2005年05月31日

映画[世界の中心で、愛をさけぶ]

映画の缶詰世界の中心で、愛をさけぶ





世界の中心で、愛をさけぶ』(せかいのちゅうしんで あいをさけぶ)は、片山恭一の小説である。小学館より2001年4月に刊行された。初版8000部と発売当初はさほど話題とはならなかったが、小学館の新入社員だった営業マンの目に止まり、彼が売り込んだことからはじまり、一部書店販売員らの手書きのPOP広告と口コミにより評判となった。また、女優の柴咲コウが2002年4月に雑誌ダ・ヴィンチに投稿した書評のコメント「泣きながら一気に読みました。私もこれからこんな恋愛をしてみたいなって思いました」が書籍の帯に採用されたことにより、2003年に一気にヒットする下地を作った。2003年11月に発行部数が100万部に到達、2004年3月に171万部、2004年5月7日に251万部になり『ノルウェイの森』のもっていた日本国内の小説の最大発行部数記録を超える。2004年5月20日に306万部に到達。2004年7月3日検
=:_316万部以上を発行している。:出版社:小学館 ( ISBN 4093860726 )小学館ではこれまで文芸書のヒット作が少なかったが、本作や同じ恋愛路線の『いま、会いにゆきます』などのベストセラーで出版社のイメージを変えた。2004年にかけて漫画化、映画化、およびテレビドラマ化されている。「セカチュー」(「せかちゅう」等と表記される場合もある)と略され、流行語にもなっている。2005年夏、あのセカチューが舞台で帰ってくる。映画版のロケ地である庵治町の皇子神社(ブランコに乗ってサクとアキが祖父の恋愛について話す場所)の金網には、恋人たちや若い女性が恋愛の願い事を祈願した南京錠がつけられている。この南京錠に関して神社の関係者は、新たな縁結びの神様として神社へ来てもらう事を歓迎している。



あらすじ


ある地方都市、中学校でたまたま同じクラスになった朔太郎とアキは、高校生になり、当たり前に恋に落ちていく。だがアキは重病にかかり、日ごとに衰弱していった。朔太郎は、入院中のアキが行けなかった修学旅行のオーストラリアにアキを連れて行くために走る。そして二人は出発する。

(メディアによって細かい違いがある)



主要登場人物



  • サク / 松本朔太郎(まつもとさくたろう) --- 主人公。アキからはサクちゃんと呼ばれる。サク自身は萩原朔太郎に由来しているという。


  • アキ / 廣瀬亜紀(ひろせあき) --- サクのことを勝手にサクちゃんと呼ぶ同窓生。


  • 大木龍之介(おおきりゅうのすけ) --- サク、アキの同窓生。恋するサクのために何かと骨を折る。


  • 松本謙太郎(まつもとけんたろう) --- 朔太郎の祖父。何かとサクを可愛がる。


  • 彼女 --- 十年後の朔太郎と共にいる。 



    タイトルについて


    タイトルの元ネタは、ハーラン・エリスンのサイエンス・フィクション|SF小説『世界の中心で愛を叫んだけもの』(''The Beast that shouted Love at The Heart of The World'' 1969年)であると考えられる。あるいは、同じくエリスン作品から引いた、庵野秀明のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」からの孫引きの可能性もある。このタイトルは、作者本人ではなく編集者がつけたもので、もともと作者は『恋するソクラテス』の題名を考えていたという。



    二次作品





    [漫画版]


    ・『世界の中心で、愛をさけぶ

    :原作:片山恭一

    :作画:一井かずみ

    :単行本:2004年4月6日 小学館より出版、フラワーコミックススペシャル

    :ISBN 4091382738




    [映画版]


    映画版では、大人になってからの主人公の物語が大きく取り上げられ、独自のストーリーを展開している。2004年5月公開。

    ・スタッフ

    :監督・脚本:行定勲

    :脚本:坂元裕二、伊藤ちひろ

    :撮影:篠田昇

    :音楽:めいなCo.

    :主題歌:平井堅『瞳をとじて』(デフスターレコーズ)

    :挿入歌:佐野元春『SOMEDAY』、渡辺美里『きみに会えて』

    :製作委員会:東宝・東京放送|TBS・博報堂DYメディアパートナーズ・小学館・スターダストピクチャーズ・毎日放送(映画版「いま、会いにゆきます」と同じ)

    ・キャスト

    :朔太郎:森山未來 / 大沢たかお

    :亜紀:長澤まさみ

    :律子:柴咲コウ / (少女時代)菅野莉央

    :重じい:山崎努

    :大木龍之介:宮藤官九郎 / (高校時代)高橋一生

    :ジョニー:津田寛治

    :DJ:渡辺美里

    :亜紀の父:杉本哲太




    :朔太郎の上司:天海祐希

    :朔太郎の母:木内みどり

    :律子(少女)の母:田中美里

    :映画監督:森田芳光

    :英語教師:ダンディ坂野

    :台風情報のTV番組:斎藤哲也、小林麻耶

    ・関連項目

    :白血病、白亜紀、ウォークマン、ウルル

    ・特記

    :高校生の朔太郎は伊藤つかさのファン。

    :亜紀のリクエストはがきに井上陽水の「いっそセレナーデ」。

    :登場する電車は松山市ロケ。

    :渡辺美里の『きみに会えて』は、西武ドームライブのTV告知用としても使用された。

    :ブランコ、港のシーンの景色に出てくる台形状の山は屋島の戦い(源平合戦)で有名な「屋島」で、ロケ地となった庵治町が対岸から眺めることが出来る。




    映画公式サイト

    DVD公式サイト

    ・派生作品

    :小説 指先の花 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』律子の物語

    :著者:益子昌一

    :出版社:小学館 (2004年05月)

    :ISBN 4094080244

    :映画のシナリオを、律子の視点から描いた作品。

    ・主なロケ地

    :フィルム・コミッション:香川フィルム・コミッション、えひめフィルム・コミッション。*香川県

    木田郡庵治町

    木田郡牟礼町

    香川郡香南町


  • 高松空港

    さぬき市

    丸亀市


  • 愛媛県

    松山市

    大洲市(旧:喜多郡長浜町)

    伊予郡松前町 (愛媛県)|松前町


  • オーストラリア

    アリススプリングス


    [TVドラマ]


    TBS/TBSエンタテインメントにより制作、2004年7月2日より2004年9月10日まで放送。全11回シリーズ。2004年9月17日には、その後の物語を描いたドラマ版オリジナルの特別編も放送。
    1987年の設定で朔太郎と亜紀を取り巻く周りの人物についても丁寧に描いた、ドラマ版独自のストーリー展開が注目された。


    2005年4月4日より再放送(14時〜、関東地方のみ)。

    ・スタッフ


  • 原作:片山恭一


  • 脚本:森下佳子


  • 撮影:唐沢悟


  • 演出:堤幸彦、石井康晴、平川雄一朗


  • プロデューサー:石丸彰彦


  • 主題歌:柴咲コウ『かたちあるもの』(ユニバーサルミュージック)

    ・キャスト


  • 松本朔太郎:山田孝之 (17,高校生時代)/ 緒形直人(34,大学病院研究医)


