから発生した異端論議、神聖ローマ皇帝とアヴィニョンに移った教皇の争い、当時のヨーロッパを覆っていた終末意識などが複雑にからみあい、実在した有名な異端審問官ベルナール・ド・ギーや同じく実在したフランシスコ会員カサーレのウベルティーノの登場などによって一般の読者の理解を困難にしている。また、聖書やキリスト教神学からのさまざまな形での引用が多いことも本書の理解を難しくしているが、逆にいえばそれぁ
    i$K$D$$$F$NCN<1$,A}$($l$PA}$($k$[$I$5$i$KLLGr$/FI$`$3$H$,$G$-$k$H$$$&$3$H$G$b$"$k!#$^$?K\=q$O%-%j%9%H65$NNr;K$H>P$$$N4X78$K$D$$$FLdBjDs5/$7$?=q$G$b$"$j!"$3$NK\$rP$$$K4X$9$kB?$/$N=q@R$,=PHG$5$l$?!#



    映画版『薔薇の名前


    1986年には、ショーン・コネリー主演により映画化された。監督はジャン=ジャック・アノー。そのほかの出演者は、F・マーリー・エイブラハム、クリスチャン・スレーター、ロン・パールマン等。






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[火垂るの墓]

    映画の缶詰火垂るの墓



    火垂るの墓』(ほたるのはか)とは野坂昭如の小説。1945年の神戸市|神戸・西宮市|西宮などを舞台に戦争前後の兄妹の姿を描いた。



    あらすじ


    太平洋戦争末期、4歳の節子とその兄である14歳の清太は空襲で母も家も失い、おばの家で暮らし始める。やがて働きもしない節子と清太をおばは毛嫌いしていく。そんな中、二人の兄妹は家を出ることを決心し、防空壕の中で2人きりで住み始めるが食料不足が続き節子は栄養失調で弱っていく。清太は、生きるために畑から野菜を盗んだりしてしまう。やがて日本が無条件降伏し戦争は終わった。清太は、父がいる海軍が負けたと聞きショックを受ける。清太は銀行から貯金を下ろして節子にスイカなどを食べさせるが結局、節子は死んでしまう。そして節子同様、栄養失調で弱った清太も駅で衰弱した戦災孤児たちと同様に死を待つだけだった。



    アニメ作品


    同名のアニメがスタジオジブリによって1988年4月16日に映画化された。監督・脚本は高畑勲。挿入歌としてアメリータ・ガル・クリチの「はにゅうの宿(原題:Home, Sweet Home)」が使われた。英語版タイトルは「The Grave of the Fireflies」。


    [スタッフ]



  • 脚本・監督:高畑勲


  • 作画監督・キャラデザイン:近藤喜文


  • 美術監督:山本二三


  • 音楽:間宮芳生


  • 制作:スタジオジブリ


    [主なキャスト]



  • 清太 - 辰巳努


  • 節子 - 白石綾乃


  • 清太・節子の母 - 志乃原良子


  • 清太・節子のおばさん - 山口朱美


    [コピー]


    4歳と14歳とで生きようと思った。



    作品論


    アニメ版は他の多くのジブリ作品と違い、直接な深刻さを多く含んでいる。兄妹の母が空襲にあい、血だらけで全身に包帯を巻かれ、瀕死の状態で寝かされている所に清太が対面している所、おばが二人を疎む場面など印象に残るシーンが多く、人の心までも変えてしまう戦争の現実を思い知らされる作りになっており、戦争とはなにかを強く問いかけていると言われる。その一方で別次元であり、一般的にはあまり知られていないのだが、実は否定論が存在する。それは兄妹が死んだ原因が、兄貴による馬鹿な選択(おばの家をでたこと)のせいで道連れのように本来死ぬことは無いはずの妹が死んだと主張するものである。なお、この作品は8月の終戦記念日近くの「金曜ロードショー」で割合放送される。恐らく、戦争はこう言う物だから、2度と起こしてはならないと言うメッセージを込めて放映されるのだろうと思われる。



    その他


    このアニメが劇場公開されたとき、いわゆる大人の事情で「となりのトトロ」との二本立ての上映であった。内容を知らず、トトロ→本作の順で見た観客は、楽しいアニメを子供と見ようと楽しみにしていたのに、母子を悲しみのそこに突き落とし、映画が終わって涙が止まらない者や、茫然自失で席から立ち上がれない者が続出し、苦情が多数寄せられた。

