2005年06月07日

映画[映画]

映画の缶詰映画



映画(えいが)は、フィルムで撮影した動画作品の事。日本ではかつて活動写真と呼ばれた。英語では''movie''(ムービー), ''motion picture''(モーション・ピクチャー) 、''film''(フィルム), ''picture''などと言われる。





概説


大きく、芸術作品、娯楽作品としての劇映画と、イベントや生活風景など実際の出来事を記録するドキュメンタリー系映画(記録映画、教育映画)に大別される。映画は従来、専用施設(映画館等)の中でスクリーンに投射し、不特定多数の人々に有料公開するものであった。しかし今日、日本国内では、劇場公開しない(スクリーン投射しない)動画作品であっても、フィルムで撮影されたものであれば、映画と呼ぶことが多い。また、作品の元素材の撮影がフィルム以外の媒体(写真、ビデオ)であったり、撮影の過程自体を含んでいない(フルCG)場合であっても、完成形態がフィルムであり映画館等での上映が可能な作品であれば映画と見なされることが多くなってきている。近年目立つのは、(mini)DV、DV-CAM、ハイビジョン、HD24p、digital BETACAMといった、デジタル系メディア (媒体)|媒体で撮影、編集され、その後でフィルムに変換(この作業はキネコと呼ばれる)された作品が劇場公開されるパターンである。逆に、日本では現在ほとんどなくなってしまったが、ドラマを中心に最初からテレビでの放映を目的に16mmフィルムで撮影される映画作品もある。このような作品をテレビ映画と呼び、1960年代のテレビ番組の主力としてアメリカ製の西部劇やホームドラマなどの作品が多く輸入され、特にホームドラマは日本の生活文化に影響を与えたといわれている。最初からビデオで撮影され、販売・レンタルされる場合をビデオ映画、オリジァ
J%k%S%G%*!"Vシネマ(本来、これは東映オリジナルビデオの邸
PO?>&I8$G$"$k$,!"0lHLL>>N2=$7$F$$$k!K$H8F$s$G$$$k!#6aG/$O!"%l%s%?%k%S%G%*$d!"ADSL、FTTHといったいわゆるブロードバンドインターネット接続|ブロードバンドの普及による動画の配信方法の多様化や、時代背景の変化などにより映画の種類や範囲も多様化してきている。日本国内の映画の動向については日本映画のページにて詳述する。



シネマ


「シネマ (Cinema)」は、フランス語で映画の意味である。語源はギリシャ語の「Kinein(動く)」。リュミエール兄弟が開発したシネマトグラフの「シネマト」から派生した言葉と言われている。アメリカではアート系の作品を「シネマ」と呼び、娯楽作品には「ムービー」と呼ぶ傾向があるらしい。フランス映画にアート系が多く、アメリカ映画に娯楽作品が多いという印象がそうさせているのだろうか。日本のマスメディアの扱い方にもそういう傾向があるのは否めない。



キネマ


戦前までは、映画は「キネマ」(Kinema)とも呼ばれた。当時から続く雑誌(「キネマ旬報」など)にこの名前が残っているほか、古風なイメージを出したい時にも使われる。キネマも参照のこと。



映画



  • 映画史を参照せよ。



    個人向けの映画


     現在、個人が動画を撮る方法としては、カメラ一体型VTRで記録するのが普通である。しかし、VTRが普及する以前は8ミリフィルムで撮影するのが主流であった。業務用の16mmフィルムは個人では機材、フィルムともにコストがかかりすぎるため、個人向けに、小さなフィルムを使うことで個人でも利用可能にしたのである。詳しくは8ミリを参照のこと。



    関連項目



  • 映画の配信媒体

    映画

    オリジナルビデオ

    テレビ

    ネット配信


  • 映画の著作物


  • 映画の分類

    映画のジャンル

    映画のレイティングシステム


  • 映倫


  • 映画評論


  • 映画


  • 映画用語


  • 映画会社


  • 映画学校


  • 映画プロデューサー


  • 映画監督


  • 映画俳優


  • 映画スタッフ


  • 各国の映画


  • 映画の賞


  • 映画


  • 年度別日本公開映画


  • 映画作品一覧

    実在する特定の病気を主題とした映画の一覧


  • 興行成績


  • サイレント映画


  • アニメーション

    劇場用アニメ映画*ハリウッド - アメリカにおける映画産業の中心地*レンタルビデオ*8ミリ(ビデオではなくフィルム)



