2005年08月31日

映画[ヒューマン・ネイチュア]

映画の缶詰ヒューマン・ネイチュア



ヒューマン・ネイチュア(Human Nature)は2001年の映画。アメリカ合衆国・フランス合作。

自分を猿だと思い込んでいる男と、宇宙一毛深い女、そしてネズミにテーブルマナーを教えようとする博士のブラックコメディ。『マルコビッチの穴』で奇想天外な物語を作り上げた、チャーリー・カウフマンとスパイク・ジョーンズのコンビが放つ二作目。今回スパイク・ジョーンズは製作にまわり、監督にはビョークやホワイト・ストライプスのPVなどを手がけるMTV界の新鋭ミシェル・ゴンドリーが抜擢された。





スタッフ



  • 監督: ミシェル・ゴンドリー


  • 脚本: チャーリー・カウフマン


  • 製作: スパイク・ジョーンズ、アンソニー・ブレグマン、テッド・ホープ





    キャスト



  • パトリシア・アークエット (ライラ)


  • リス・エヴァンス (パフ) 


  • ティム・ロビンス (ネイサン)


  • ミランダ・オットー (ガブリエル)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[On Your Mark]

    映画の缶詰On Your Mark





    On Your Mark


    On Your Mark』(オンユアマーク)は、# 国際陸上競技で使われる用語。「位置について」という意味。''On your mark! Get set! Go!'' の形で使われる。

    ・: 日本でもかつてはこちらを使っていたが、1928年(昭和3年)に陸上競技連盟が一般に公募し、「位置について、用意、どん!」が採用。翌年、「陸上競技規則」に規定された。

    ・ J-POPのグループCHAGE and ASKAが1994年8月3日に発表した曲。1.が題名の由来。

    ・: 『HEART』『NATURAL』と共に3曲入りのシングルとしてリリースされた。

    ・: 1994年夏に、幕張メッセで行われた「アメリカンフェスティバル'94」テーマソング。

    ・: 作詞・作曲:飛鳥涼(現:ASKA)、編曲:澤近泰輔。

    ・: アルバム『CODE NAME.2 SISTER MOON』(1996年)の終曲として収録されている。

    ・ 2.のプロモーション・フィルムとして作成された宮崎駿のアニメ作品。スタジオジブリ製作。1995年夏、映画『耳をすませば』と同時上映で公開。ここでは、暫定的に3について述べる。





    On Your Mark ジブリ実験劇場』の概要


    もともとは、CHAGE and ASKAのコンサートツアー『SUPER BEST3』(1995年)のオープニング・フィルムとして企画、製作され、コンサート会場で上映された(1980年代から、CHAGE and ASKAのコンサートでは、1曲目の前に映画仕立てのオープニング・フィルムを流す演出が取られている)。これは宮崎作品のファンであった、CHAGEのアイデアだという。


    [ 登場人物 ]



  • 警官1(柴田?):CHAGEに似ている


  • 警官2(宮崎?):ASKAに似ている


  • 少女:天使?なお、台詞がないので、声優はいない。また、警官1、2はここで便宜的に振ったものであり、正式なものではない。


    [ ストーリー ]


    地表が放射能で汚染され、人類が地下に住むようになった未来の都市が舞台。とあるカルト教団の施設を襲撃、制圧した警官隊。その中の警官2人は、教団施設の奥で羽根の生えた少女を発見する。2人は何とか彼女を空へ帰そうとするが…。このストーリー設定に、当時オウム真理教が起こした諸事件が反映されていることは言うまでも無い?


    [ 事象 ]


    耳をすませば|『耳をすませば』(他のスタジオ・ジブリの劇場公開用アニメ作品)の上映前に、僅か7分程度と云う短さで上映された事もあって、一部のファンからは風の谷のナウシカの続編ではないか?とする憶説も産まれる?しかし、CHAGE and ASKAのコンサートのオープニングフィルム、という元々の制作企図を考えれば、この憶測は正しくないだろう?台詞は無いが、映像としての完成度はかなり高い。後にVHSやレーザーディスク|LDに収録されて発売された(このときはCHAGE and ASKAのプロモーションビデオとして、当時彼等が所属していたポニーキャニオンからリリースされ、シングル『Something There』のプロモーション・ビデオも収録されていた)こともあるが、今日では販売されていない。これはスタジオジブリ以外にCHAGE and ASKAの権利も絡むからであろう(チャゲアスは後にレコード会社を移籍している)。その事もあって、幻の小作品とまで呼ばれるが、その実態は「ジブリ実験劇場」という副題が示すとおり、実験的な映像を曲に合わせて切り貼りした物の様である。


    [ 補足 ]


    2004年のCHAGE and ASKAのデビュー25周年記念コンサートツアー"two-five"で、『On Your Mark』が歌われた際、一部会場ではステージバックにこのフィルムが、二人の歌に合わせて流された。



    外部リンク



  • 作品の詳細情報








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月30日

    ?f???A????]

    映画の缶詰アメリ



    アメリ』(原題:''Le Fabuleux Destin d'Am?lie Poulain'')は、2001年4月に公開されたフランス映画。パリ・モンマルトルを舞台に、パリジャンの日常を描く。



    概要
    早くに母親をなくしたアメリは医者である父親にもあまり構ってもらえず、身体接触は彼女の心臓検査時だけだった。あまりに稀な事なので、アメリは怖がって心臓が高揚するほどだった。心臓に障害があると勘違いした父親は周りから子供たちを遠ざけてしまう。孤独の中で彼女は想像力の豊かな少女になっていった。

    成長したアメリはモンマルトルにある、元サーカス団員経営のカフェで働き始める。





    批判






    スタッフ



  • 監督:ジャン=ピエール・ジュネ(JEAN-PIERRE JEUNET)


  • 脚本:ギョーム・ローラン(GUILLAUME LAURANT)


  • 音楽:ヤン・ティルセン(YAN TIERSEN)



    キャスト



  • アメリ・プーラン(オドレイ・トトゥ/AUDREY TAUTOU)


  • ニノ・カンカンポワ(マチュー・カソヴィッツ/MATHIEU KASSOVITZ)







  • 2001年セザール賞作品賞、監督賞、音楽賞、美術賞受賞


  • 2001年アカデミー賞(外国語映画賞、美術賞、撮影賞、音響賞、脚本賞)ノミネート


  • 2001年ゴールデングローブ賞外国語映画部門ノミネート






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    ?f???????}??