    あらかじめある程度内容を知っていた者は、本作→トトロと見て、このような事態にならなかった。そのせいか、興行自体は赤字であったが、トトロのぬいぐるみが予想もせず大ヒットをし、資金を回収した。当初、ジブリはぬいぐるみ化するのは考えてもいなかったのだが、販売側の強い説得により実現し、たなぼたを得た。大韓民国|韓国では2005年に劇場公開される予定だったが、原作小説が「極右主義小説」、話の筋が「兄と妹の悲劇を通じて日本を美化した」という批判を受け、公開が事実上無期限延期となった。



    賞歴



  • 日本カトリック映画大賞


  • ブルーリボン特別賞


  • 文化庁優秀映画


  • 国際児童青少年映画センター賞


  • 国際児童映画祭・最優秀アニメーション映画賞を受賞。同映画祭の子供の権利部門第1位に選出。


  • 第1回モスクワ児童青少年国際映画祭?グランプリを受賞。



    関連項目



  • 野坂昭如


  • 高畑勲


  • 太平洋戦争


  • B-29


  • 西宮市








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月24日

    映画[パッション (映画)]

    映画の缶詰パッション (映画)





    パッション (映画)


    『パッション』(原題:『''THE PASSION OF THE CHRIST''』:キリストの受難)は2004年2月25日にアメリカ合衆国で公開されたメル・ギブソン監督の映画。脚本が全編アラム語とラテン語で書かれた異色作としても話題になった。





    キャスト



  • ジェームズ・カヴィーゼル|ジム・カヴィーゼル(イエス・キリスト)


  • モニカ・ベルッチ(マグダラのマリア)


  • マヤ・モルゲンステルン


  • ロザリンダ・チェレンターノ



    反響


    ヨハネ・パウロ2世も試写を視聴し、周囲から「It is as it was(聖書に即している)」とコメントがあったと発表されたが直ちに打ち消された。これは後日判明したことであるが、教皇の秘書が「確かに教皇はそう言われたが、単なる個人的な感想をメディアがおおげさに取り上げ、その結果映画の宣伝に誇大に使われるような恐れがあっては困るので否定した」というのが真相である。

    凄惨な描写で視聴者の中でショック死者がでた。メル・ギブソンは「福音書に忠実な描写」としているが、「ユダヤ人が悪魔に挑発されてイエスの処刑を求めた」シーン等は福音書に基づくものではなく、ドイツ人修道女(福者)のアンネ・カテリーネ・エメリッヒ(1744年 - 1824年、日本ではアンナ・カタリナ・エンメリックとされることが多い)の著書『キリストの御受難を幻に見て』にしかないものであるとしてドイツ司教団などから「反ユダヤ主義に基づくもの」として批判されている。2003年12月に公開が予定されていたが、批判やバッシングを恐れて公開が延期されていたという。公開後は反ユダヤ主義というレッテルに基づく批判は沈静化した。ただイエスの描写についても凄惨さについては賛否がある。ユダヤ人を悪く描いていると西側のメディアから叩かれた為か、キリスト教を認めないイスラム圏でも上映された。



    関連項目



  • キリストを描いた映画





    外部へのリンク
    *映画「パッション」のアラム語・ラテン語






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[深夜の告白]

    映画の缶詰深夜の告白



    深夜の告白(原題 Double Indemnity )は、ビリー・ワイルダー監督のアメリカ映画(1944年パラマウント映画|パラマウント社作品。モノクロ)。日本では1953年に公開された。フィルム・ノワールの古典として現在でも高く評価される。不倫による保険金殺人を取り上げた倒叙型サスペンスの先駆であり、その後の多くの映画・テレビドラマに影響を与えた。原作であるジェームズ・ケインの小説『倍額保険』(1936)は、1928年に実際に起きた保険金殺人事件「ルース・スナイダー事件」に触発されたものといわれる。