  • 廣瀬亜紀(17):綾瀬はるか - 朔太郎の恋人で同級生、入院場所:稲代総合病院401号室、戒名:千和院風草紀颯信女


  • 小林明希(34):桜井幸子 - 朔太郎の大学時代からの親友


  • 小林一樹 - 仲條友彪 - 明希の息子


  • 松本謙太郎(72):仲代達矢 - 朔太郎の祖父、松本写真館創業者


  • 松本潤一郎(47,64):高橋克実 - 朔太郎の父


  • 松本富子(43,60):大島さと子 - 朔太郎の母


  • 松本芙美子(13):夏帆 - 朔太郎の妹


  • 廣瀬真(48,65):三浦友和 - 亜紀の父、建築事務所経営、一級建築士


  • 廣瀬綾子(43,60):手塚理美 - 亜紀の母


  • 谷田部敏美(35,52):松下由樹 - クラス担任国語教師


  • 大木龍之介(17):田中幸太朗 - 朔太郎の幼なじみ


  • 中川顕良(17):柄本佑 - 朔太郎の同級生、アダ名:坊主


  • 上田智世(17):本仮屋ユイカ - 亜紀の友人、大林達明と結婚、娘は亜紀


  • 安浦正(17):田中圭 - 学級委員


  • 黒沢千尋(17):水野はるか


  • 池田久美(17):浅香友紀 - 代打のジュリエット役


  • 真島順平:鳥羽潤 - 亜紀と同じ稲代総合病院の白血病患者


  • おかやまはじめ - 智世の父親


  • 武野功雄


  • 野添義弘


  • 浅野和之 - 稲代総合病院の医師


  • 岩橋道子


  • 浅沼晋平


  • 島邑みか


  • 須賀力


  • 李鐘浩


  • 平野文


  • 森富士夫


  • 森山米次


  • 森喜行


  • 中田優子


  • 石川裕司


  • 浜幸一郎


  • 柴井伶太


  • 茂木和範


  • 尾林凛太郎


  • 本多楽


  • 里吉彩華


  • 立石涼子


  • 森山米次


  • 辻井義人


  • 渡邊ひかる


  • 岩尾万太郎


  • 安田暁


  • 森川数間


  • 金田美香


  • 川瀬良子


  • 佐藤弥生


  • 白石みき


  • 竹井美咲


  • 諸岡愛美


  • ゆりん


  • 宮本侑芽


  • 増田佳彬


  • 芸プロ


  • トライアル


  • 劇団ひまわり


  • 松崎町のみなさん

    ・各話タイトル

    :第1話 (なし)

    :第2話 (なし)

    :第3話「永遠の別れ」

    :第4話「最後の日」

    :第5話「忍びよる影」

    :第6話「生への旅路」

    :第7話「明けない夜」

    :第8話「プロポーズ」

    :第9話「最期の選択」

    :第10話「たすけてください…」

    :最終話「かたちあるもの」(75分拡大版)

    :特別編「17年目の卒業」(2時間スペシャル)

    ・派生作品

    :世界の中心で、愛をさけぶ MEMORIES

    :出版社:角川書店 (2004年09月)

    :ISBN 4048944533

    :ドラマの公式ビジュアルブック。

    ・主なロケ地

    フィルム・コミッション:フィルム・コミッション伊豆


  • 静岡県

    賀茂郡 (静岡県)|賀茂郡松崎町

    賀茂郡西伊豆町

    賀茂郡東伊豆町

    伊豆の国市(旧:田方郡韮山町)

    伊豆市

    富士市

    下田市


  • 東京都

    新宿区

    八王子市

    武蔵野市


  • 千葉県

    市原市

    館山市

    安房郡鋸南町


  • 福島県

    石川郡 (福島県)|石川郡玉川村 (福島県)|玉川村


  • オーストラリア

    シドニー

    キングスキャニオン;関連項目


  • 貧血#造血異常|再生不良性貧血



    舞台


    2005年8月5日から2005年9月4日。世田谷パブリックシアターから全国各地で公演予定。;スタッフ

    :原作:片山恭一

    :脚本:蓬莱竜太(モダンスイマーズ)

    :演出:西川信廣(文学座演出部所属)

    :主催:TBS/ニッポン放送

    :企画・製作:TBS;キャスト

    :松本朔太郎:田中幸太朗(TBSドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』『H2 (漫画)|H2〜君といた日々』)

    :廣瀬亜紀:佐藤めぐみ(『銀のエンゼル』)

    :教師・瀬戸:とよた真帆

    :教師・近藤:升毅

    :サクの祖父:上條恒彦



    ラジオドラマ CD Book


    エフエム東京|TOKYO FMで2004年05月に放送されたラジオドラマをCD-ROMに収録し、ブックレットにシナリオ、イメージ写真を収めた構成となっている。

    ・出版

    :原作:片山恭一

    :脚本、演出:飯村聖美

    :出版:TOKYO FM出版 (2004年07月)

    :ISBN 4887451083

    ・出演

    :松本朔太郎:松田龍平

    :広瀬亜紀:宮崎あおい



    テーマソング



  • 「瞳をとじて」-平井堅





    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[ランボー]

    映画の缶詰ランボー



    ・フランスの詩人アルチュール・ランボー Arthur Rimbaud

    ・アメリカ映画『ランボー』RAMBO シリーズもしくはその主人公の名前:ここで記述する。----ランボー(''First Blood'')は、1982年のアメリカ映画。俳優のシルベスター・スタローンが主演した。原題は「First Blood」(最初の流血)だが、スタローンが演じるジョン・ランボーの名から邦題は「ランボー」とされた。それを受けて製作国アメリカでも続編からは題名を「ランボー」とした。



    続編



  • ランボー/怒りの脱出』ラジー賞最低作品賞、最低主演男優賞、最低脚本賞、最低主題歌賞:『Peace in Our Life』


  • ランボー3/怒りのアフガン』ゴールデンラズベリー賞最低主演男優賞





    あらすじ


    ジョン・ランボーがベトナム戦争の帰還兵として母国を放浪して戦友に会いに行くところから始まる。しかし、友人は戦争の負傷のせいで亡くなっていた。彼には、家族も家もないわけで、やっと探し出した戦友は亡くなっていて非常に落胆する。

    とぼとぼと彼がさまよっていると、保安官が車を止め「どこに行くのか?」と聞く。ランボーは「食事をしたいから町に行く」と答える。が、乗せてつれていかれたのは町ではなく町外れ。保安官は町を得体の知れないよそ者から守ると称してランボーを不当に差別する。当時のアメリカ帰還兵への差別は大変厳しいものだったようで保安官の行動はどうやら当時の風潮そのままだったようだ。ランボーは、不当な差別に怒り町に戻ろうとするが、保安官にまたしても阻まれる。もみ合う内に保安官が保安官としての権利を行使してランボーを捕まえ、拘留されてしまう。そこで保安官助手たちに屈辱的な尋問をされるが、尋問されたたことでランボーはベトナム時代の残酷な拷問をフラッシュバックし、過去ベトナム兵からの激しい后
    iLd$H8=ランボーを捕らえようとするが、ランボーは実はただのベトナム帰還兵ではなく特殊部隊隊員であって非常に危険な人物であると身をもって知ることになる。ランボーは作品中に、国の方針にしたがい戦争をした同胞に対して、世間はなんと冷たいのかと嘆く。「軍にいたころは100万ドルの兵器を遣わせてもらえたが、ここでは警備員としても雇ってくれない」と言う。ランボーの嘆きには鬼気迫るものがあり、人々の胸を打つ物語である。



    吹き替えキャスト



  • ジョン・ランボー(シルベスター・スタローン) CV:佐々木功


  • トラウトマン大佐(リチャード・クレンナ) CV:内田稔※CX版ではランボー:銀河万丈、大佐:阪修

    ※TBS版ではランボー:羽佐間道夫、大佐:小林昭二

    ※日本テレビ版ではランボー:玄田哲章、トラウトマン大佐:小林修、ティーズル保安官:内海賢二



    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年05月30日

    映画[スパイダーマン]