    映画の缶詰魔女の宅急便



    魔女の宅急便』(まじょのたっきゅうびん)は、#角野栄子の児童書(児童文学)

    ・1.を原作とした劇場用アニメ映画|劇場アニメ作品。宮崎駿監督、スタジオジブリ製作?



    児童文学


    角野栄子『魔女の宅急便』シリーズの1作目。主人公のキキが親の元を離れ、知らない町で運送屋を開業し一人立ちする姿を描く。シリーズ化されており、現在4冊まで福音館書店から刊行されている。*魔女の宅急便


  • 魔女の宅急便その2 キキと新しい魔法


  • 魔女の宅急便その3 キキともうひとりの魔女


  • 魔女の宅急便その4 キキの恋



    映画


    宮崎駿によって映画化された。1989年7月29日公開。原作をかなり自由に脚色し、背景にはアイルランドやスウェーデン、ポルトガルなどで取材してきた町の風景を使い、若い人たちの人気を集めた。主な舞台になった町は、スウェーデンのゴトランド島にあるヴィスビューおよび首都ストックホルムの町とその郊外が下敷きになっている。映画の主題歌には、松任谷由実|荒井由実が歌う既存の楽曲「ルージュの伝言」(オープニング)と「やさしさに包まれたなら」(エンディング)が採用され、映画公開当時リバイバルヒットとなった。また宅急便は、ヤマト運輸の商標でもあり、映画にも黒猫のジジが登場する。黒猫はヤマト運輸のキャラクターで有ることを縁にヤマト運輸が映画に協賛し、タイアップで企業のイメージアップを図ったのも話題になった。
    また、1978年公開の『さらば宇宙戦艦ヤマト-愛の戦士達』の記録を抜いて劇場用アニメ映画の日本記録を更新した。
    英語版作品名は "Kiki's Delivery Service"。主題歌は日本版と異なり、別の英語の歌が用いられている。ほかに、日本テレビで2、3如
    /$K1回ほどの割合で金曜ロードショーで放送されている。



    あらすじ


    魔女の娘は、13歳になると修行のために家を出て独立するという掟があった。そんな女の子のひとりキキは、黒猫ジジと共に港町コリコに降り立った。パン屋の女主人に気に入られ、店先を借りて宅急便を開業することとした彼女。そこには新しい生活と喜び、失敗と挫折、人力飛行機に熱中する少年トンボとの出会いが待っていた。



    コピー


    おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

    (このコピーは他のジブリ映画と同じ糸井重里がつけている)



    スタッフ



  • 監督、脚本、プロデューサー:宮崎駿


  • 原作:角野栄子


  • キャラクター・デザイン:近藤勝也


  • 音楽:久石譲


  • 主題歌:荒井由実「ルージュの伝言」「やさしさに包まれたなら」



    声の出演



  • キキ:高山みなみ


  • ジジ:佐久間レイ


  • ウルスラ:高山みなみ(キキと一人二役)


  • おソノ:戸田恵子


  • トンボ:山口勝平


  • コキリ:信沢三恵子


  • 老婦人:加藤治子


  • バーサ:関弘子


  • オキノ:三浦浩一



    補足


    もともと宮崎監督は若い頃に荒井由実の楽曲を聴いており、それがこの時の採用につながった?当初は、同じ荒井由実でも「ルージュの伝言」ではなく「中央フリーウェイ」を使うことを検討したが、東京都下の具体的な地名が歌詞に入っているために取りやめたという?



    関連



  • 宮崎駿


  • スタジオジブリ


  • 劇場用アニメ映画


  • 松任谷由実






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月29日

    映画[ダイ・ハード]

    映画の缶詰ダイ・ハード



    ダイ・ハード』(''Die Hard'')は1988年のアメリカ映画で、アクション映画の最も代表的な作品である。題名は「なかなか殺せない」の意。高層ビルがテロリストに占領され、偶然そこに居合わせた刑事がひとりで戦うという物語である。この映画はブルース・ウィリスを一躍スターにのし上げた作品でもある。また、それまでのアクション映画といえばアーノルド・シュワルツェネッガーやシルベスター・スタローンのような肉体派俳優が演じるものというイメージがあったが、平凡な男が機転を利かせて戦うという頭脳戦の要素を大きく取り入れたことも極めて画期的であった。その後『ダイ・ハード』の二番煎じのようなアクション映画は多発し、新たなアクション映画の革命は1994年の『スピード (映画)|スピード』まで待たなければならなかった。この映画は1970年代のロデリック・ソープの小説『''Nothing Lasts Forever''』を原作としているが、主人公の名前や物語ぁ
    N@_Dj$J$I$bBg$-$/5S?'$5$l$?1G2h2=$G$"$k!#6=9TE*$K$OBg%R%C%H$7$?$?$a!"1990年に『ダイ・ハード2』、1995年に『ダイ・ハード3』と続編が公開された。2005年の夏公開に向けて「ダイ・ハード4」が製作中との話もある。



    キャスト



  • ブルース・ウィリス


  • アラン・リックマン 


  • ボニー・ベデリア


  • レジナルド・ヴェルジョンソン


  • ジョージ・シゲタ



    スタッフ



  • 監督:ジョン・マクティアナン


  • 撮影監督:ヤン・デ・ボン


  • 原作:ロデリック・ソープ


  • 音楽:マイケル・ケイメン






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[ダーティハリー]