    あらすじ


    深夜、車を蛇行させつつ保険会社のビルに乗り付けた男。彼はよろめきながら無人のオフィスにたどり着き、ディクタフォン(事務用録音機)をセットして、自らの罪の告白を始めた……ロサンジェルスの保険会社の敏腕外交員であるウォルター・ネフ(フレッド・マクマレイ)は、顧客の実業家ディートリクスンの自宅で、美貌の後妻フィリス(バーバラ・スタンウィック)に出逢った。フィリスに誘惑されたネフは彼女と不倫の関係に陥り、結果、倍額保険金目的のディートリクスン殺しに荷担してしまう。


    周到に仕組まれた殺人は、単なる鉄道事故と見られ、完全に成功したと思われた。が、ネフの同僚である保険調査員バートン・キーズ(エドワード・G・ロビンソン)はこれに疑問を抱き、フィリスの身辺調査に乗り出した。


    保険金も得られないままに追い詰められたネフとフィリスは、相互不信に陥った。そしてフィリスの恐るべき正体が、徐々に明らかとなって行く…。



    作品の成立事情


    脚本家出身のビリー・ワイルダーによる監督第3作で、彼と作家レイモンド・チャンドラーとの共同脚本である。ワイルダーは、1943年に北アフリカでの戦車戦を題材にしたサスペンス映画『熱砂の秘密』(フランショット・トーン、アン・バクスター、エリッヒ・フォン・シュトロハイムらが出演)を製作してヒットさせ、次の作品の想を練っていた。


    ジェームズ・ケインの小説『倍額保険』を読んで気に入ったワイルダーは、長くコンビを組んできた脚本家チャールズ・ブラケットに「これを映画化したい」と差し出した。が、「こんな糞な話など、扱えるものか!」とスクリューボール・コメディの優れた書き手だが、根は旧式なモラリストのブラケットは、この当時としては極めてインモラルな小説の脚本化をにべもなく拒否した。そこで映画会社と契約を結んだばかりのチャンドラーが、ワイルダーと組むことになった。しかし、初老で気難しく、映画脚本は初挑戦のチャンドラーと、まだ三十代で洒脱な性格、脚本家としては既に一流だったワイルダーは、およそ正反対のタイプで非常に折り合いが悪く、執筆は難航したという。ちなみにチャンドラーは、ジェームズ・ケインが大嫌いだった。ともあれ、この映画にはチャンドラー得意の鮮やかな修辞と、ワイルダー流の辛辣な人物造形(および、隠し味のユーモア)が随所に見られる。


    そのストーリーは、フィルム・ノワールの体現と言っても良く、破滅に直面する主人公の回想によって物語を描く、というスタイルは、フィルム・ノワールの基本手法の一つとさえなった。ワイルダー演出、ジョン・サイツ撮影による、重苦しく不安を誘う映像には、フィルム・ノワールの典型として、ドイツ表現主義の影響が如実に見られる。夜間撮影のシーンは本作の白眉である。


    抑制されながらも不安に満ちた伴奏音楽は、ミクロス・ローザによるもので、後のサスペンス映画音楽の範となった。



    出演俳優たち


    フィリスというキャラクターは、それまでのハリウッド映画では倫理的に許されないほどの異常な悪女であった。従来、明るい美人の役柄を得意としてきたバーバラ・スタンウィックは、自ら選んだ金髪のかつらを被り、フィリス役に挑んだ。その「冷酷な熱演」への評価は高く、アカデミー賞|アカデミー主演女優賞にもノミネートされたが、受賞は逸した。


    夫の殺害に際しても何ら動じず、むしろ笑みさえ浮かべるフィリスの非情さは、観客に強烈な印象を与え、ファム・ファタール(運命の女)と言われる危険な女性像のクラシックになっている。原作では「ウォルター・ネス」だった主人公は、ロサンジェルスに当時、偶然にも同姓同名の保険外交員が実在したことからトラブルを慮って「ネフ」に改名された。


    この、悪女の誘惑に屈し、破滅する役柄のオファーに、応じる俳優はいなかった。スターとしてのイメージダウンを怖れたのである。


    ワイルダーは、もっぱら凡庸なコメディ映画の主役専門だった二枚目フレッド・マクマレイを強引に口説き落とし、ネフ役に据えた。マクマレイにとっては初のシリアスな主演映画となり、彼の新境地を開くことになった。行動的な調査員・キーズを演じたエドワード・G・ロビンソンは、ギャング役で鳴らした大スターとして知られるが、知識人・労働者、善人・悪人の何れもこなせる万能型の性格俳優であった。短躯でダミ声の強面である彼は、本作では葉巻片手に圧倒的な早口で喋りまくり、ユーモアをも交えた演技で、この重苦しい作品の息抜き役ともなっている。