    映画の缶詰スパイダーマン



    スパイダーマン™(Spider-Man™) は、アメリカ合衆国のマーヴェル・コミック刊行の複数のアメコミに登場する架空のヒーローであり、同名の映画作品及び、そのシリーズ名である。

    勉強以外は冴えないクイーンズ在住の高校生、ピーター・パーカーは、社会見学中に被験体のクモに噛まれた事により、スーパーパワー(詳しくは以下の「能力」を参考)を手に入れる。彼は、お馴染みの赤と青のコスチュームを誂え、テレビ出演して金を稼いだ。彼は番組収録後、一人の強盗が警備員から逃げるのをただ見過ごした。そして、その強盗はピーターの父親がわりの叔父ベン・パーカーを殺害する。それを知ったピーターは強盗を捕獲し、それが自分が逃がしてしまったのと同じ男だと気付く。後悔の念に押しやられたピーターは、叔父が残した「大いなる力には、大いなる責任が伴う」という言葉を胸にスーパーヒーローになる事を決意する。



    能力



  • 10tの物体を持ち上げる怪力。


  • 常人の40倍の敏捷性。


  • 驚異的な跳躍力と身の軽さ。


  • 超人的な動体視力。


  • 壁や天井にクモのように吸着する能力。


  • 危険を感知する超感覚スパイダーセンス。


  • クモ糸投射器ウェブシューター(2002年の映画版では、手首に出来た腺から、手が一定の形を取る事で直接発射する)



    代表的なヴィラン以外の登場人物


    ピーターの私生活と関係のあるヴィランは含む*メリー・ジェーン・ワトソン


  • メイ・パーカー


  • ベン・パーカー


  • ハリー・オズボーン


  • ノーマン・オズボーン


  • J・ジョナ・ジェイムソン


  • ジョー・ロバートソン


  • ベティー・ブラント


  • フラッシュ(ユージン・トンプソン)


  • キングコング(クリフォード・ハーラン)


  • リズ・アレン


  • グウェンドリン・ステーシー


  • ジョージ・ステーシー


  • アンナ・ワトソン


  • ベン・ライリー



    代表的な悪役(ヴィラン)



  • グリーンゴブリン(本名:ノーマン・オズボーン、ハリー・オズボーン)


  • ホブゴブリン(本名:ロデリック・キングスリー)


  • ドクター・オクトパス(本名:オットー・オクタヴィアス)


  • ヴェノム(本名:エドワード・チャールズ・ブロック)


  • カーネイジ(本名:クリータス・カサディー)


  • リザード(本名:カーティス・コナーズ)


  • キングピン(本名:ウィルソン・フィスク)


  • エレクトロ(本名:マクスウェル・ディロン)


  • ヴァルチャー(本名:エイドリアン・トゥームス)


  • サンドマン(本名:ウィリアム・ベイカー)


  • ハイドロマン(本名:モリス・ベンチ)


  • ミステリオ(本名:クエンティン・ベック)


  • クレイヴン・ザ・ハンター(本名:セルゲイ・クラヴィノフ)


  • ショッカー(本名:ハーマン・シュルツ)


  • スコーピオン(本名:マクドナルド・ガーガン)


  • ライノ(本名:アレックス・O・ハーン)


  • ビートル(本名:エイブナー・ジェンキンス)


  • マンウルフ(本名:ジョン・ジェイムソン)



    映像化作品



  • テレビアニメ『スパイダーマン™』(米)*映画『スパイダーマン™』原題:''SPIDER-MAN™''(1977年、米CBS)


  • 映画『スパイダーマン™−プルトニウムを追え』原題:''SPIDER-MAN™ STRIKES BACK'' (1978年、米CBS)


  • 映画『スパイダーマン™−ドラゴンズ・チャレンジ』原題:''SPIDER-MAN™ THE DRAGON'S CHALLENGE'' (1980年、米CBS)*テレビ特撮『スパイダーマン』(1978年、東映)

       スパイダーマン (東映)を参照*映画『スパイダーマン (映画)|スパイダーマン』(2002年)


  • 映画『スパイダーマン2』(2004年)


  • 映画『スパイダーマン3』(2007年)

    また4月13日にPSP用のUMDでスパイダーマン2が発売予定



    その他


    池上遼一作画の漫画が1970年に別冊(月刊)週刊少年マガジン|少年マガジンに1年間毎号100頁で連載された。マーヴェルの正式な許諾を受けての翻案であるためコスチュームは米国版と同じだが、内容は日本の社会情勢に合わせたために独特の(一般に暗い、救いがないと言われる)世界観であった。前半はアメリカンコミックスに造詣の深い映画評論家の小野耕世が原作を勤め、リザードやエレクトロ、ミステリオなどアメリカ版通りのヴィランが登場する。後半、平井和正を原作者に迎え、更に独自性を増した。このときの物語で、主人公の輸血を受けた人間が超能力を持つ「スパイダーマンの影」や、超能力者の残留思念が人を襲う「虎を飼う女」は、後に氏の代表作となる「アダルト?ウルフガイ」に転用される。2005年現在、月刊コミックボンボンにて山中あきら作画の漫画の「スパイダーマンJ」が連載されている。※東映の特撮作品とは、全く関係無い。2004年に 
    "Bg:e%F!<%^%Q!<%/%f%K%P!<%5%k%9%?%8%*%8%c%Q%s$K%"%a!<%8%s%0!&%"%I%Y%s%A%c!スパイダーマン・ザ・ライドが創られた。



    ゲーム作品



  • プレイステーション用ソフト『スパイダーマン


  • プレイステーション用ソフト『スパイダーマン2 -エンター:エレクトロ-』


  • ゲームボーイアドバンス用ソフト『スパイダーマン -ミステリオの脅威-』(2002年、サクセス)


  • ゲームボーイアドバンス用ソフト『スパイダーマン -シニスター・シックス-』


  • プレイステーション2、Xbox、ニンテンドーゲームキューブ用ソフト『SPIDER-MAN』(2003年、カプコン)


  • プレイステーション2用ソフト『SPIDER-MAN2』(2004年、タイトー)


  • ニンテンドーDS用ソフト『SPIDER-MAN2』(2005年、タイトー)





    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[耳をすませば]

    映画の缶詰耳をすませば





    耳をすませば』(みみをすませば)は、柊あおいの漫画作品、およびアニメーション映画|アニメ映画。



    漫画





    [『耳をすませば』]


    読書が大好きな女子中学生、月島雫。雫は愛読書の図書カードに天沢聖司という名が必ずある事に気がつき、知らない彼への思いをめぐらす。そんなある日、電車の車内で出会った猫に導かれ、地球屋という不思議な店に迷い込む。「りぼん」1989年8月号〜11月号にて連載。りぼんマスコットコミックスにて単行本化。全1巻。


    [『耳をすませば 幸せな時間』]


    中学生最後の夏休み。「受験生」という立場を持て余し気味の雫はちょっと憂鬱。そんな時、空から降ってきた不思議な羽を拾う。その本体である翼について調べる内に「猫の図書館」に行き着く。 「りぼんオリジナル」1995年8月号に掲載。りぼんマスコットコミックスにて単行本化。全1巻。



    アニメ映画


    アニメ映画『耳をすませば』は、同名の漫画を原作にスタジオジブリがアニメ映画化した作品。1995年7月15日日本公開。


    [あらすじ]
    読書好きの中学3年の月島雫は、父の勤める図書館へよく通うが、自分の読む本を全て先に借りて呼んでいる少年の名前に気がつく。その少年が同級生だと知るのに時間はかからなかったが、その少年のことが何かと気になる。ある日、図書館への道で変な猫を見つけ、その猫を追いかける。猫は小さな雑貨屋へ入ってゆき、雫は店で老人と出会う。老人は少年の祖父で、少年は地下の工房でバイオリンを作っていた。やがて彼は職人になるためにイタリアへ留学するという。自分の夢をもつ少年に対抗し、雫は自分の夢を求め、小説を書き始める。