    外部リンク



  • 映画生活


  • eiga.com


  • Yahoo!ムービー


  • Box Office Mojo


  • みんなのシネマレビュー


  • IMDB


  • CinemaScape −映画批毘/a>空間−]


  • allcinema



    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年06月06日

    映画[魔女の宅急便]

    映画の缶詰魔女の宅急便



    魔女の宅急便』(まじょのたっきゅうびん)は、#角野栄子の児童書(児童文学)

    ・1.を原作とした劇場用アニメ映画|劇場アニメ作品。宮崎駿監督、スタジオジブリ製作?



    児童文学


    角野栄子『魔女の宅急便』シリーズの1作目。主人公のキキが親の元を離れ、知らない町で運送屋を開業し一人立ちする姿を描く。シリーズ化されており、現在4冊まで福音館書店から刊行されている。*魔女の宅急便


  • 魔女の宅急便その2 キキと新しい魔法


  • 魔女の宅急便その3 キキともうひとりの魔女


  • 魔女の宅急便その4 キキの恋



    映画


    宮崎駿によって映画化された。1989年7月29日公開。原作をかなり自由に脚色し、背景にはアイルランドやスウェーデン、ポルトガルなどで取材してきた町の風景を使い、若い人たちの人気を集めた。主な舞台になった町は、スウェーデンのゴトランド島ビスビューおよびストックホルムの町とその郊外が下敷きになっている。映画の主題歌には、松任谷由実|荒井由実が歌う既存の楽曲「ルージュの伝言」(オープニング)と「やさしさに包まれたなら」(エンディング)が採用され、映画公開当時リバイバルヒットとなった。また宅急便は、ヤマト運輸の商標でもあり、映画にも黒猫のジジが登場する。黒猫はヤマト運輸のキャラクターで有ることを縁にヤマト運輸が映画に協賛し、タイアップで企業のイメージアップを図ったのも話題になった。
    また、1978年公開の『さらば宇宙戦艦ヤマト-愛の戦士達』の記録を抜いて劇場用アニメ映画の日本記録を更新した。
    英語版作品名は "Kiki's Delivery Service"。主題歌は日本版と異なり、別の英語の歌が用いられている。



    あらすじ


    魔女の娘は、13歳になると修行のために家を出て独立するという掟があった。そんな女の子のひとりキキは、黒猫ジジと共に港町コリコに降り立った。パン屋の女主人に気に入られ、店先を借りて宅急便を開業することとした彼女。そこには新しい生活と喜び、失敗と挫折、人力飛行機に熱中する少年トンボとの出会いが待っていた。



    コピー


    おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。



    スタッフ



  • 監督、脚本、プロデューサー:宮崎駿


  • 原作:角野栄子


  • キャラクター・デザイン:近藤勝也


  • 音楽:久石譲


  • 主題歌:荒井由実「ルージュの伝言」「やさしさに包まれたなら」



    声の出演



  • キキ:高山みなみ


  • ジジ:佐久間レイ


  • ウルスラ:高山みなみ(キキと一人二役)


  • おソノ:戸田恵子


  • トンボ:山口勝平


  • コキリ:信沢三恵子


  • 老婦人:加藤治子


  • バーサ:関弘子


  • オキノ:三浦浩一



    補足


    もともと宮崎監督は若い頃に荒井由実の楽曲を聴いており、それがこの時の採用につながった?当初は、同じ荒井由実でも「ルージュの伝言」ではなく「中央フリーウェイ」を使うことを検討したが、東京都下の具体的な地名が歌詞に入っているために取りやめたという?