    評価


    公開時は「倫理的に許し難い映画」という保守派の批判もあったが、戦時中の不安な世相の中で、観客の嗜好に合致したこともあり、大好評を博した。


    ある種の「掟破り」ともいえ、以後『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(監督テイ・ガーネット。1945)など、当時としてはインモラルなテーマの映画をハリウッドに輩出するきっかけともなった。


    1946年にはフランスで公開され、早くから「フィルム・ノワール」の代表例として認識されることになった。


    戦後、洋の東西を問わず、「不倫が動機の保険金殺人」という題材は、多くのミステリー・映画・テレビドラマに用いられたが、その源流は『深夜の告白』にある、と言っても過言ではない。ウディ・アレンは、この作品を「史上最高の映画」と評し、賞賛している。








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by movie-max at 03:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月23日

    映画[ファインディング・ニモ]

    映画の缶詰ファインディング・ニモ



    ファインディング・ニモ』(''Finding Nemo'')は、2003年のアメリカ合衆国|アメリカのアニメーション映画。製作はウォルト・ディズニー・カンパニー|ディズニー&ピクサーで、フル3DCGで描かれた。ピクサーの長編アニメーション作品としては第5作目になる。2003年12月6日日本公開。2003年のアカデミー賞ではアカデミー長編アニメ賞|長編アニメ賞を受賞した。また、2003年10月期から公開される12月期までファインディング・ニモの日本スタッフがラジオ・ニッポン放送の番組、知ってる?24時のサポーターとして、登場していた。なお、日本では「ファインディング」という単語になじみがないためか、「ファイティング」と間違われることが多い。





    あらすじ


    舞台はオーストラリア・グレートバリアリーフの海。クマノミ|カクレクマノミのマーリンは妻といっしょに卵の世話をしながら、2日後の子供たちの誕生を楽しみにしていた。ところが突然大きな魚に襲われ、幸せな日常に終止符が打たれる。気を失っていて助かったマーリンが意識を取り戻すと、妻と卵たちは姿を消していた。だが、たったひとつだけ卵が残されていた。残った息子・ニモをマーリンは過保護に育てる。ニモは片方のヒレが小さいのだ。あれこれと心配し過ぎるマーリンにニモはうんざりだ。はじめて学校に行った日、ニモはひとりで船に近づいてゆき、人間に捕らわれてしまう。ニモを取り戻すため、マーリンは南洋ハギのドリーといっしょに旅を始める。マーリンはニモを見つけることができるのか?

    父親と息子の心あたたまるストーリーである。また、ドリーの存在も楽しい。

    大人も楽しめる。



    スタッフ



  • 監督・原案:アンドリュー・スタントン


  • 製作総指揮:ジョン・ラセター


  • 音楽:トーマス・ニューマン



    声の出演



  • マーリン・・・アルバート・ブルックス(日本語吹替では木梨憲武)


  • ドリー・・・エレン・デジュネレス(日本語吹替では室井滋)


  • ニモ・・・アレクサンダー・グールド(日本語吹替では宮谷恵多)



    外部リンク



  • ピクサー「ファインディング・ニモ






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[エイリアン2]

    映画の缶詰エイリアン2



    エイリアン2(ALIENS)は、1986年にアメリカ映画で、「エイリアン (映画シリーズ)|エイリアン」シリーズの第2作。監督はジェームズ・キャメロン。1986年のアカデミー賞ではアカデミー視覚効果賞|視覚効果賞、音響効果編集賞を受賞。



    キャスト



  • エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)


  • ドウェイン・ヒックス(マイケル・ビーン)


  • レベッカ・ニュート・ジョーダン(キャリー・ヘン)


  • ビショップ(ランス・ヘンリクセン)


  • カーター・バーク(ポール・ライザー)


  • バスクエス(ジャネット・ゴールドスタイン)


  • ハドソン(ビル・パクストン)


  • ゴーマン(ウィリアム・ホープ)


  • アポーン(アル・マシューズ)


  • ドレイク(マーク・ロルストン)