    [スタッフ]



  • 監督:近藤喜文


  • 脚本・絵コンテ:宮崎駿


  • 作画監督:高坂希太郎


  • 美術:黒田聡


  • 音楽:野見祐二


  • 制作:スタジオジブリ


    [キャッチコピー]


    好きなひとが、できました。


    [キャスト]



  • 月島雫(声優|CV: 本名陽子)


  • 天沢聖司(CV: 高橋一生)


  • 月島靖也(雫の父、CV: 立花隆)


  • 月島朝子(雫の母、CV: 室井滋)


  • 月島汐(雫の姉、CV: 山下容莉枝)


  • バロン(CV: 露口茂)


  • 西司郎(地球屋主人、CV: 小林桂樹)


  • 高坂先生(CV: 高山みなみ)


  • 原田夕子(CV: 佳山麻衣子)


  • 杉村(CV: 中島義実)




    [テーマ曲]



  • カントリー・ロード (故郷へ帰りたい) - オリヴィア・ニュートン・ジョン



    外部リンク



  • スタジオジブリ内ページ





    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年05月29日

    映画[ブラックホーク・ダウン]

    映画の缶詰ブラックホーク・ダウン



    ブラックホーク・ダウン(''Black Hawk Down'')は1993年、実際にソマリアでおこった壮烈なモガディシュの戦闘【アメリカ合衆国軍|米軍(多国籍軍)とゲリラの市街戦】を描いた戦争映画。ハイレベルな映像技術が話題となったが、米軍の立場からのみ描かれているという批判もある。しかし、原作と同じく米軍兵士の視点というスタンスで描かれているのでその批判は値しない。リドリー・スコット監督作品。*;監督

    リドリー・スコット *;出演

    ジョシュ・ハートネット

    ユアン・マクレガー

    トム・サイズモア

    エリック・バナ

    ウィリアム・フィクナー

    サム・シェパード

    オーランド・ブルーム 



    あらすじ
    1993年国際世論におされたアメリカ合衆国軍|米軍はソマリアへ派兵。独裁者アイディード将軍の副官2名を逮捕するため約100名の米兵を首都モガディシオへ潜入した。当初、作戦は1時間足らずで終了するはずだったが一機の高性能ヘリコプターUH-60 ブラックホーク|ブラックホークが撃墜されてしまい、とてつもない市街戦に突入するのだが・・・。





    Wikipediaより引用


    posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[猫の恩返し]

    映画の缶詰猫の恩返し







    Wikipediaより引用


    posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年05月28日

    映画[ダンサー・イン・ザ・ダーク]

    映画の缶詰ダンサー・イン・ザ・ダーク



    ダンサー・イン・ザ・ダーク』(''Dancer in the Dark'')は2000年のデンマークのミュージカル映画。監督はラース・フォン・トリアー。カンヌ映画祭では最高賞であるパルム・ドールを受賞した。その他にもかなり多数の受賞がある。カリスマ的な人気を誇るアイスランドの女性歌手ビョークを主役に据え、手持ち主体のカメラワークやジャンプカットの多用によるスピーディーな画面展開、主人公の空想のシーンを明るい色調のミュージカル仕立てにした新奇な構成などにより評論家筋からは高い評価を得た作品だが、その画面の独自性や暗いアン・ハッピーエンドにより一般的な評価は大きく賛否が分かれた。しかし、否定的な見解の多くは、いわゆるハリウッド的なハッピーエンドではないことに対する嫌悪感や人間の描き方が暗いといった多分に感情的なもの、あるいは自分の映画観に沿っているかいないかだけを基準としたものであり、この映画のに対する評価は、映画に対し何を求めているか、映画をどのように観ているかの試金石と言い得るかもしぁ
    l$J$$!#



    スタッフ



  • 監督:ラース・フォン・トリアー


  • 脚本:ラース・フォン・トリアー


  • 製作:ペーター・オールベック・ヤンセン 


  • 音楽:ビョーク



    キャスト



  • ビョーク


  • デヴィッド・モース


  • ピーター・ストーメア


  • カトリーヌ・ドヌーヴ


  • ウド・キアー


  • ステラン・スカルスガルト



    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[ブラックホーク・ダウン]

    映画の缶詰ブラックホーク・ダウン



    ブラックホーク・ダウン(''Black Hawk Down'')は1993年、実際にソマリアでおこった壮烈なモガディシュの戦闘【アメリカ合衆国軍|米軍(多国籍軍)とゲリラの市街戦】を描いた戦争映画。ハイレベルな映像技術が話題となったが、米軍の立場からのみ描かれているという批判もある。しかし、原作と同じく米軍兵士の視点というスタンスで描かれているのでその批判は値しない。リドリー・スコット監督作品。*;監督

    リドリー・スコット *;出演

    ジョシュ・ハートネット

    ユアン・マクレガー

    トム・サイズモア

    エリック・バナ

    ウィリアム・フィクナー

    サム・シェパード

    オーランド・ブルーム 



    あらすじ
    1993年国際世論におされたアメリカ合衆国軍|米軍はソマリアへ派兵。独裁者アイディード将軍の副官2名を逮捕するため約100名の米兵を首都モガディシオへ潜入した。当初、作戦は1時間足らずで終了するはずだったが一機の高性能ヘリコプターUH-60 ブラックホーク|ブラックホークが撃墜されてしまい、とてつもない市街戦に突入するのだが・・・。





    Wikipediaより引用


    posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年05月27日

    映画[シックス・センス]

    映画の缶詰シックス・センス



    シックス・センス (''The Sixth Sense'') は1999年のアメリカ映画。M・ナイト・シャマラン監督のホラー映画で、1999年8月6日にアメリカ合衆国|アメリカで、同年10月30日に日本で公開された。死者が見える少年と、彼をサポートする小児精神科医が体験する「未知の世界」と、二人の交流の様子を描く。衝撃的な結末が話題を呼び、大ヒットした。冒頭には「この映画にはある秘密があります、まだ映画を見ていない人には決して話さないで下さい」という前置きがあることも有名である。この作品の成功によってM・ナイト・シャマランは一流監督と見なされるようになった。またハーレイ・ジョエル・オスメントもアカデミー助演男優賞にノミネートされ、天才子役という評価を決定付けた。



    あらすじ


    小児精神科医・マルコムは第一線で活躍する小児精神科医で、多くの子供たちを心の病から救ってきた。しかしある時、彼は10年前に担当したビンセントという少年を実は救えていなかったことを知り、自信を喪失する。そんな中、彼はビンセントに良く似た少年・コールを担当することになる。なんとしても救いたいとするマルコムに、コールはやがて心を開き自分の秘密を打ち明ける。「僕には死んだ人が見えるんだ」。コールには死者が見えてしまう「第6感」があったのだ。マルコムの前に、科学では説明のつかない存在が立ちふさがる…。



    登場人物



  • コール・シアー(ハーレイ・ジョエル・オスメント)


  • 小児精神科医マルコム・クロウ(ブルース・ウィリス)


  • オリヴィア・ウィリアムズ


  • トニ・コレット


  • ドニー・ウォルバーグ


  • ミーシャ・バートン



    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[007]