    映画の缶詰ダーティハリー



    ダーティハリー』(原題 ''Dirty Harry'')は、1971年製作のアメリカ映画。ワーナー・ブラザーズ提供。サンフランシスコの屋上のプールで泳いでいた女性が、何者かによって射殺された。犯人はサソリ(アンディ・ロビンソン)と名乗り、サンフランシスコ警察に10万ドルの大金を要求。もし、これに応じなければ、次は牧師か黒人を殺すという。この事件に当たったのが、犯罪を検挙するためには暴力も厭わない“ダーティハリー”ことハリー・キャラハン刑事(クリント・イーストウッド)。ハリーは、犯罪者はかならず犯行現場に再度現れると考えて相棒のチコ(レニ・サントニ)と共に張り込みをしていたところ、彼の予想は見事的中。ハリーはサソリを逮捕する。だが、逮捕の際、ハリーの実力行使が行き過ぎと看做され、サソリは無罪放免となる。さらにサソリは黒人の無免許医に金を渡して自分を殴らせ、それをハリーのせいだと警察に届け出る。理解のない市長(ジョン・ヴァーノ�
    %s!K$H>e;J$N%V%l%9%i!h$C$?%9%/!<%k%P%9$r=1$&!#7Y;!$KF(AvMQ$N%;%9%J$rMW5a$9$k%5%=%j!#$@$,!"$=$&$O$5$;$^$$$H!"9T$/


    スタッフ



  • 監督・製作:ドン・シーゲル


  • 脚本:ハリー・ジュリア・フィンク R・M・フィンク ディーン・リースナー ジョン・ミリアス


  • 製作総指揮:ロバート・デイリー


  • 原案:ハリー・ジュリア・フィンク R・M・フィンク


  • 撮影:ブルース・サーティース


  • 音楽:ラロ・シフリン



    出演



  • ハリー・キャラハン:クリント・イーストウッド


  • ブレスラー:ハリー・ガーディノ


  • チコ:レニ・サントーニ


  • ディ・ジョージオ:ジョン・ミッチャム


  • サソリ:アンディ・ロビンソン


  • 署長:ジョン・ラーチ


  • 市長:ジョン・ヴァーノン


  • 銀行強盗:アルバート・ポップウェル


  • ロスコー:ジョセフ・ソマー


  • ラッセル夫人:メエ・マーサー


  • ノーマ:リン・エジングトン






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月28日

    映画[Shall we ダンス?]

    映画の缶詰Shall we ダンス?





    Shall we ダンス?


    Shall we ダンス?(しゃる うぃ - )は日本の映画作品。1996年(平成8年)公開。大映(現・角川映画)製作。

    社交ダンス教室を舞台としたハートフルコメディの佳作であり、興行的にも大成功を収め、日本アカデミー賞独占をはじめとする国内の数々の映画賞に輝いた。また、国外においても高い評価を得、米国においてはアニメを除く日本映画の興行収入記録を更新、2004年には、ピーター・チェルソム監督、リチャード・ギア主演によるリメイク『Shall We Dance|Shall We Dance?』が制作されるに至っている。また、本作により、「時代遅れ」「何か怪しげ」と思われがちであった社交ダンスが見直され、一部に社交ダンスブームを巻き起こしたと言われている。ブームとまで言えるかは疑問であるが、社交ダンスに対する偏見(本作の重要な基調)が薄らいだのは確かであろう。この映画の撮影終了後、意気投合した、監督の周防正行と岸川舞役で演じた草刈民代がめでたく結婚した。



    あらすじ


    仕事・家庭にも恵まれ生活に何の不満もない杉山正平、しかし、彼には満ち足りない何かがあった。正平は、ある日の会社の帰り、電車の中から見えるダンス教室の窓に、物憂げに佇むひとりの女性岸川舞を見つける。その美しい姿に目を奪われた彼は、数日後、そのダンス教室を訪れ社交ダンスを習い始めることに。ほんの「スケベ心」から、家族にも会社にも内緒でダンスを習い始めた正平であったが、社交ダンスの魅力と会社の同僚青木富夫や有閑マダム然とした高橋豊子といった個性的な仲間との交流を通じて純粋にダンスにのめり込んでいく。また、ある事件から最初は正平に心を閉ざしていた舞であったが、正平のダンスへのひたむきな姿を見るうちに、だんだんと心を開いてゆき、自らの心の傷も癒えることを覚える。一方、正平の妻は急に帰宅が遅くなったことに、浮気しているのではと心配し探偵を雇い正平の身辺調査を始める。舞らの後押しで正平は豊子とペアを組んで東関東アマチュアスポーツダンス大会に出場することとなり、観衆の前で猛特訓の成果を披露することとなる。しかしその大会で正平は大失敗をしてしまい・・・・(あとは映画をご覧ください)。


    スタッフ



  • 徳間康快(製作総指揮)


  • 池田哲也(チーフプロデューサー)


  • 桝井省志 小形雄二 (プロデューサー)


  • 周防正行 (監督・脚本・原案)


  • 栢野直樹 (撮影)


  • 周防義和 (音楽)


  • わたりとしお (ダンス演出・振付)



    キャスト



  • 役所広司(杉山正平)


  • 草刈民代(岸川舞)


  • 竹中直人(青木富夫;杉山の会社の同僚)


  • 渡辺えり子(高橋豊子;オバサンダンサー)


  • 柄本明(三輪徹;探偵)


  • 徳井優(服部藤吉;ダンス教室生徒)


  • 田口浩正(田中正浩;ダンス教室生徒)


  • 草村礼子(田村たま子;ダンス教師「たま子先生」)


  • 原日出子(杉山昌子;正平の妻 )



    主題歌



  • 大貫妙子「シャル・ウィ・ダンス?」



    関連項目



  • フィクション


  • 映画


  • 日本の映画作品一覧


  • 社交ダンス

    ダンス

    日本アマチュアダンス協会


  • 西武鉄道(西武線の江古田駅|ある駅と西武101系電車|車両を撮影に使用)



    外部リンク



  • 金曜ロードショー(日本テレビ金曜ロードショーより、1997年)


  • 金曜ロードショー(日本テレビ金曜ロードショーより、2005年)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[機動戦士ガンダム 逆襲�N%7%c%"]

