2005年02月28日

アメリカン・ビューティー

映画の缶詰アメリカン・ビューティー


アメリカン・ビューティー

アメリカン・ビューティー』(''American Beauty'')は1999年のアメリカ映画。サム・メンデス監督。アカデミー賞ではアカデミー作品賞(作品賞)、アカデミー監督賞(監督賞)、アカデミー主演男優賞(主演男優賞)、アカデミー脚本賞(脚本賞)、撮影賞の5部門で受賞した。 ドリームワークス作品。

posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

アンブレイカブル

映画の缶詰アンブレイカブル


アンブレイカブル

アンブレイカブル』(''Unbreakable'')は2000年のアメリカ映画。

posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

いま、会いにゆきます

映画の缶詰いま、会いにゆきます


いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます(いま、あいにゆきます)は、市川拓司によるベストセラーの恋愛小説である。2003年3月、小学館から刊行された。略称は「いまあい」。*ISBN 409386117X2004年、全国東宝系にて映画化された。2004年10月30日公開。この背景には、製作委員会に軒を連ねる企業(東京放送(TBS)、小学館、スターダストピクチャーズなど)が、恋愛小説を映画化して、ヒットした『世界の中心で、愛をさけぶ』と同じというものがある。この『世界の中心で、愛をさけぶ』とは、売り込んだ営業マンが同じ人である。

posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

映画の缶詰キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン


キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(''Catch me if you can'')は2002年のアメリカ映画。ドリームワークス作品。1960年代に世界各地で小切手偽造事件を起こし天才詐欺師と言われたフランク・W・アバグネイルJr.(レオナルド・ディカプリオ)と、彼を追うFBI捜査官(トム・ハンクス)の姿を、痛快かつ人間味豊かに描く。原作は1980年に出版されたアバグネイル本人による同名自伝(邦訳『ドキュメント大詐欺師 俺を捕まえてみろ』)。トム・ハンクス演じるFBI捜査官カールは実在の人物ではなく、彼を追い、また更生の手を差し伸べた複数の人物をモデルとした創作。アバグネイルは21歳で逮捕され刑に服した後、その才能を逆手に取り金融コンサルタント会社を設立。世界中に多くの顧客を抱え大成功している。

posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

グラディエーター

映画の缶詰グラディエーター


グラディエーター

グラディエーター(''Gladiator'')は2000年のアメリカ映画。アカデミー賞ではアカデミー作品賞(作品賞)、主演男優賞、衣裳デザイン賞、アカデミー視覚効果賞(視覚効果賞)、音響賞を受賞した。ドリームワークス作品。
舞台は帝政期ローマ。五賢帝の1人マルクス・アウレリウス・アントニヌス(マルクス・アウレリウス)は臣下の将軍マキシマスに帝位を譲ろうと考えるが、皇子コンモドゥスがこれを察知して皇帝を弑し、マキシマスを殺そうとする。マキシマスは・・。


フィクションと史実が入り交じった話である。

posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

グリーンマイル

映画の缶詰グリーンマイル


グリーンマイル

グリーンマイルはスティーヴン・キングが1996年に発表した、死刑囚が収容されている刑務所が舞台とする小説。1999年にトム・ハンクス主演で同名の映画が作られた。アメリカでは(その後日本でも)6冊が毎月一冊ずつ6ヶ月連続で刊行され、話題となった。



posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

シックス・センス

映画の缶詰シックス・センス


シックス・センス

シックス・センス (''The Sixth Sense'') は1999年のアメリカ映画。M・ナイト・シャマラン監督のホラー映画で、1999年8月6日にアメリカ合衆国(アメリカ)で、同年10月30日に日本で公開された。死者が見える少年と、彼をサポートする小児精神科医が体験する「未知の世界」と、二人の交流の様子を描く。衝撃的な結末が話題を呼び、大ヒットした。冒頭には「この映画にはある秘密があります、まだ映画を見ていない人には決して話さないで下さい」という前置きがあることも有名である。この作品の成功によってM・ナイト・シャマランは一流監督と見なされるようになった。またハーレイ・ジョエル・オスメントもアカデミー助演男優賞にノミネートされ、天才子役という評価を決定付けた。

posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

シュリ

映画の缶詰シュリ


シュリ



シュリ』は、1999年の韓国映画。大韓民国(韓国)に潜入した朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)工作員と、韓国諜報部員との悲恋を描く。シュリとは南北の国境の流れる川に生息する淡水魚の一種。北朝鮮の人間は悪魔同様に描かれてきた過去の作品とは一線を画し、人間としての感情と工作員としての使命の間で揺れ動く女性や、貧困にあえぐ祖国を憂いてテロを起こそうとするリーダーなど、人間性を強調したことが新鮮で、本格的なアクションを取り入れた作風によって、韓国で映画興行記録を塗り替えた。その記録が話題を呼び、その後に日本でも公開、日本で公開された韓国映画の興行記録を塗り替えた。

posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュリ

映画の缶詰シュリ


シュリ



シュリ』は、1999年の韓国映画。大韓民国(韓国)に潜入した朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)工作員と、韓国諜報部員との悲恋を描く。シュリとは南北の国境の流れる川に生息する淡水魚の一種。北朝鮮の人間は悪魔同様に描かれてきた過去の作品とは一線を画し、人間としての感情と工作員としての使命の間で揺れ動く女性や、貧困にあえぐ祖国を憂いてテロを起こそうとするリーダーなど、人間性を強調したことが新鮮で、本格的なアクションを取り入れた作風によって、韓国で映画興行記録を塗り替えた。その記録が話題を呼び、その後に日本でも公開、日本で公開された韓国映画の興行記録を塗り替えた。