    映画の缶詰007



    ジェームズ・ボンド (James Bond) は、イギリスの作家イアン・フレミング(1908年 - 1964年)のスパイ小説の主人公である、英国秘密情報部のエース情報員。英国海軍中佐(退役)。殺人許可証を与えられており、「007」のコードネームを持つ。スポーツを好むダンディなプレイボーイで美食家。格闘術に優れ、車や銃の扱いに長ける。愛用の銃は、原作では、当初25口径ベレッタM1934だったが、途中から7.65mm口径のワルサーPPKとなり、映画18作目「トゥモロー・ネバー・ダイ」からは9mm口径のワルサーP99となった。特注の煙草を切らさないヘビースモーカー。酒にはうるさく、「ステアせず、シェイクしたウオツカ・マティーニ」を愛飲する。フレミングはイートン校出身で、ジャーナリストを職としていたが、第二次世界大戦中は英国情報部(SOE―特別作戦部)で対敵諜報工作に携わっており、この経験を活かして007シリーズ|007を書いたと検
    @$o$l$k!#!V%8%'!<%`%:!&%\%s%I!W$H$$$&!"1Q8l7w$G$O$d$dK^MG$J0u>]$N6/$$L>A0$O!"@oA0$N3h7`1G2hE*$J!"2Z$d$+$J0u>]$NL>$r!"%U%l%_%s%0$,0U<1E*$KHr$1$?$b$N$G$"$k!#%U%l%_%s%0$,0&FI$9$kD;N`8&5f=q$NCx$r$$$?$@$$$?!#%U%l%_%s%0$N>.@b!V007シリーズ」は1953年の第1作「カジノ・ロワイヤル」に始まって、フレミングが没する1964年まで書き継がれ、1950年代後半以降、欧米におけるベストセラーとなった。その作風は、従来の英国における主流であった重厚なリアリズム派スパイ小説|スパイとは対極にあり、華やかで享楽的な設定の中で、アメリカのハードボイルド小説の影響を受けたシビアな暴力やアクションを描くものであった(「カジノ・ロワイヤル」はその好例である)。しかしながらやがて、「悪役から美女を救い出す」凡庸なパターンにはまってしまった結果、1950年代末期以降の作品はマンネリ化し、誇大妄想的な設定が多くなった(1959年の「ゴールドフィンガー」など)。フレミングの死後、イギリスの作家キングスレー・エイミスが未亡人の許可を得て「!
    007/孫大佐」を宗
    q$$$?!#
    (B1970年代以降、原作と乖離した内容の映画化作品についてはノベライズ版|ノベライズが出版され、また近年は人気スパイ小説家が委嘱を受けて映画原作のかたちで007小説を書くということが行われている。超人的なプレイボーイのスパイをヒーローとし、グラマラスな美女を配した「洗練されたマッチョイズム」の物語は大衆の嗜好に合致し、また冷戦状況下では、東側ブロックを絶対悪に擬す安易な設定が濫用しやすかったことから、1950年代後半以降、膨大な量の007亜流小説が世界各国に氾濫した。映画・コミックへの影響も非常に多大である。



    007(ダブルオーセブン)映画


    1954年に「カジノ・ロワイヤル」が短編テレビドラマされたというが詳細は不明である。1962年、007シリーズの小説「ドクター・ノオ」(1958)をユナイテッド・アーティスツが映画化した「007は殺しの番号」(邦題。テレンス・ヤング監督)が大ヒットした。主役のショーン・コネリーはこの1作で成功、ボンドは彼の当たり役となった。モンティ・ノーマン作曲、ジョン・バリー演奏の「ジェームズ・ボンドのテーマ」も大好評で、以後の作品のオープニングで、ボンドを狙う銃口―逆に撃たれて血を流すシーンと共に必ず流されるようになった。この作品のヒットに影響され、1960年代中期には「007もどき」のB級スパイ映画が世界各国で濫造されたが、一つとして007を超える成功を収めたものはなかった。以後、アルバート・ブロッコリとハリー・サルツマンらのイオン・プロダクションによってプロデュースされる007映画は、主演俳優を変えながらも現在に至るまで人気シリーズとして存続している。その内容は、派手な設定とグラマラスな美女、大物俳優のゲスト出演をセットとした、エンターテインメントの王道とも言うべきものである。1970年代初期以降の作品は、題名のみを借りたシナリオライターによるオリジナルストーリーで、原作とほとんど無関係な内容となっている。特に有名な作品として、第2作「007 ロシアより愛をこめて」(初公開時の邦題は「007危機一発」)(1963) が挙げられる。小説のシリーズ第1作「カジノ・ロワイヤル」だけは、権利関係の錯綜からイオン・プロの手を離れており、ジョン・ヒューストンら5人の監督によって共同で映画化された(1967)。デビッド・ニーヴン、ピーター・セラーズら実力派の名優を総動員しながらも、内容のまとまりが悪く、結果としては原作から極度に乖離した、奇妙なドタバタパロディ作品となってしまった。しかし現在では、1960年代中期のァ
    ]%C%W%+%k%A%c!<$N1F6A$r?'G;$/;D$9%f%K!<%/$J1G2h$H$7$F%+%k%HE*I!
    >2A$r007映画から離れていたショーン・コネリー主演で「ネバーセイ・ネバーアゲイン」(アーヴィン・カーシュナー監督)が制作された。これは1961年にフレミングが書いた「サンダーボール作戦」(1965年にイオン・プロのシリーズ第4作としてテレンス・ヤング監督、コネリー主演で映画化)の、イオン・プロから離れた形での再映画化である。この作品も権利関係の混乱による産物であり、以後、イオン・プロ以外で007映画は制作されていない。これらの007映画は、おしなべて商業的成功を収め、多くの大衆に印象深く記憶されている。またそれらのテーマ曲は、イオン・プロ作品もそれ以外でも、時代ごとの一流の作曲家・歌手の手になるもので、いずれもヒットしたのみならず、スタンダードナンバーとして今なお歌われ続けている。シャーリー・バッシーの歌った「ゴールドフィンガー」(ジョァ
    s!&%P%j!<:n6J!K$d!"!V%+%8%N!&%m%o%$%d%k!W$NA^F~2N!VThe look of love(恋の面影)」(バート・バカラック作曲)などは、中でも名高い。



    映画 007シリーズ



  • ショーン・コネリー主演

    1作目 007 ドクター・ノオ(日本初公開時「007は殺しの番号」)(1962年/テレンス・ヤング監督)

    2作目 007 ロシアより愛をこめて(日本初公開時「007 危機一発」)(1963年/テレンス・ヤング監督)

    3作目 007 ゴールドフィンガー(1964年/ガイ・ハミルトン監督)

    4作目 007 サンダーボール作戦(1965年/テレンス・ヤング監督)

    5作目 007は二度死ぬ(1967年/ルイス・ギルバート監督)

    7作目 007 ダイヤモンドは永遠に(1971年/ガイ・ハミルトン監督)

    番外編 ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983年/アーヴィン・カーシュナー監督)


  • ジョージ・レーゼンビー主演

    6作目 女王陛下の007(1969年/ピーター・ハント監督)


  • ロジャー・ムーア主演

    8作目 007 死ぬのは奴らだ(1973年/ガイ・ハミルトン監督)

    9作目 007 黄金銃を持つ男(1974年/ガイ・ハミルトン監督)

    10作目 007 私を愛したスパイ(1977年/ルイス・ギルバート監督)

    11作目 007 ムーンレイカー(1979年/ルイス・ギルバート監督)

    12作目 007 ユア・アイズ・オンリー(1981年/ジョン・グレン監督)

    13作目 007 オクトパシー(1983年/ジョン・グレン監督)

    14作目 007 美しき獲物たち(1985年/ジョン・グレン監督)