  • フロスト(リッコ・ロス)


  • フェッロ(コレット・ヒラー)


  • スパンク(ダニエル・カッシュ)


  • ディートリック(シンシア・スコット)


  • クロウ(ティップ・ティッピング)


  • ウィズボスキー(トレヴァー・スティードマン)


  • ヴァン・リューエン(ポール・マクスウェル)



    概要


    化石宇宙船が発見され、ノストロモ号の惨劇発生から57年、惑星LV-426に入植していた開拓団が一斉に消息を絶った。ノストロモ号唯一の生存者リプリーは、救助に向った宇宙海兵隊のオブザーバーとしてあの惨劇の悪夢に立ち向かうべく同行する。無人化した開拓団コロニーで海兵隊が見た物は、奇妙に破壊された施設や標本として保存された寄生エイリアン、そして絶望的に追い詰められた開拓団の残した記録だった。強力な火器で重武装した海兵隊は、生存者と思われる反応を追って、惑星大気を製造する環境システムに突入するが、そこで異常繁殖した異星生物と遭遇し交戦するも、大きな損害を出してしまい、更には救助に向った惑星降下船も失ってしまう。交戦時の事故によって環境システムの暴走する中、新たに軌道上から降下船を待つために、開拓団コロニーに篭城する海兵隊は異星生物の猛攻を受け、更にはまたしても生物兵器転用を目論む「会社」側の意向により、追い詰められ、損害を増やして行く。逃亡の最中、リプリーはさらわれた少女救出に向い、その中で巨大な「エイリアン・クイーン」に遭遇する。



    寸評


    前作とは打って変わって、当時全盛を誇ったSFアクション映画の様相を呈している。重火器で武装し、訓練された海兵隊は、ノストロモ号クルーのようには簡単に殺されないが、それにもまして物量作戦を展開するエイリアン達に成す術も無く殺害されていってしまう。前作では本能のままに行動する非情な殺戮者の様に描かれたエイリアンだが、今作品では生んだ卵に銃を突き付けられ、エイリアン・クイーンが怯む等、知性的な一面を見せており、一部ではロバート・A・ハインラインの「宇宙の戦士」の影響を挙げる声もあるが、「凶暴なエイリアンv.s.獰猛な人類」の対比は、アクション映画の王道である。しかし前作で好評を博した「静と動」の対比も随所に見られ、ニュートがさらわれるシーンや、標本エイリアンが突然動くシーンは、判っていてもドキッとさせられる物がある。なお、前作では陰で暗躍する悪役として描かれていたアンドロイドだが、今回は一変して肯定的に扱われ、人間の良き友人として描かれている。これは前作が冷戦時代に最先端技術として扱われた原子力が人類を死滅させかねないという技術|テクノロジー否定論的な社会背景が�
    $"$j!"2作目である本作の時代では冷戦終結(核の恐怖の軽減)と情報処理技術の発達で新しい未来が予感されたいたという背景もあり、テクノロジー肯定論的な風潮も関係しているという解釈が映画評論筋から出ている。物語終盤の「人間も、やるね」というアンドロイドの台詞も、技術と人の良好な関係を予感させる物であろう。この「テクノロジーの否定論 / 肯定論」の変化の影響で1作目と2作目で大きくテクノロジーの扱いが転換した作品としては、他にターミネーター (映画)|ターミネーターシリーズが挙げられる。



    関連項目



  • 「エイリアン (映画シリーズ)|エイリアン」(1979年) リドリー・スコット監督


  • 「エイリアン3」(1992年) デヴィッド・フィンチャー監督


  • 「エイリアン4」(1997年) ジャン=ピエール・ジュネ監督


  • 「エイリアンVSプレデター」(2004年)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月22日

    映画[銀河鉄道の夜]

    映画の缶詰銀河鉄道の夜





    銀河鉄道の夜』(ぎんがてつどうのよる)は、日本の作家・詩人である宮沢賢治の童話作品。1927年ごろから執筆が開始され、1933年の賢治の死の直前まで推敲がくりかえされた。原稿は未定稿のまま死後に発見された。