    映画の缶詰機動戦士ガンダム 逆襲のシャア





    機動戦士ガンダム 逆襲のシャア


    機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(きどうせんしガンダム ぎゃくしゅうのシャア)は、1988年3月劇場公開のアニメーション映画|アニメ映画。ガンダムシリーズの作品の一つで、シリーズのアニメ映画としては初めてテレビアニメからの編集等によらない新作として制作された。アニメ『機動戦士ガンダム』に登場した主人公アムロ・レイとライバルのシャア・アズナブルの戦いにピリオドが打たれるという事で話題になった。主題歌にTM NETWORKを起用した事も話題となった。



    背景


    この物語は『機動戦士ガンダム』から続いてきた宇宙世紀という世界の延長線上にあり、宇宙世紀0093年の第二次ネオ・ジオン抗争を描いた作品である。そのため劇中では、「コロニー落とし」や「5thルナ」(フィフスルナと呼称。鉱物資源の為、地球圏に搬送された小惑星)など、『機動戦士ガンダム』から由来する言葉が使われている。



    物語


    宇宙世紀0093年。かつてのジオン公国|ジオン公国軍のエースパイロット、シャア・アズナブルはネオ・ジオンの総帥となり、地球連邦政府の特権を濫用し地球にしがみつく人々を粛正しようとするが、それをかつての地球連邦軍のエースパイロット、アムロ・レイが所属するロンド・ベル隊が阻止する。



    メカニカルデザイン


    時代の流行を汲みながら、モビルスーツは進化してきた。例えばΖガンダムは可変機構を備え、ΖΖガンダムは個々の戦闘機が変形・合体する機構を持つが、この作品ではそれら複雑な機構を有する機体は登場せず、純粋に人型の兵器として、初代『機動戦士ガンダム』に近い単体としての機体になっている。新しいテクノロジーとしては、サイコミュ回路を金属粒子に封じ込めて機体のフレームに使うサイコ・フレームや、前作では限られた機体にのみ装備されていたファンネルがガンダムにも装備された。尚、メカニカルデザインを担当したのは、OVA『トップをねらえ!』やTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』等でおなじみのガイナックスである。



    関連作品





    [小説版]


    監督の富野由悠季による小説が、2種類刊行されている。ひとつは『アニメージュ』に『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』として掲載されたもので、これに沿って映画の制作が行われている。その後アニメージュ文庫で刊行されるときにアニメ映画と同じく『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』と言う題名に変更された(後に『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』に題名を戻され、徳間デュアル文庫から再販されている)。また、当初書き上げた映画シナリオの第1稿は、内部での審査時に批判を浴び、改訂が行われた。本来発表されるはずの無い第1稿であるが、モチーフ小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』として角川スニーカー文庫より刊行されている。こちらには筆者の描きたかった思いがストレートに表現されている。


    [漫画版]


    劇場公開後には他の作品に漏れず本作も、1988年4月及び5月に村上としやの手による漫画版がコミックボンボン誌上において前後編で連載された。ストーリーの細部にアニメ映画との違いが見られる。この作品は後に1999年、大都社が復刻版として発売する漫画『機動戦士ガンダムΖΖ』の2巻に収録されている。また1998年10月から1999年2月まで、ときた洸一の手による漫画版が同じくコミックボンボン誌上で連載され、1999年3月に単行本化されている。こちらの作品はアニメ映画とほぼ同様の正統派ストーリーとなっている。


    [映像作品]


    『ガンダムイボルブ5』という映像作品で、コンピュータグラフィックス|CGとセル画を合わせる手法によりリデザインされたνガンダムとα・アジールの戦いが、アニメ映画作品とは関係のないシナリオで描かれている。また、ガンダムイボルブはこれまで一部のガンプラに付録として付いていた作品と合わせ、30分ほどの映像作品 (DVD)としてローソンにて『ガンダムイボルブ+』というタイトルで限定予約販売がなされた。



    スタッフ



  • 総監督・脚本:富野由悠季


  • 原案:矢立肇/原作:富野由悠季


  • キャラクターデザイン:北爪宏幸


  • モビルスーツデザイン:出渕裕


  • メカニカルデザイン:ガイナックス・佐山善則


  • 作画監督:稲野義信、北爪宏幸、山田きさらか、大森英敏、小田川幹雄、仙波隆綱


  • 音楽:三枝成彰|三枝成章

       主題歌「BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙(そら)を越えて)」

       作詞:小室みつ子

       作曲・編曲:小室哲哉

       歌:TM NETWORK



    関連記事



  • ガンダムシリーズ


  • ガンダムシリーズ一覧






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月27日

    映画[愛人日記]

    映画の缶詰愛人日記



    愛人日記』(あいじんにっき)は、1991年にフランスで製作された映画。ビデオ・タイトルは『ソフィー・マルソーの愛人日記』。フレデリック・ショパンの半生を綴った映画で、ショパンとジョルジュ・サンドと、サンドの娘ソランジュの関係を中心に描く。イワン・ツルゲーネフ|ツルゲーネフや画家ドラクロワ、デュマ・フェスなども登場し、天才的な芸術家たちの才能に魅せられ、人生を翻弄されるソランジュの姿が描かれる。観念的で哲学的な台詞が多く、ポーランドの風土と歴史が背景にあるため、日本人にとっては難解で、日本ではあまり高い評価を得られなかった。



    スタッフ



  • 映画監督|監督・脚本:アンジェイ・ズラウスキー


  • 製作:マリー=ロール・レール


  • 撮影:アンジェイ・ヤロシェヴィッキ



    出演



  • ソフィー・マルソー、マリー=フランス・ピジェ、ヤヌーシュ・オレイニチャク、フェオドール・アトキン






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[イングリッシュ・ペイシェント]

    映画の缶詰イングリッシュ・ペイシェント



    イングリッシュ・ペイシェント(The English Patient)はアメリカ映画。アカデミー作品賞、アカデミー監督賞、アカデミー撮影賞、他多数の賞を受賞した。第二次世界大戦を舞台とする。アンソニー・ミンゲラ監督。マイケル・オンダーチェ原作。





    あらすじ






    キャスト



  • レイフ・ファインズ


  • ジュリエット・ビノシュ


  • ウィレム・デフォー


  • クリスティン・スコット・トーマス


  • コリン・ファース


  • ナヴィーン・アンドリュース






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月26日

    映画[南京1937]