  • ティモシー・ダルトン主演

    15作目 007 リビング・デイライツ(1987年/ジョン・グレン監督)

    16作目 007 消されたライセンス(1989年/ジョン・グレン監督)


  • ピアース・ブロスナン主演

    17作目 ゴールデンアイ(1995年/マーティン・キャンベル監督)

    18作目 トゥモロー・ネバー・ダイ(1997年/ロジャー・スポティスウッド監督)

    19作目 ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999年/マイケル・アプテッド監督)

    20作目 ダイ・アナザー・デイ(2002年/リー・タマホリ監督)



    007モデル商品





  • 時計

    オメガシーマスター40周年

    スウォッチ



    関連項目



  • ボンドカー


  • ボンドガール



    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年05月26日

    映画[平成狸合戦ぽんぽこ]

    映画の缶詰平成狸合戦ぽんぽこ



    平成狸合戦ぽんぽこ』(へいせいたぬきがっせんぽんぽこ)は、スタジオジブリ制作の劇場アニメ作品。1994年7月16日公開。原作・監督・脚本は高畑勲。英語作品名「POMPOKO」。開発が進む多摩ニュータウンを舞台に、その一帯の狸が化学(ばけがく)を駆使して人間に対し抵抗を試みる様子を描く作品。



    あらすじ


    多摩の山奥で静かに暮らしていたタヌキたち。しかし、高度経済成長の波に乗った人類は、多摩の山を切り開き、ニュータウン建設をはじめた。自然への畏怖を忘れた人類を懲らしめ、静かな生活を取り戻すため、タヌキたちは長く忘れられていた力「化学(ばけがく)」を駆使し、人類への抵抗を行う。



    キャスト



  • 語り・古今亭志ん朝


  • 正吉・野々村真


  • おキヨ・石田ゆり子


  • 青左衛門・三木のり平


  • おろく婆・清川虹子


  • 権太・泉谷しげる


  • 隠神刑部・芦屋雁之助


  • 文太・村田雄浩


  • ぽん吉・林家こぶ平


  • 佐助・林原めぐみ


  • 竜太郎・福澤朗


  • お玉・山下容莉枝


  • 六代目金長・桂米朝


  • 太三朗禿狸・桂文枝


  • 鶴亀和尚・柳家小さん


  • 玉三郎・神谷明


  • 林・加藤治





    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[マトリックス・レボリューショ%s%:]

    映画の缶詰マトリックス・レボリューションズ



    マトリックス・レボリューションズ』(''The Matrix Revolutions'')は、2003年のアメリカ映画。2003年11月5日日本公開(世界同時刻同時上映)。マトリックス (映画)|マトリックス3部作の完結編。



    あらすじ


    ネオは、仮想世界マトリックスと現実世界の境界に迷い込んでいた。

    ネオが救世主であることを信じ続けるトリニティーとモーフィアスは、オラクルの助けを借りて彼を救出する。衝撃的な事実を知りながらも、現実世界でマシンに干渉する能力を身につけて帰還したネオは、敵の本拠地であるマシン・シティへ直接乗り込むことを決意する。だが、更に異形の能力を身につけたエージェント・スミスが立ち塞がるのだった。しかし聖地ザイオンにはセンティネルズの大群が侵入を始めていた。圧倒的な敵を迎え撃つザイオンの戦士たち。……そして全てに決着の時が訪れる。



    スタッフ



  • 監督 : ウォシャウスキー兄弟(アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー)


  • 製作 : ジョエル・シルバー


  • 音楽 : ドン・デイヴィス



    キャスト



  • ネオ : キアヌ・リーブス


  • トリニティ : キャリー=アン・モス


  • モーフィアス : ローレンス・フィッシュバーン


  • エージェント・スミス : ヒューゴ・ウィーヴィング



    関連項目



  • マトリックス (映画)|マトリックス(''THE MATRIX'')


  • マトリックス・リローデッド(''THE MATRIX RELOADED)


  • アニマトリックス(''THE ANIMATRIX'')





    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年05月25日

    映画[恋におちたシェイクスピア]

    映画の缶詰恋におちたシェイクスピア



    恋におちたシェイクスピア』(''Shakespeare in Love'')はジョン・マッデン監督、トム・ストッパード脚本による1998年のアメリカ映画。UIP配給。『ロミオとジュリエット』の上演を背景とし、若いウィリアム・シェイクスピアと貴族の娘ヴァイオラの恋愛を描く。アカデミー賞ではアカデミー作品賞|作品賞、アカデミー主演女優賞|主演女優賞、アカデミー助演女優賞|助演女優賞、アカデミー脚本賞|脚本賞、アカデミー作曲賞|作曲賞、アカデミー美術賞|美術賞、アカデミー衣装デザイン賞|衣装デザイン賞の7部門で受賞し、ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル部門)、主演女優賞、脚本賞を受賞した。



    ストーリー
    ペストが蔓延し劇場の閉鎖が相次ぐロンドン。ウィリアム・シェイクスァ
    T%"$O!X%m%_%*$H%8%e%j%(%C%H!Y$N>e1i=`Hw$r9T$C$F$$$?!#0lJ}!"?F$Ne$NLdBj$,$"$k$H$5$l!"=w@-$OIqBf$KN)$?$:=wAu$7$?JQ@<4|A0$NCK@-GPM%$,=w@-$r1i$8$F$$$?!#%t%!%$%*%i$OCKAu$7$F!"%H%^%9!&%1%s%H$HL>>h$j!"%7%'%$%/%9%T%"$N7`CD$K$b$0$j$3$_!"%m%_%*$NLr$rF@$k!#%t%!%$%*%i$NCKAu$O%7%'%$%/%9%T%"$NCN$k$H$3$m$H$J$k$,!"%7%'%$%/%9%T%"$O$3$l$r1#$9$3$H$K$9$k!#%7%'%$%/%9%T%"$H%t%!%$%*%i$N2人は次第に惹かれあっていき、忍んで2人で遭う中となる(このとき、ある若い貴族の男性に贈ったとされるシェイクスピアのソネット「君を夏の日に喩えようか」がヴァイオラに贈った詩として使われる)。芝居の準備は順調に進んでいたが、ジュリエット役の俳優が上演の直前に変声期を起こす。幕が開けられないと呆然とする一座の前で、ヴァイオラは自分が女性であることを明かす。相手役のジュリエットの台詞が完璧に入っているヴァイオラが「女装した男性の俳優」としてジュリエットを演じ、作者で演出家のシェ�
    %$%/%9%T%"$,%H%^%9!&%1%s%H$b$H$$%t%!%$%*%i$NBeLr$H$J$C$F!"Nx$!
    9$kFs?M$O%t%'%m!<%J$NNx?M$r1i$8$k$3$H$K$J$k!#$H$3$m$G%t%!%$%*%i$N:'Lse1i$rEv6I$K9pH/$7$F$$$?!#


    キャスト



  • ヴァイオラ、トマス・ケント: グウィネス・パルトロー


  • ウィリアム・シェイクスピア: ジョセフ・ファインズ


  • エリザベス1世|エリザベス女王: ジュディ・デンチ


  • ジェフリー・ラッシュ


  • コリン・ファース


  • ベン・アフレック


  • トム・ウィルキンソン


  • イメルダ・スタウントン



    スタッフ



  • 監督: ジョン・マッデン


  • 脚本: マーク・ノーマン、トム・ストッパード


  • 製作総指揮: ボブ・ワインスタイン、ジュリー・ゴールドスタイン


  • 音楽: スティーブン・ウォーベック





    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[耳をすませば]