    関連



  • 宮崎駿


  • スタジオジブリ


  • 劇場用アニメ映画


  • 松任谷由実





    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年06月05日

    映画[火垂るの墓]

    映画の缶詰火垂るの墓



    火垂るの墓』(ほたるのはか)とは野坂昭如の小説。1945年の神戸市|神戸・西宮市|西宮などを舞台に戦争前後の兄妹の姿を描いた。 4歳の節子とその兄である14歳の清太が空襲で母を失い、おばの家で暮らし始めるが、やがて働きもしない節子と清太をおばは毛嫌いしていく。そんな中、2人の兄妹は家を出ることを決心し、防空壕の中で2人きりで住み始める。



    アニメ作品


    同名のアニメがスタジオジブリによって1988年4月16日に映画化された。監督・脚本は高畑勲。挿入歌としてアメリータ・ガル・クリチの「はにゅうの宿(原題:Home, Sweet Home)」が使われた。英語版タイトルは「The Grave of the Fireflies」。


    [スタッフ]



  • 脚本・監督:高畑勲


  • 作画監督:近藤喜文


  • 美術監督:山本二三


  • 音楽:間宮芳生


  • 制作:スタジオジブリ


    [主なキャスト]



  • 清太 - 辰巳努


  • 節子 - 白石綾乃


  • 清太・節子の母 - 志乃原良子


  • 清太・節子のおばさん - 山口朱美



    作品論


    アニメ版は他の多くのジブリ作品と違い、直接な深刻さを多く含んでいる。兄妹の母が空襲にあい、血だらけで全身に包帯を巻かれ、瀕死の状態で寝かされている所に清太が対面している所、おばが2人を嫌がる場面など印象に残るシーンが多く、人の心までも変えてしまう戦争の現実を思い知らされる作りになっており、戦争とはなにかを強く問いかけていると言われる。



    その他


    このアニメが劇場公開されたとき、いわゆる大人の事情でとなりのトトロとの二本立ての上映であった。内容を知らず、トトロ→火垂るの墓の順で見た観客は、楽しいアニメを子供と見ようと楽しみにしていたのに、母子を悲しみのそこに突き落とし、映画が終わって涙が止まらない者や、茫然自失で席から立ち上がれない者が続出し、苦情が多数寄せられた。

    あらかじめある程度内容の知っているものは、火垂るの墓→トトロと見て、このような事態にならなかった。そのせいか、興行自体は赤字であったが、トトロのぬいぐるみが予想もせず大ヒットをし、資金を回収した。当初、ジブリはぬいぐるみ化するのは考えてもいなかったのだが、販売側の強い説得により実現し、たなぼたを得た。大韓民国|韓国では2005年に劇場公開される予定だったが、原作小説が「極右主義小説」、話の筋が「兄と妹の悲劇を通じて日本を美化した」という批判を受け公開が事実上無期限延期となった。戦争の悲劇を描き、どちらかといえば左翼的思想で描かれた本作に対してまで極右扱いをする韓国の極端な思想が見て取れる。





    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年06月04日

    映画[グリーンマイル]

    映画の缶詰グリーンマイル





    グリーンマイルはスティーヴン・キングが1996年に発表した、死刑囚が収容されている刑務所が舞台とする小説。1999年にトム・ハンクス主演で同名の映画が作られ、2000年のアカデミー賞では音響・脚本・作品賞、マイケル・クラーク・ダンカンは助演男優賞にノミネートされた。アメリカでは(その後日本でも)6冊が毎月一冊ずつ6ヶ月連続で刊行され、話題となった。





    主なキャスト



  • トム・ハンクス


  • デヴィッド・モース


  • バリー・ペッパー


  • ジェフリー・デマン


  • ダグ・ハッチソン


  • ジェームズ・クロムウェル


  • マイケル・クラーク・ダンカン


  • サム・ロックウェル


  • マイケル・ジェッター


  • ボニー・ハント


  • パトリシア・クラークソン


  • ゲイリー・シニーズ





    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年06月03日

    映画[ホワイトアウト]

    映画の缶詰ホワイトアウト





    ホワイトアウト』は、真保裕一のサスペンス小説。日本最大のダムを占拠したテロリストから人質を救うべく立ち上がった青年の活躍を描く。織田裕二主演で映画化され、ヒット作となる。1995年、新潮社刊。タイトルの「ホワイトアウト」とは、山での吹雪で自分の位置が全くわからなくなってしまうことを言う。