    映画の缶詰南京1937



    南京1937』(英題 Don't Cry Nanking)は、1995年に製作された香港・中華人民共和国|中国の映画。支那事変中の1937年に起こったとされる南京事件を、中国人・日本人双方の視点から史実に忠実に描いたということになっている作品。日本人俳優も出演している。



    スタッフ
    *製作:呉宇森(ジョン・ウー)


  • 監督:呉子牛(ウー・ツーニウ)


  • 脚本:徐天生(シュー・ティエンション)、梁曉聲(リャン・シャオシェン)、洪維健(ホン・ウェイチェン)


  • 撮影:楊慰(ヤン・ウェイ)、ホウ・ヨン


  • 音楽:譚盾(タン・ドゥン)


  • 編集:何文章(ホー・ウェンチャン)


  • EP:王應祥(ワン・インシャン)



    キャスト
    *成 賢 … 秦漢(シン・ハン)


  • 理恵子 … 早乙女愛


  • 劉天遠 … 劉若英(リュウ・ルーイン)


  • トン・ティエンユン … 陳逸達(チェン・イーター)


  • 小綾 … 王思北(ワン・スーペイ)


  • 春子 … 史芙嫣 シー・シャオヤン


  • 李根発 … 陶澤如 タオ・ツォールウ


  • 松井石根 … 久保恵三郎



    あらすじ


    大日本帝国|日本による占領を受けた支那事変のさなかの1937年、中華民国の首都南京へ中国人・日本人の夫婦・親子が疎開してくる。やがて南京も日本軍によって陥落する。日本軍指令官・松井石根は、降伏した中国軍の将兵や南京の人々を養いきれないと判断した挙句に、皆殺しを命令する…。



    外部リンク
    * 南京1937 ホームページ @ 現代中国映画上映会 (監督メッセージ等あり)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月25日

    映画[ローマの休日]

    映画の缶詰ローマの休日



    ローマの休日(ろーまのきゅうじつ)はアメリカ合衆国|アメリカ、ハリウッド製作のロマンチック・コメディの白黒映画。パラマウント映画提供。1953年のウィリアム・ワイラー監督作品、上演時間118分。オードリー・ヘプバーン|オードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックの主演。オードリー・ヘップバーンは、この映画で一躍大スターの仲間入りを果たした。これに出演するまではまったくの無名だった。第二次大戦後、イタリアの経済的な建て直しもあって、アメリカ映画のイタリア現地ロケが盛んに行われたが、これもそうしたもののひとつ。また、ハリウッドで赤狩り旋風が荒れ狂い、監督、俳優たちはハリウッドを離れたところで仕事するのを喜んだという背景もあるといわれる。ちなみに、この映画の脚本でアカデミー賞を獲得した脚本家イアン・マクラレン・ハンターとは実は偽名で、実際は赤狩りでハリウッドを追放されたハリウッド・テンの一人であるダルトン・トロンボ。近年、同映画のシーンを用いたCMの製作や製作50周年を記念してデジタル・ニ�
    %e!<%^%9%?!@$5*$r1[$($F$J$*:,6/$$?M5$$,$"$k!#





    ストーリー


    お忍びでイタリアを旅行中の某国のアン王女様の一日だけの秘密のローマ体験をスクープしようと試みるも、そのお供(というかお相手)をさせられることになってしまった、アメリカ人の新聞記者の物語。



    賞歴



  • 1953年 第26回アカデミー主演女優賞|アカデミー最優秀主演女優賞、アカデミー脚本賞|最優秀脚本賞、アカデミー衣装デザイン賞|最優秀衣装デザイン賞



    関連項目



  • ベスパ


  • サンダル(ヘプバーン・サンダル)



    外部リンク



  • ローマの休日(素晴らしき哉、クラシック映画!)


  • 日本語版公式サイト








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月24日

    映画[アビエイター]

    映画の缶詰アビエイター



    アビエイター』(''The Aviator'')は、マーティン・スコセッシ監督による2004年のアメリカ映画。ミラマックス作品、上映時間は169分。実在の大富豪、実業家であるハワード・ヒューズの波乱に富んだ半生を描いた。スコセッシ監督の作品としては、前作『ギャング・オブ・ニューヨーク』に引き続いてのレオナルド・ディカプリオ主演作品。第77回アカデミー賞において最多の11部門にノミネートされ、スコセッシ監督初の監督賞、作品賞、ディカプリオ初の主演男優賞が期待されたが、残念ながらどれも受賞には至らなかった。その他の部門では5部門を受賞した。



    キャスト



  • ハワード・ヒューズ - レオナルド・ディカプリオ(吹替 - 浪川大輔)


  • キャサリン・ヘプバーン - ケイト・ブランシェット (塩田朋子)


  • エヴァ・ガードナー - ケイト・ベッキンセイル(日野由利加)


  • オーウェン・ブリュースター上院議員 - アラン・アルダ (堀勝之祐)


  • ホアン・トリップ(パンナム社長) - アレック・ボールドウィン (佐々木勝彦)


  • フィッツ教授 - イアン・ホルム (山野史人)


  • エロール・フリン - ジュード・ロウ


  • ジーン・ハーロウ - グウェン・ステファニー


  • ノア・ディートリッヒ - ジョン・C・ライリー(岩崎ひろし)


  • ウィレム・デフォー



    スタッフ



  • 監督 - マーティン・スコセッシ


  • 脚本 - ジョン・ローガン


  • 撮影 - ロバート・リチャードソン


  • 音楽 - ハワード・ショア



    受賞歴



  • 第77回アカデミー賞にて、助演女優賞(ケイト・ブランシェット)、撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞の5部門を受賞。


  • ゴールデン・グローブ賞にて、作品賞、主演男優賞、作曲賞の3部門を受賞。


  • その他、全米プロデューサー協会賞、英国アカデミー賞(4部門)など。



    関連事項



  • トランス・ワールド航空


  • パンアメリカン航空



    外部リンク



  • THE AVIATOR - アビエイター公式サイト






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月23日

    映画[ロッキー]