    映画の缶詰耳をすませば





    耳をすませば』(みみをすませば)は、柊あおいの漫画作品、およびアニメーション映画|アニメ映画。



    漫画





    [『耳をすませば』]


    読書が大好きな女子中学生、月島雫。雫は愛読書の図書カードに天沢聖司という名が必ずある事に気がつき、知らない彼への思いをめぐらす。そんなある日、電車の車内で出会った猫に導かれ、地球屋という不思議な店に迷い込む。「りぼん」1989年8月号〜11月号にて連載。りぼんマスコットコミックスにて単行本化。全1巻。


    [『耳をすませば 幸せな時間』]


    中学生最後の夏休み。「受験生」という立場を持て余し気味の雫はちょっと憂鬱。そんな時、空から降ってきた不思議な羽を拾う。その本体である翼について調べる内に「猫の図書館」に行き着く。 「りぼんオリジナル」1995年8月号に掲載。りぼんマスコットコミックスにて単行本化。全1巻。



    アニメ映画


    アニメ映画『耳をすませば』は、同名の漫画を原作にスタジオジブリがアニメ映画化した作品。1995年7月15日日本公開。


    [あらすじ]
    読書好きの中学3年の月島雫は、父の勤める図書館へよく通うが、自分の読む本を全て先に借りて呼んでいる少年の名前に気がつく。その少年が同級生だと知るのに時間はかからなかったが、その少年のことが何かと気になる。ある日、図書館への道で変な猫を見つけ、その猫を追いかける。猫は小さな雑貨屋へ入ってゆき、雫は店で老人と出会う。老人は少年の祖父で、少年は地下の工房でバイオリンを作っていた。やがて彼は職人になるためにイタリアへ留学するという。自分の夢をもつ少年に対抗し、雫は自分の夢を求め、小説を書き始める。


    [スタッフ]



  • 監督:近藤喜文


  • 脚本・絵コンテ:宮崎駿


  • 作画監督:高坂希太郎


  • 美術:黒田聡


  • 音楽:野見祐二


  • 制作:スタジオジブリ


    [キャッチコピー]


    好きなひとが、できました。


    [キャスト]



  • 月島雫(声優|CV: 本名陽子)


  • 天沢聖司(CV: 高橋一生)


  • 月島靖也(雫の父、CV: 立花隆)


  • 月島朝子(雫の母、CV: 室井滋)


  • 月島汐(雫の姉、CV: 山下容莉枝)


  • バロン(CV: 露口茂)


  • 西司郎(地球屋主人、CV: 小林桂樹)


  • 高坂先生(CV: 高山みなみ)


  • 原田夕子(CV: 佳山麻衣子)


  • 杉村(CV: 中島義実)




    [テーマ曲]



  • カントリー・ロード (故郷へ帰りたい) - オリヴィア・ニュートン・ジョン



    外部リンク



  • スタジオジブリ内ページ





    Wikipediaより引用


  • posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年05月24日

    映画[トイ・ストーリー]

    映画の缶詰トイ・ストーリー



    トイ・ストーリー(原題 Toy Story)は、ウォルト・ディズニー・カンパニー|ディズニー配給のアニメーション映画作品。1995年に公開された。劇場公開された長編映画作品としては、初のフルコンピュータグラフィックス|CG作品。世界で3億6200万ドルの興行収入を上げた。これは、当該年度の第1位である。製作はピクサー・アニメーション・スタジオ。監督ジョン・ラセター(ピクサー)。長編フルCGの作品を生み出した製作チーム統括の業績に対し、監督ラセターは、アカデミー賞ではアカデミー特別業績賞|特別業績賞を受賞した。他に、アカデミー賞候補として、脚本賞ノミネート(アンドリュー・スタントン)、オリジナル主題歌賞ノミネート(''You've Got a Friend in Me'')、作曲賞(コメディ部門)ノミネート(ランディ・ニューマン)。1999年には、続編『トイ・ストーリー2』が公開された。



    スタッフ



  • 監督:ジョン・ラセター


  • 音楽:ランディ・ニューマン



    声の出演



  • ウッディ・・・トム・ハンクス(日本語吹替:唐沢寿明)


  • バズ・ライトイヤー・・・ティム・アレン(日本語吹替:所ジョージ)


  • ハム・・・ジョン・ラッツェンバーガー(日本語吹替:大塚周夫


  • ボー・ビープ・・・アニー・ポッツ(日本語吹替:戸田恵子)


  • レックス・・・ウォーレス・ショーン(日本語吹替:三ツ矢雄二)


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年05月23日

    映画[プライベート・ライアン]

    映画の缶詰プライベート・ライアン



    プライベート・ライアン(Saving Private Ryan)は1998年に公開された映画。ドリームワークス作品。史上最大の作戦といわれたノルマンディー上陸作戦を題材にしている。冒頭から始まる20分間に及ぶオマハ海岸における戦場のリアルなシーンが話題を呼んだが、実際は長髪のドイツ兵をスキンヘッドにするなど、意図的な悪意が随所に見られる。アカデミー賞11部門にノミネートされ、アカデミー監督賞|監督賞、編集賞、アカデミー撮影賞|撮影賞、音響賞、アカデミー音響効果賞|音響編集賞の5部門で栄冠に輝いた。



    ストーリー


    ノルマンディー上陸作戦に参加したジョン・ミラー大尉は部下と共に、この戦争で3人の兄を失ったジェームズ・ライアン二等兵の救出・母国送還(家を継がせる為の)を命じられる。二等兵救出だけの為に多くの兵を引き連れて行く事に部下たちは疑いを抱き、そして数々の戦場で命を落とす。その先でついにライアンを見つける。



    キャスト



  • ジョン・ミラー大尉: トム・ハンクス


  • マイケル・ホーヴァス軍曹: トム・サイズモア


  • リチャード・ライベン二等兵: エドワード・バーンズ


  • ダニエル・ジャクソン二等兵: バリー・ペッパー


  • スタンリー・メリッシュ二等兵: アダム・ゴールドバーグ


  • エイドリアン・カパーゾ二等兵: ヴィン・ディーゼル


  • アーウィン・ウエイド衛生兵: ジョバンニ・リビシ


  • ティモシー・E・アプム伍長: ジェレミー・デイビス


  • ジェームズ・ライアン二等兵: マット・デイモン



    スタッフ



  • 監督:スティーヴン・スピルバーグ


  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ (作曲家)|ジョン・ウィリアムズ
  • posted by movie-max at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[スター・ウォーズ/ジェダイのI|=2]

    映画の缶詰スター・ウォーズ/ジェダイの復讐



    スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』正しくは『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』(''Star Wars Episode VI: Return of the Jedi'')は、1983年のアメリカ合衆国|アメリカのSF映画。スター・ウォーズシリーズの3番目に発表された映画で、エピソード6。1997年には『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇』が公開された。アカデミー賞では音響賞、視覚効果におけるアカデミー特別業績賞|特別業績賞を受賞。また、作曲賞、美術賞にもノミネートされた。なお、2004年9月「スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX」の発売を機に、邦題は英語オリジナルのサブタイトルに合わせた『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』へと変更された。ただし、同DVDでは、アナキン・スカイウォーカー役を演じた俳優が、当初のセバスチャン・ショウから、�
    %9%?!