    映画


    『WHITE OUT』(ホワイト アウト)は2000年の日本映画。監督は本作が監督デビュー作である若松節郎。興行的に成功した一方で、アメリカ合衆国|アメリカのアクション映画である『ダイ・ハード』と『クリフハンガー (映画)|クリフハンガー』を足して割ったような映画だと評されることも多い。


    [ スタッフ ]



  • 監督 : 若松節朗


  • 音楽 : 住友紀人(サウンドトラック発売元:ビクターエンタテインメント)


  • 特撮監督 : 神谷誠


    [ キャスト ]



  • 織田裕二


  • 松嶋菜々子


  • 佐藤浩市


  • 石黒賢


  • 吹越満



    あらすじ


    日本最大の貯水量を誇る新潟県奥遠和ダム。冬のある日、ダムの運転員富樫は遭難者救助のために猛吹雪のなかを出発するが、ホワイトアウト現象に見舞われ、同僚であり親友の吉岡を亡くしてしまった。それから2ヵ月後、吉岡の婚約者であった平川千昌が奥遠和ダムに訪れるが時同じく、テロリスト集団「赤い月」がダムを占拠した。テログループは政府に50億円を要求、拒否すれば人質を殺害しダムを破壊すると通告。ダムが破壊されたら20万世帯は一瞬にして水没してしまう。タイムリミットは24時間。偶然テロリストから逃げおおせた富樫は人質となっているダムの職員、そして平川千昌を救出すべく単身テロリストに戦いを挑む…。





    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年06月02日

    映画[ダンサー・イン・ザ・ダーク]

    映画の缶詰ダンサー・イン・ザ・ダーク



    ダンサー・イン・ザ・ダーク』(''Dancer in the Dark'')は2000年のデンマークのミュージカル映画。監督はラース・フォン・トリアー。カンヌ映画祭では最高賞であるパルム・ドールを受賞した。その他にもかなり多数の受賞がある。カリスマ的な人気を誇るアイスランドの女性歌手ビョークを主役に据え、手持ち主体のカメラワークやジャンプカットの多用によるスピーディーな画面展開、主人公の空想のシーンを明るい色調のミュージカル仕立てにした新奇な構成などにより評論家から高い評価を得た作品。難病を抱えた息子の治療費をためるために、空想癖のある主人公は地道にお金を蓄えていたが、彼女は弱視のために、事件に巻き込まれることになる。(感想)その画面の独自性や暗いアン・ハッピーエンドにより一般的な評価は大きく賛否が分かれた。しかし、否定的な見解の多くは、いわゆるハリウッド的なハッピーエンドではないことに対する嫌悪感や人間の描き方が暗いといった多分に感情的なもの、あるいは自分の映画観に沿っているかいなぁ
    $$+$@$1$r4p=`$H$7$?$b$N$G$"$j!"$3$N1G2h$N$KBP$9$kI>2A$O!"1G2h$KBP$72?$r5a$a$F$$$k$+!"1G2h$r$I$N$h$&$K4Q$F$$$k$+$N;n6b@P$H8@$$F@$k$+$b$7$l$J$$!#



    スタッフ



  • 監督:ラース・フォン・トリアー


  • 脚本:ラース・フォン・トリアー


  • 製作:ペーター・オールベック・ヤンセン 


  • 音楽:ビョーク



    キャスト



  • ビョーク


  • デヴィッド・モース


  • ピーター・ストーメア


  • カトリーヌ・ドヌーヴ


  • ウド・キアー


  • ステラン・スカルスガルド



    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年06月01日

    映画[ターミネーター]

    映画の缶詰ターミネーター



    ターミネーター(terminator)#アメリカのSF映画『ターミネーター (映画)|ターミネーター』のシリーズやそこに登場する、人類抹殺用アンドロイドのこと、もしくはこの映画のタイトル。

    ・英語で「終わらせるもの」「根絶するもの」のこと。

    ・コンピュータや映像信号のケーブルなど、電子回路で用いられる終端器、終端抵抗。

    ・天体の明るく見える部分と暗い部分の境界のこと。

    ターミネーター (遺伝子工学)|ターミネーターとは、農作物が自らの種子を自滅させるように設計する技術。





    Wikipediaより引用


    posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。