    映画の缶詰ロッキー



    ・映画のタイトル。下記で述べる。

    ロッキー山脈

    ・太陽にほえろ!に登場する刑事の愛称

    ・ダイハツ・ロッキー

    ロッキー (猫)

    ロッキー (ゲームキャラクター)----

    ロッキー』 (''Rocky'') は、1976年11月に公開されたアメリカ映画。映画の主人公の名前でありイタリアの種馬でもある。主演・脚本はシルベスター・スタローン。監督はジョン・アビルドセン。日本では1977年4月に公開された。内容は、フィラデルフィアの無名のボクサーのロッキー・バルボアが、偶然めぐってきた世界チャンピンのアポロ・クリードとの困難な戦いを通じて、栄光をつかむサクセス・ストーリーである。ロッキーと、コーチのミッキーや親友のポーリー、そしてポーリーの妹で後にロッキーの恋人となるエイドリアンとの間の人間味溢れるドラマがこの作品の魅力でもある。1976年のアカデミー賞のアカデミー作品賞|作品賞とアカデミー監督賞|監督賞を受賞した。この作品がヒットしたため、後にシリーズ化されて、『ロッキー2』から『ロッキー5』まで作られている。売れない役者だったスタローン自身も、この映画のヒットがスターとなるきっかけとなった。ビル・コンティ作の映画音楽『ロッキーのテーマ』もヒットし、多くの人の記憶に残った。



    シリーズ作品



  • ロッキー2


  • ロッキー3


  • ロッキー4


  • ロッキー5








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月22日

    映画[ローマの休日]

    映画の缶詰ローマの休日



    ローマの休日(ろーまのきゅうじつ)はアメリカ合衆国|アメリカ、ハリウッド製作のロマンチック・コメディの白黒映画。パラマウント映画提供。1953年のウィリアム・ワイラー監督作品、上演時間118分。オードリー・ヘプバーン|オードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックの主演。オードリー・ヘップバーンは、この映画で一躍大スターの仲間入りを果たした。これに出演するまではまったくの無名だった。第二次大戦後、イタリアの経済的な建て直しもあって、アメリカ映画のイタリア現地ロケが盛んに行われたが、これもそうしたもののひとつ。また、ハリウッドで赤狩り旋風が荒れ狂い、監督、俳優たちはハリウッドを離れたところで仕事するのを喜んだという背景もあるといわれる。ちなみに、この映画の脚本でアカデミー賞を獲得した脚本家イアン・マクラレン・ハンターとは実は偽名で、実際は赤狩りでハリウッドを追放されたハリウッド・テンの一人であるダルトン・トロンボ。近年、同映画のシーンを用いたCMの製作や製作50周年を記念してデジタル・ニ�
    %e!<%^%9%?!@$5*$r1[$($F$J$*:,6/$$?M5$$,$"$k!#





    ストーリー


    お忍びでイタリアを旅行中の某国のアン王女様の一日だけの秘密のローマ体験をスクープしようと試みるも、そのお供(というかお相手)をさせられることになってしまった、アメリカ人の新聞記者の物語。



    賞歴



  • 1953年 第26回アカデミー主演女優賞|アカデミー最優秀主演女優賞、アカデミー脚本賞|最優秀脚本賞、アカデミー衣装デザイン賞|最優秀衣装デザイン賞



    関連項目



  • ベスパ


  • サンダル(ヘプバーン・サンダル)



    外部リンク



  • ローマの休日(素晴らしき哉、クラシック映画!)


  • 日本語版公式サイト








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月21日

    映画[風の谷のナウシカ]

    映画の缶詰風の谷のナウシカ





    風の谷のナウシカ』(かぜのたにのナウシカ)は、徳間書店のアニメ情報誌「アニメージュ」に連載された宮崎駿の漫画、および劇場アニメ化作品である。英語版タイトルは「Nausica? of the Valley of Wind」。極限まで科学技術が発展した人類の引き起こした「火の7日間」と呼ばれる最終戦争により、文明が滅びた後千年余りが経過した遠未来の世界が舞台となる。人々の生活様式は、最終戦争以前のオーバーテクノロジーを発掘し利用しつつも、基本的には中世を彷彿とさせるまで退行している。

    汚染された大地に拡がる、腐海と呼ばれる瘴気(有毒ガス)に覆われた巨大な菌類・苔類・シダ類からなる森、そこに棲む蟲(むし)と呼ばれる巨大節足動物群。人々はそれらに確実に脅やかされ、あるいは畏れ敬いながら生きている。主人公ナウシカは、腐海のほとりにある辺境の小国「風の谷」の族長の娘である。本作品では、腐海や蟲たちが存在する真の理由を見抜いていたナウシカが、過酷な運命に翻弄されながら様々な人々と出会い、艱難辛苦を重ねて成長し、自らと世界の運命、太古より繰り返されて来た人の業とも呼べる営みに向き合い、彼女なりに折り合いをつけていこうとする姿が描かれていく。漫画作品のアニメージュ誌上での連載は、中断期間を含め1982年から1994年まで実に13年に渡った。連載当初からアニメ化を前提とした企画であり、多忙を極めた宮崎駿が連載を持つために、鉛筆で書かれたまま作品化されている号もある。

    コミックの全7巻分のストーリーのうち、映画版ナウシカに対応するのはその1巻目から2巻目の途中までに過ぎず、ストーリーもかなり異なる。たとえば、コミックで登場しトルメキアと拮抗する勢力である土鬼諸侯連合(ドルク)は映画には登場しない。またコミックでは自然の代弁者的な巫女然とした立場で描かれるナウシカに対し、業にまみれた人間側の代弁者として重要なポジションに据えられているクシャナの存在も、映画版ではステレオタイプな敵役に零落して描かれている等、設定・ドラマの両面で、両者は相当な違いを持つ点でも注意が必要である。

    コミックスは海外でも翻訳・発売されている。自然と科学技術の対立、文明の破壊と再生はいくつかの宮崎駿作品に通底するテーマであるが、本作品もそれを直接取り上げたものの一つである。本作品はいわゆる環境問題を扱っていると見ることもできるが、自然や生き物を実は人間の都合の良いように「保護」しようとすることの傲慢さに対する批判を読み取ることもできる(アニメでは人智を越えた亜神のごとき存在として描かれる王蟲(オーム)さえもが、コミック版では実は人工生物であることを明かされるなどは、その一例である)。