    スタッフ



  • 監督:リチャード・マーカンド


  • 製作総指揮:ジョージ・ルーカス


  • SFX:ILM、デニス・ミューレン、フィル・ティペット


  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ (作曲家)|ジョン・ウィリアムズ



    キャスト



  • ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル


  • ハン・ソロ:ハリソン・フォード


  • レイア姫:キャリー・フィッシャー
  • posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年05月22日

    映画[スター・ウォーズ エピ�=!<%I2/クローンの攻撃]

    映画の缶詰スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃





    スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃


    スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」(''Star Wars Episode II: Attack of the Clones'')は、2002年のアメリカ合衆国|アメリカのSF映画。スター・ウォーズシリーズの5番目に発表された映画。のちにダース・ベイダーになるアナキン・スカイウォーカーの青年時代、パドメとの禁じられた愛を描く。1977年の「スター・ウォーズ」の台詞にも登場する「クローン戦争」を描いた。また、この作品では登場するヨーダは全てフルCGで表現されている。



    スタッフ



  • 脚本・監督:ジョージ・ルーカス


  • SFX:ILM


  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ



    キャスト



  • オビ=ワン・ケノービ:ユアン・マクレガー(吹替:森川智之)


  • パドメ・アミダラ:ナタリー・ポートマン(坂本真綾)


  • アナキン・スカイウォーカー:ヘイデン・クリステンセン(浪川大輔)


  • パルパティーン最高議長:イアン・マクディアミッド(小林勝彦)


  • シミ・スカイウォーカー:ペルニラ・アウグスト(鈴木弘子)


  • C-3PO:アンソニー・ダニエルズ(岩崎ひろし)


  • メイス・ウインドゥ:サミュエル・L・ジャクソン(玄田哲章)


  • ドゥークー伯爵:クリストファー・リー(羽佐間道夫)


  • ベイル・オーガナ:ジミー・スミッツ(寺杣昌紀)


  • ジャンゴ・フェット:テムエラ・モリソン(金田明夫) 


  • ボバ・フェット:ダニエル・ローガン(田谷隼)


  • クリーグ・ラーズ:ジャック・トンプソン(田村勝彦)


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(2) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    映画[ハリー・ポッターと秘密の部屋]

    映画の缶詰ハリー・ポッターと秘密の部屋



    ハリー・ポッターと秘密の部屋』(ハリー?ポッターとひみつのへや、原題:''Harry Potter and the Chamber of Secrets'')は、イギリスの児童文学作家J・K・ローリングが1998年に発表した、児童文学|子ども向けのファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第2巻。同じ題名で映画化されている。



    要旨


    夏休み、ハリー・ポッター (人名)|ハリー・ポッターは唯一の身寄りであるダーズリー家へ帰省していた。夢のようだったホグワーツ魔法魔術学校での生活を中断されてダーズリー家に閉じ込められたハリーはドビーと名乗る屋敷しもべ妖精から、ホグワーツに行ってはならないと警告を受けた。しかしそれを拒否したハリーの前でドビーは魔法を使い、ハリーの仕業と見せかけてダーズリー家の面々にいたずらをする。お陰でダーズリー一家の怒りに触れたハリーは部屋に閉じこめられたばかりか、マグル (非魔法族) の世界で未成年魔法使いは魔法を使ってはならないという規定に違反したとして魔法省から警告を受ける。困っていたハリーを、ロン・ウィーズリー、フレッド・ウィーズリー、ジョージ・ウィーズリーが救いだし、ウィーズリー家に連れていった。新学期が始まると、寮監アーガス・フィルチの猫ミセス・ノリスを手始めに、生徒たちが次々に何者かによって石のようにされる不思議な事件が起こる。



    関係カテゴリ


       Category:ハリー・ポッター

       Category:ハリー・ポッター登場人物





    映画


    2002年に映画化された。




    [監督]


    クリス・コロンバス




    [プロデューサー]


    デイビッド・ヘイマン、クリス・コロンバス、マーク・ラドクリフ




    [音楽]


    ジョン・ウィリアムズ (作曲家)|ジョン・ウィリアムズ


    [脚本]


    スティーブ・クローブス




    [配役]



  • ハリー・ポッター (人名)|ハリー・ポッター

    キャスト:ダニエル・ラドクリフ


  • ロン・ウィーズリー

    キャスト:ルパート・グリント


  • ハーマイオニー・グレンジャー

    キャスト:エマ・ワトソン


  • アルバス・ダンブルドア

    キャスト:リチャード・ハリス


  • ミネルバ・マクゴナガル

    キャスト:マギー・スミス


  • ルビウス・ハグリッド

    キャスト:ロビー・コルトレーン


  • セブルス・スネイプ

    キャスト:アラン・リックマン


  • フリットウィック先生

    キャスト:ワーウィック・デイビス


  • ギルデロイ・ロックハート

    キャスト:ケネス・ブラナー


  • スプラウト先生

    キャスト:ミリアム・マーゴリーズ


  • マダム・ポンフリー

    キャスト:ジェンマ・ジョーンズ


  • マダム・ピンス

    キャスト:サリー・モルトモア


  • アーガス・フィルチ

    キャスト:デイビット・ブラッドリー


  • コーネリウス・ファッジ

    キャスト:ロバート・ハーディ


  • 嘆きのマートル

    キャスト:シャーリー・ヘンダーソン


  • ドラコ・マルフォイ

    キャスト:トム・フェルトン


  • ネビル・ロングボトム

    キャスト:マシュー・ルイス


  • ビンセント・クラッブ

    キャスト:ジェイミー・ウェイレット


  • グレゴリー・ゴイル

    キャスト:ジョシュア・ハードマン


  • オリバー・ウッド

    キャスト:ショーン・ビガースタッフ


  • パーシー・ウィーズリー

    キャスト:クリス・ランキン


  • フレッド・ウィーズリー

    キャスト:ジェームズ・フェルプス


  • ジョージ・ウィーズリー

    キャスト:オリバー・フェルプス


  • ジニー・ウィーズリー

    キャスト:ボニー・ライト


  • コリン・クリービー

    キャスト:ヒュー・ミッチェル


  • モリー・ウィーズリー

    キャスト:ジュリー・ウォルターズ


  • アーサー・ウィーズリー

    キャスト:マーク?ウィリアムス


  • ドビー

    キャスト(声):トビー・ジョーンズ


  • ルシウス・マルフォイ

    キャスト:ジェイソン・アイザックス


  • バーノン・ダーズリー

    キャスト:リチャード・グリフィス


  • ペチュニア・ダーズリー

    キャスト:フィオナ・ショー


  • ダドリー・ダーズリー

    キャスト:ハリー・メリング


  • トム・マールヴォロ・リドル

    キャスト:クリスチャン・コールソン



    DVD



  • ハリー・ポッターと秘密の部屋 発売元ワーナー・ホーム・ビデオ



    CD



  • ハリー・ポッターと秘密の部屋オリジナルサウンドトラック 発売元ワーナーミュージック・ジャパン



    前の作品:
    ハリー・ポッターと賢者の石

    ハリー・ポッター
    シリーズ

    次の作品:
    ハリー・ポッターとアズカバンの囚人


  • posted by movie-max at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年05月21日

    映画[スター・ウォーズ/帝国の逆襲]

    映画の缶詰スター・ウォーズ/帝国の逆襲



    スター・ウォーズ/帝国の逆襲」(''Star Wars Episode V: The Empire Strikes Back'')は、1980年のアメリカ合衆国|アメリカのSF映画。スター・ウォーズシリーズの2番目に発表された映画で、エピソード5にあたる。アカデミー特別業績賞(視覚効果)受賞。



    スタッフ



  • 監督:アーヴィン・カーシュナー


  • 製作総指揮:ジョージ・ルーカス


  • SFX:ILM、デニス・ミューレン


  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ



    キャスト



  • マーク・ハミル


  • ハリソン・フォード


  • キャリー・フィッシャー


  • posted by movie-max at 10:05| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。