posted by movie-max at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

シュレック

映画の缶詰シュレック


シュレック

シュレック』(''Shrek'')は2001年の映画で、フルコンピュータグラフィックス(CG)によるアニメ映画である。1990年にウィリアム・ステイグによって書かれた同名の絵本を原作とする。ドリームワークス作品。新たに設けられたアカデミー長編アニメ賞の初めての受賞作品となる。2004年には続編『シュレック2』が公開された。

posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シン・レッド・ライン

映画の缶詰シン・レッド・ライン


シン・レッド・ライン

シン・レッド・ライン』(The Thin Red Line)は1998年のアメリカ映画(アメリカ製作の映画)。

太平洋戦争の激戦地ガダルカナル島で日々を送る若き兵士の姿を描く。



posted by movie-max at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

スター・ウォーズ/帝国の逆襲

映画の缶詰スター・ウォーズ/帝国の逆襲


スター・ウォーズ/帝国の逆襲

スター・ウォーズ/帝国の逆襲」(''Star Wars Episode V: The Empire Strikes Back'')は、1980年のアメリカ合衆国(アメリカ)のSF映画。スター・ウォーズシリーズの2番目に発表された映画で、エピソード5にあたる。アカデミー特別業績賞(視覚効果)受賞。

posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

スター・ウォーズ/ジェダイの復讐

映画の缶詰スター・ウォーズ/ジェダイの復讐


スター・ウォーズ/ジェダイの復讐

スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』もしくは『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』(''Star Wars Episode VI: Return of the Jedi'')は、1983年のアメリカ合衆国(アメリカ)のSF映画。スター・ウォーズシリーズの3番目に発表された映画で、エピソード6。1997年には『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇』が公開された。アカデミー賞では音響賞、視覚効果におけるアカデミー特別業績賞(特別業績賞)を受賞。また、作曲賞、美術賞にもノミネートされた。なお、2004年9月「スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX」の発売を機に、邦題は英語オリジナルのサブタイトルに合わせた『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』へと変更された。ただし、同DVDでは、アナキン・スカイウォーカー役を演じた俳優が、当初のセバスチャン�
!&%7%g%&$+$i!"%9%?!
posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

スター・ウォーズ

映画の缶詰スター・ウォーズ


スター・ウォーズ

スター・ウォーズ (''Star Wars'') シリーズは、ジョージ・ルーカスが暖めていた構想を元に映画化された、スペースオペラの代表作である。製作にあたって、黒澤明監督の隠し砦の三悪人を元にしたとも言われており、特に物語のキーパーソンとなるC-3PO、R2-D2という2体のロボットは隠し砦の三悪人に登場した戦国時代の2人の足軽であるとジョージ・ルーカス自身が認めている。また、ラストの姫から褒美をもらうシーンも同じである。作品に登場する「ジェダイの騎士」は時代劇の「時代」という言葉から転じたものとされる。さらに、オビ=ワン・ケノービ役とダース・ヴェイダー役で三船敏郎に出演依頼がありながら、三船が断ったのもよく知られた逸話である。1977年のアカデミー賞では、作曲賞、美術賞、音響賞、編集賞、衣裳デザイン賞、アカデミー視覚効果賞(視覚効果賞)、効果音賞の7部門で受賞。また、アカデミー作品賞(作品賞)、アカデミー監督賞(監督賞)、アカデミー脚本賞(脚本賞)、アカデミー助院
iCKM%>^(助演男優賞)にもノミネートされた。1997年には「特別篇」が公開され、サブタイトルは「新たなる希望」(''A NEW HOPE'')とされた。

posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

スパイダーマン

映画の缶詰スパイダーマン


スパイダーマン

スパイダーマン™(Spider-Man™) は、アメリカ合衆国のマーヴェル・コミック刊行の複数のアメコミに登場する架空のヒーローであり、同名の映画作品及び、そのシリーズ名である。

勉強以外は冴えないクイーンズ在住の高校生、ピーター・パーカーは、社会見学中に被験体のクモに噛また事により、スーパーパワー(詳しくは以下の「能力」を参考)を手に入れる。彼は、お馴染みの赤と青のコスチュームを誂え、テレビ出演して金を稼いだ。彼は番組収録後、一人の強盗が警備員から逃げるのをただ見過ごした。そして、その強盗はピーターの父親がわりの叔父ベン・パーカーを殺害する。それを知ったピーターは強盗を捕獲し、それが自分が逃がしてしまったのと同じ男だと気付く。後悔の念に押しやられたピーターは、叔父が残した「大いなる力には、大いなる責任が伴う」という言葉を胸にスーパーヒーローになる事を決意する。これがスパイダーマンの誕生です。

posted by movie-max at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

ターザン

映画の缶詰ターザン


ターザン

ターザン (Tarzan) はアメリカ合衆国(米国)の作家エドガー・ライス・バローズの小説の主人公。英国の貴族グレイストーク卿の遺児で、アフリカの密林に取り残され類人猿に育てられた。『類猿人ターザン』(1912) にはじまる小説作品についてはバローズの項を参照。

posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

ターミネーター

映画の缶詰ターミネーター


ターミネーター

ターミネーター(terminator)#英語で「終わらせるもの」「根絶するもの」のこと。

#コンピュータや映像信号のケーブルなど、電子回路で用いられる終端器、終端抵抗。

#天体の明るく見える部分と暗い部分の境界のこと。

#アメリカのSF映画『ターミネーター(映画)(ターミネーター)』のシリーズやそこに登場する、人類抹殺用サイボーグのこと。



posted by movie-max at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。