    1984年にアニメーション映画|アニメ映画化(公開日は3月11日)され、数々の映画賞を受賞し、アニメーション作家としての宮崎駿の知名度を大きく引き上げた。映画化にあたって募集したイメージガールでグランプリを取ったのは後に女優となった安田成美で、映画の主題歌「風の谷のナウシカ」(松本隆作詞、細野晴臣作曲)も歌ったが、劇中では使用されなかった。ときおり混同されるが、アニメ版のナウシカはスタジオジブリ作品ではない。資金は徳間書店と博報堂から調達できたが、問題はアニメの実制作の母体となるスタジオである。当初、宮崎駿が制作母体と考えていたのは、東京ムービー傘下のテレコム・アニメーションフィルムだった。同社は長編アニメーション制作を目的に設立され、宮崎駿とナウシカでプロデューサーを務める高畑勲もかつて在籍してそれぞれ「ルパン三世 カリオストロの城」「じゃリン子チエ」等を監督し、また盟友の大塚康生も在籍するなど、勝手知ったるスタジオで、宮崎駿の考える制作環境としてはうってつけだった。しかし、�
    F1
    ナウシカは当時の劇場版アニメーション作品としては破格の7億円以上の配給収入を得て成功を収めた。そうなると、徳間書店サイドも宮崎監督作品第二弾にゴーサインが出て、継続的に安定して制作する母体が必要となる。トップクラフトは発展的解消をして、スタジオジブリへと改組される。そしてジブリは東映動画からテレコムへと受け継がれてきた、宮崎駿と高畑勲の長編アニメーション制作の拠点となっていく。そういう点でもナウシカはターニングポイントとなった作品である。ナウシカはアメリカなど海外でビデオ作品として発売された。しかし残念ながら、1986年にアメリカのニューワールド・ピクチャーズ社から販売されたビデオは、単純明快な勧善懲悪・ヒロイックファンタジーを好む米国の市場に合わせ編集を施された結果、単なるアクションものへと改悪されており、このビデオを見た宮崎や高畑は激怒したという。その後ディズニーがビデオ配給の権利を得てからは、海外でも日本版と同じ状態で配給されている。また当時の8ビットパソコン用にナウシカを原題としたビデオゲームが作られたが、ナウシカが腐海の蟲たちを撃ち殺してスコアを稼い�
    $G$f$/%7%e!<%F%#%s%0%2!<%`$H$$$&!":nIJ$NFbMF$d
    ナウシカのモデルとして宮崎駿自らが言及しているのは、日本の古典文学である堤中納言物語に登場する虫愛ずる姫君であり(この「虫愛ずる姫君」は後の映画「もののけ姫」のモチーフともなっている)、名前の由来は、ギリシア神話に登場する王女ナウシカアに由来する。(オデュッセウスの項目を参照。)



    諸設定





    [ 風の谷 ]


    主人公ナウシカの故郷である辺境の小国。人口は500人程度。海から吹き付ける風を動力として活用しながら、中世レベルの農業と採取活動により成り立っている。また、潮風により腐海の胞子から守られている。風の谷はパキスタンのフンザをモデルにしているとの説もある。


    [ トルメキア ]


    風の谷からはるか西方にある、強大な軍事力を誇る王制国家。辺境の小国群とは同盟を結んでいる。ただし映画版ではこのような同盟は存在せず、トルメキアは突然に風の谷に侵攻する勢力として描かれる。国王はヴ王と称し、子は3人の皇子と1人の皇女クシャナ。映画版では王族はクシャナのみ登場する。地形や名前からトルコを、ヴァルハラが出てくる事からドイツをモデルにしている事が解る。コミック版で描かれる土鬼領サパタ諸候国における籠城戦では、クシャナ配下の騎兵が電撃的な機動戦を展開して城塞を包囲する土鬼の攻城砲台群を壊滅させてゆく様がダイナミックに描かれており、この際の土鬼が城塞を包囲する展開は、火砲の発明によって城壁が無力化されたことによって亡びた東ローマ帝国等を彷彿とさせ、また撃って出たクシャナの用兵や装備などは近世の西〜中央ヨーロッパあたりのものを参考にしたとも考えられており、イメージのソースとなるものは広大である。


    [ 土鬼諸侯連合 ]


    「土鬼」は「ドルク」と読む。映画版には登場しない。トルメキアと拮抗する勢力であり、神聖皇帝とその下の僧会が各種族を統べている。神聖皇帝の家系が代々治め、現在は超能力を持ち沐浴槽の中で過ごす皇弟が治めている。コミック版では、腐海の拡大による農地の減少によって発生した食糧危機が原因でトルメキア辺境への拡大侵行を開始した事情が明確に描かれており、単なる悪役ではなく、またトルメキア辺境を侵行する土鬼の人々も同様に居住地を追われた土鬼辺境の人々であり、弱者がより弱い者を探して虐げ搾取する、それ故に侵行される側としても到底受け容れることもできず互いに潰し合うしかないという、人の業を体現する存在として描かれる。


    [ ペジテ ]


    トルメキアと同盟を結んでいる小さな都市国家。火の7日間以前の遺跡からエンジンやセラミック装甲等を発掘しては加工供給する工房都市である。このペジテで巨神兵の「卵」が発掘され、孵化がはじまった事から物語は展開する。

    映画版では後にトルメキアとの戦闘によって滅亡する。


    [ 腐海 ]


    巨大な菌類・苔類・シダ類からなる森である。蟲と呼ばれる巨大な節足動物が多数棲んでいる。腐海植物は猛毒の瘴気を出すため、腐海内では蟲以外の動物はマスクなしには生きられない。胞子の生命力は強く、僅かにでも胞子が持ち込まれればその地は腐海に覆われる。腐海周辺の人々は都市に胞子を持ち込まないように注意を払っている。胞子は発見され次第、迅速に焼却される。作品中で、人々を脅かす腐海の植物群は、科学文明によって汚染された大地を浄化させるために生まれた存在であることが判明する。(コミック版では、さらに科学文明によって人工的につくり出されたものであることも明かされる)*ヒソクサリ