    これまで数度にわたって映画化、アニメーション化されている。





    あらすじ
    祭りの夜、ジョバンニは一人寂しく涙を流すと天空の星がぼやけていき、気がつくと銀河鉄道に乗っていた。旅は幻想的であり悲しくもあり、出会いや別れがある。終盤で、ジョバンニは、唯一の親友といえるカンパネルラと出会うのだが、夢から覚めて祭りの会場にいくと川岸は大騒ぎであった。級友のザネリを助けようと川に入って行方不明となったカンパネルラの捜索が行われていたのだった。

    (天沢退二郎らによって確定された筑摩書房版全集のテクストによるあらすじ) 





    登場人物



  • ジョバンニ(主人公)

    :男子学生。年齢不詳。家庭は貧しく、病気の母が寝込んでいるので、早朝には新聞配達、学校が終わってからは活版所でアルバイトをしている。ジョバンニには姉がいて、料理を作ったりするようだが年齢などは不詳である。ジョバンニの父はながいこと家に帰ってきていないようだ。父の職業は漁師のようだが、らっこ密猟により投獄されているとの噂がたっており、近所の子供たちはそのことをでジョバンニをいじめており、ジョバンニには友達がいない。* カンパネルラ

    :ジョバンニと同じ学校の男子学生。年齢不詳。父は、ジョバンニの父と小さい頃から親友である。そのため、ジョバンニには悪口は言わない。ジョバンニとともに銀河鉄道に乗り込み、ずっと一緒だと誓う。しかし、その後カンパネルラは突然ジョバンニの前から姿を消す。* ザネリ

    :ジョバンニと同じ学校の生徒。ジョバンニの父がらっこ密猟により投獄されているという噂を流している張本人で、ジョバンニに対して悪口をよく言う。



    映像化作品


    銀河鉄道の夜』(1985年制作。劇場用アニメ映画)


  • 監督: 杉井ギサブロー


  • 原案: ますむらひろし


  • 脚本: 別役実


  • 音楽: 細野晴臣


  • 出演: 田中真弓、坂本千夏、納谷悟朗、一城みゆ希、常田富士男ほか

    独特の淡く美しい色彩、幻想的であり儚い世界観は、評価が高い。そして、主要登場人物を人間ではなく猫として描いた奇抜な設定が目を引く。原作者・賢治の弟は、これに反発した。また、この映画を観て「原作でも登場キャラは猫なのだろう」と勘違いする人が、少なからず存在する。小谷野敦(比較文学者)も、この様な影響を及ぼした事は好ましくないとして批判している。



    関連事項



  • 銀河鉄道999(松本零士)


  • 釜石線(銀河ドリームライン釜石線)


  • いわて銀河鉄道線



    外部リンク



  • 銀河鉄道の夜 (青空文庫)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[時をかける少女]

    映画の缶詰時をかける少女





    時をかける少女 (ときをかけるしょうじょ) は、筒井康隆のジュブナイル小説 (1972年刊)。1972年に日本放送協会|NHKの少年ドラマシリーズ第一弾として『タイムトラベラー』のタイトルでドラマ化されて注目を集めた。さらに1983年に原田知世主演による映画が大ヒットし、以後何度もテレビや映画でリメイクされている。



    ドラマ化リスト
    * 1972年 『タイムトラベラー (正・続)』 (NHK少年ドラマシリーズ) 主演:浅野真弓|島田淳子


  • 1983年 『時をかける少女』 (角川春樹事務所) 主演:原田知世、監督:大林宣彦


  • 1985年 『時をかける少女』 (フジテレビ単発ドラマ) 主演:南野陽子 「サンキュー先生」で活躍した伊藤康臣も出演。


  • 1994年 『ボクたちのドラマシリーズ#第2シーズン|時をかける少女』 (フジテレビ連続ドラマ) 主演:内田有紀


  • 1997年 『時をかける少女』 (角川春樹事務所) 主演:中本奈奈、監督:角川春樹


  • 2002年『時をかける少女』 (東京放送|TBS・モーニング娘。新春!LOVEストーリーズ・モーニング娘。をフィーチャーしたオムニバスドラマ3部作の一つ。)主演・(芳山和子 役)安倍なつみ・(妹・芳山綾菜 役)加護亜依・(父・芳山範和 役)大和田獏・(母・菜美子 役)余貴美子・(友人役)飯田圭織



    外部リンク
    * TIME TRAVELERs (歴代ドラマ化作品のファンサイト)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。