  • ムシゴヤシ


    [ 蟲 ]


    腐海に住む。巨大な節足動物。さまざまな種類が存在する。

    人々が容易に腐海に踏み込めないように配置された、腐海の守護者的な存在。*王蟲:蟲のなかでも最大・最強を誇るが、人の知恵はその王蟲さえも利用するに至った…。


  • 大王ヤンマ


  • ウシアブ


  • ヘビケラ


    [巨神兵]


    前文明のテクノロジーの象徴的存在であり、「火の7日間」で世界を焼き払った巨大な人工生命体。この世界ではその全てが化石となり腐海にその骸をさらしていると考えられている。





    コピー


    少女の愛が奇跡を呼んだ



    声の出演



  • ナウシカ:島本須美


  • ジル:辻村真人


  • 大ババ:京田尚子


  • ユパ:納谷悟朗


  • ミト:永井一郎


  • ゴル:宮内幸平


  • ギックリ:八奈見乗児


  • ニガ:矢田稔


  • トエト:吉田理保子


  • アスベル:松田洋治


  • ラステル:冨永みーな


  • クシャナ:榊原良子


  • クロトワ:家弓家正



    参考文献



  • 尾形英夫「あの旗を撃て!」オークラ出版






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月20日

    映画[ワルシャワの柔肌]

    映画の缶詰ワルシャワの柔肌



    ワルシャワの柔肌(はだ)』(SZAMANKA)は、1996年にポーランド,フランス,スイスの合作で製作された映画。 18歳の女子大生と人類学者の官能的で破滅的な愛をスキャンダラスに描く。本国ポーランドで大ヒットとなった。 映画監督|監督:アンジェイ・ズラウスキー 脚本:マニュエラ・グレツコウスカ 撮影:アンジェイ・ヤロシェヴィッキ 音楽:アンジェイ・コルジンスキ 出演:イオーナ・ペトリ,ボグスワフ・リンダ,パヴェル・ディラグ,アリシア・ヤキエヴィチ,アグニェシュカ・ヴァグネル






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月19日

    映画[エクソシスト]

    映画の缶詰エクソシスト



    エクソシストは、一般にキリスト教において、悪魔憑き(悪霊憑き)を祓う人をいう。この項で論じる。

    エクソシストはウィリアム・ピーター・ブラッディが書いた小説。

    エクソシストは2を原作としたホラー映画。エクソシスト (映画)

    ----

    エクソシストとはキリスト教において、悪魔憑き(悪霊憑き)を祓う人をいう。祓魔師(ふつまし)とも。特にカトリックで悪魔に憑かれた人を癒す儀式を行う司祭のことを指すことが多い。イタリアには、カトリック公認のエクソシストが約300人存在し、修道院などで修行した僧も、ヒーラー(治療者)として悪魔祓いをすることがあるという。「強く誓わせる」という意味の「エクス・ホルコス」というギリシャ語が語源であり、そのルーツは、新約聖書・福音書に随所に記されているイエスが行った悪魔祓いにあると主張される。

    エクソシストは、イエスに悪魔を追い出す力を祈り、ラテン語で悪魔と会話をすることによって、それを退治するとされる。ラテン語の信仰宣言(credo)などは、ミサ曲参照。


    [エクソシスト講座]


    カトリック教会公式のエクソシストを養成するための聖職者向け講座が2005年、ローマで開設された。

    この講座の目的は「本当に悪魔に取り憑かれたケース」と「精神的な問題のケース」を見分けられるようにすることにある。



    関連



  • 悪魔払い:悪魔憑きへの対処法








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月18日

    映画[天使の涙]

    映画の缶詰天使の涙



    天使の涙』は

    ・TGLが発売したファンタジー系シミュレーションロールプレイングゲーム|SRPGファーランドストーリーシリーズの第三作。

    ・監督:ウォン・カーウァイ、主演:金城武の香港映画。----

    天使の涙』(てんしのなみだ、原題:堕落天使,''Fallen Angels'')は1995年の香港映画。もともとは『恋する惑星』の一部として考えられたストーリーであったが、独立した作品として製作された。



    スタッフ



  • 脚本・監督:ウォン・カーウァイ


  • 撮影:クリストファー・ドイル



    キャスト



  • レオン・ライ


  • ミシェール・リー


  • 金城武


  • チャーリー・ヤン


  • カレン・モク






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 07:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月17日

    映画[モンティ・パイソン・アンド・%J%&]

    映画の缶詰モンティ・パイソン・アンド・ナウ



    モンティ・パイソン・アンド・ナウ』(原題:(Monty Python's) And Now For Something Completely Different)は、1975年に公開されたモンティ・パイソンによる劇場用の映画第一作目。英国放送協会|BBCで1969年から放映された『空飛ぶモンティ・パイソン』第二シリーズ後に製作された。本作品はその後に続く『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』、『ライフ・オブ・ブライアン』、『人生狂騒曲』と違い、『空飛ぶモンティ・パイソン』から人気を博したスケッチらを撮影し直したものである。日本語版は同タイトルのVHSとDVDが発売されている。



    クレジット



  • 監督:イアン・マクナートン


  • 脚本と主演:グレアム・チャップマン、ジョン・クリーズ、テリー・ギリアム、エリック・アイドル、テリー・ジョーンズ、マイケル・ペイリン


  • プロデューサー:ビクター・ローンズ、ディビット・ジル、パトリシア・キャシー


  • エディター:トム・ノーブル


  • アート・ディレクター:コリン・グライムス


  • アニメーション:テリー・ギリアム




  • 時間:約85分


  • カラー


  • 音声:モノラル


  • オリジナル言語:英語



    外部リンク



  • 日本での発売元であるユニバーサル・ミュージックの同VHSとDVDの情報。


  • Pythonline - モンティ・パイソンの公式サイト(英語)。同作品を始めとするモンティ・パイソン関連商品も購入できる。






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。